転職エージェント選びは独占求人(非公開求人)数が重要!その比較方法とは?

独占求人とは

158a0b104e801f7df0695c558442b91b_s

独占求人とは、そのエージェントしか保有していない求人案件のことです。つまり、そのエージェントを利用しないと出会えないレアな求人案件のことで、転職者の立場からするとこの独占案件をどれだけ保有しているかは転職エージェント選びでは非常に重要になります。

また同じような言葉で、「非公開求人」というものがあります。これは、”一般に公開されていない求人”という意味なのですが、独占求人とは多少意味合いが違います。

そもそも転職エージェントというのは、扱う求人は基本的に全て非公開です。求人サイトのように、だれでもいつでも自由に見れて応募できる求人が公開求人になるのですが、転職エージェントは、サービス登録後に個別に求人が案内される仕組みだからです。

しかし、独占求人というのは、”その転職エージェントにしか存在しない”求人になるので、

「非公開求人=独占求人」ではなく「非公開求人>独占求人」となります。

非公開の求人であっても、その求人をどの転職エージェントでも持っている場合は独占求人とは言えませんよね。

転職エージェントのPR合戦は熾烈なので、独占求人数や非公開求人数を打ち出している会社は多いのですが、きちんと理解していないと間違った期待をしてしまうことになるので注意しましょう。

独占求人の数はなぜ重要?

独占求人の多さ=貴重な求人の多さなので、それだけでも価値があるのはわかるのですが、具体的転職活動に対してどのようなメリットをご説明します。

企業との信頼関係

6c10ee2c26e76dbde713c080227d3d7c_s

企業側の視点から見た時に、独占求人を提供するということはその転職エージェントをよほど信頼しているということになります。

スピーディーに良い人材を採用しようと思えば、できるだけ多くの転職エージェントに求人を提供して露出度を高めたいと思うのが自然なことだと思いますが、それをせずに1社のエージェントに任せるというのは、信頼関係がなければできないことだと思います。

Sponsored Links

では、その企業とエージェント間の信頼関係が転職者にとってどのように重要なのかというと、信頼関係があるということは、これまでにその紹介会社が紹介した人材が企業側にとって良い採用に繋がっている可能性が高いことがあります。

企業側がその人材に満足しているということは、転職者からしても良い企業に巡り会えている可能性が高く、両者にとって良いマッチングを提供できる紹介会社である可能性が高いのです。

また、独占求人をもらえる紹介会社というのは、その企業に対する交渉力や提案力が高いことが多いのです。企業側からすれば、「人材の目利きはあなたに任せるよ」という信頼の証でもあるので、その紹介会社が「この人材ならきっと戦力になるはずです」と言えば、書類選考も通りやすいですし、面接でも企業側は前向きな状態で接してくれることが多いのです。

また条件交渉の際にも、きちんと転職者の市場価値を踏まえた上で、妥当な条件で交渉する力があるので、転職者にとっては強い味方になってくれる可能性があります。

求人の質が高い

e179ec7644bd29a9c3150f99d053018f_s

独占求人が企業側にとってどのような求人なのかというと、新規事業に関する求人や、幹部(もしくは幹部候補)の採用など、車内でも重要なポストの求人であり、かつその情報が競合他者に知られたくないデリケートな求人の可能性が高いのです。だからこそ、任せるエージェントを限定する必要があるのです。

そしてそのような求人は、転職者からすれば魅力的な求人であると言えます。給与的にも好条件になる傾向が高いですし、キャリアアップに繋がる可能性もあります。

求人の競争性が低い

3ad22745e396eb6d68f4150fb3bea7d7_s

多くのエージェントが取り扱う求人というのは、その分応募数も多くなる傾向になります。企業側からすれば多くの応募を集められて良いのですが、転職者側からすれば限られた採用枠に対して競争相手が増えてしまうことは決して望ましいことではありません。

どのエージェントでも扱う求人というのは、企業側からすれば応募数だけは多くなるため、書類選考で落とす転職者の数も多くなります(全員と面接している時間は無いので)。

そのため、独占案件が少ないエージェントを使っていると、いくらエントリーしても書類選考の通過率が悪く、なかなか面接までたどり着け無いという問題もおきてきます。

反対に、独占求人というのは、応募の入り口はその転職エージェントにしかありませんし、応募数が増えすぎないようにエージェントが管理をしているため、競争性は低く抑えられます。

場合によっては、書類選考は無しでこちらに応募意志があれば、面接が保証されているケースも多くあります。

独占求人の数は、実際に利用してみないとわからない

では独占求人を多く保有する転職エージェントはどのように見極めればよいのでしょうか?その方法についてご説明します。

その宣伝文句は本当?

e269da681c340282ff5bbd7a932f5413_s

転職エージェントのサイトを見ると、「非公開求人数1万件」とか「非公開求人率80%」などと表記されている場合が多いです。またそこでは”独占求人(独自求人)も大量に保有しているように思える”ようにアピールされているのですが、本当のところはどうなのかわかりません。

何度も転職エージェントを利用した経験から言えるのは、”サイトの宣伝文句をそのまま信じ込むのはやめたほうがいい”ということです。

それらを信じて登録し、実際に求人を紹介してもらうとよくわかりますがほとんどが他社から紹介される求人と被っているからです。

Sponsored Links

感覚値になってしまいますが、3社のエージェントからそれぞれ10件ずつ求人を紹介してもらうと、ひどい場合は全ての求人が他社からも紹介される求人の場合がありますし、良い場合でも本当にその会社からしか紹介されない独占求人というのは2割〜3割程度だと思います。

ここで改めて警告しておくと、「非公開求人」というのは「独占求人」のことではありません。どの紹介会社でも扱っているようなありふれた求人であっても、”公開していない”というだけで非公開求人になりますので注意が必要です。

自分に紹介してくれるとは限らない

cc4ac752a28ab539855c83754c790ad1_s

独占求人は、エージェント選びを間違得なければ必ず手にはいるというものではありません。また、こちらが「独占求人下さい」と言ってもエージェントが言われるがままに提供してくれるわけでもないのです。

独占案件を紹介する上では、エージェント側が「この人になら紹介したい」と思わなければ持っていても紹介してもらうことはできないのです。要は、エージェント側にも選ぶ権利があるということです。

ですので、まず第一に自分自身がその求人に見合ったスキルやキャリアを身につけていなければならないという前提があります。

そして、自分自身のスキルやキャリアをきちんと理解してもらうには、当然転職者側がきちんと経歴を伝えるということも重要ですが、エージェントのキャリアアドバイザーのヒアリング能力も重要になります。

キャリアアドバイザーとの面談の際に、希望年収と業界と職種だけしか聞かれない場合などは、自分の魅力がきちんと伝わっている可能性は低くなってしまいます。

反対に、過去の経歴について詳細にヒアリングし、今後どんなキャリアを積みたいのか、価値観や、指向性など、その人を形成する定性的な部分までをきちんとヒアリングしてくれるようなアドバイザーであれば、スキルやキャリアを正しく理解し、マッチした求人を紹介してくれる可能性は高くなります。

エージェント選びでは、その転職エージェントが会社としてどれだけの実力があるのかも重要ですが、自分と接するスタッフが、キャリアアドバイザーとして高い能力やホスピタリティを有しているかどうかも見極めることが必要となります。

複数のエージェントの求人を比較する

a7d7d054db284ed6d21eeaba6598b2c1_s

では、実際にどのように転職エージェントを比較すれば良いのかをご紹介していきます。まず、転職エージェントはどこに登録するかを悩むよりは、可能な限り多くのエージェントに登録することをお勧めします。

人材紹介というのは転職者からお金を取る会社はほぼないので、タダなら損はありません。

その上で、実際に求人を紹介してもらいます。その求人を各社から集めたら、紹介された求人の内、他社の求人と被らない独占求人が何割あるのか、その比率を割り出してみることです。

その独占求人比率がもっとも高いエージェントをメインにして転職活動を進めることをお勧めします。逆に、独占求人が一つも無いエージェトに関しては、個人的には付き合う意味はないと思おうので、私の場合はその時点で利用をやめてしまいます。

Sponsored Links