【フリーター・ニート向け】未経験の転職成功の方法完全版2018年

転職活動の進め方

742ca84a503da381d681e75904533cf5_s

フリーターの方が未経験の業界や職種に転職する場合、その経験の無さゆえにとてもハードルが高く感じるのではないでしょうか。実際、確かに間口は広くはありませんが、方法を知り適切なサポートを得ることで可能性は広げられます。

今回は転職活動に関しての具体的な方法や、実際に未経験のフリーターが採用されたケースを元にしてノウハウをご紹介してきます。

職務経歴書

09e1fc6986b8bf388c53806cf85a14e9_s

転職に必要な書類は、履歴書と職務経歴書になりますが、より重要なのは過去の経歴を詳しく記述する職務経歴書になります。

フリーターの場合、正社員としての経歴がなくアルバイトなどの非正規雇用の経験しかなかったとしても、それらを経歴として記述することは可能です。

雇用形態は関係なく、過去の仕事でどのようなことをしてきたのか?そこでどのようなことができるようになったのかなどをわかりやすく記述します。

志望動機

1bf185b95b362d81053dd713c8eb9452_s

フリーターの場合、過去の経歴や身につけたスキルを売りにするというよりは、「その会社に入社したい!」という強い思いや、やる気で勝負することが重要になります。

ポイントとして、ネットや面接対策の本などを見ると、「志望動機の書き方、答え方」のようなマニュアルが紹介されていますが、くれぐれもそれらは使うべきではありません。

面接官は1日何人もの書類選考を行っていますが、それらの取ってつけたようなセールストークは嫌という程目にしています。その他大勢と同じで代わり映えのしない志望動機に対して興味も湧か無いですし、最悪の場合「自分自身で志望動機を考えられない人」「あまり自社への熱意の無い人」と取られてしまう可能性が高いのです。

稚拙な文章でも良いので、自分の言葉で「なぜ御社に応募したのか」を書くことをおすすめします。

Sponsored Links

面接では素直さが重要

7a0de9f73b4ffa8309b42379a4553364_s

フリーターに関わらず、面接で重要なのは自分を作らずに正直に自分をさらけ出すことです。

特にフリーターで経験が無い場合は、少しでも自分をよく見せようとしてしまい、できるように装ってみたり、ごまかしたりしてしまう場合があります。これは面接官は確実に見抜きますし、評価が下がります。

筆者自身がこれまでに100回以上の面接を行った経験からいくと、未経験の人材の面接をする場合にはそもそも能力面は期待していません。求めているのは、素直さと正直さです。

未経験者を採用する時点で会社側としてはゼロから育てる覚悟はあるのですが、どんな人材が早く成長するかでいうとやはり素直で正直な人です。

だから、あえて難しい質問などをしてみて、正直に「わかりません」と言えたり、自分をさらけ出して本音を言えるかを試しているのです。

自己PRでは自分の”個性”を伝える

289b70572e17dde849c1a56b2f1c513b_s

自己PRというと、”いかに自分が魅力的な人間か”ということを主張すると考えがちです。自己PRで悩む人の特徴は、「自分には人に誇れるところなんて無い、そんなに自分に自身が無い」と考えがちなのですが、そもそも自己PRとはそうではありません。

本来の自己PRとは、”自分の個性や特徴”をきちんと相手に伝えるためにあります。なので良いか悪いかではなく、自分という人間の個性を伝えるべきです。

例えば、慎重な性格であること、せっかちであること、など人の個性は良い/悪いでは区別できない部分もたくさんありますので、自分をよく見せると考えずに、あくまで自分というキャラクターを知ってもらうためにどう伝えるかを考えることをおすすめします。

面接対策本などに書かれている当たり障りの無いの例文をそのまま伝えるなどはおすすめできません。面接官にはすぐ見抜かれますし、手抜きと思われてしまう可能性もあります。

また自己PRで面接官がチェックしているポイントとして「メタ認知力」があります。メタ認知力とは、自分で自分自身のことを客観的に理解する力のことです。この能力は、組織で人間関係を構築したり、自己成長をする上で重要な能力なのですが、メタ認知力の無い人は自分自身を理解できず、自己PRできちんと自分の個性を伝えることができません。

正社員になる方法

フリーターを脱出して正社員として就職したいという方も多いのではないでしょうか。またその場合はやはり未経験での挑戦になる場合が多いと思います。

では、フリーターでかつ未経験の人が正社員として仕事を見つけるにはどのようにすればよいのでしょうか?

転職サポートを利用する

054266282e5489cf6ebec687f1fac20e_s

フリーターを対象にした転職エージェントでも、正社員求人をメインに取り扱う転職エージェントがあります。これらのエージェントではフリーターや第二新卒など、社会人経歴が無かったり浅かったりする若手の人材採用して、一から教育していきたいと考える企業からの求人を専門的に紹介しています。

ビジネスマナーからキャリアプランの相談、職務経歴書など応募書類の作成から面接対策、入社後のアフターフォローまで、親身に対応してくれるので、

  • 何からすれば良いかわからない
  • 自分がどうしたいのかもきちんと定まってない
  • 自分の経歴やスキルに自信がない

といった人はフリーター専門の転職エージェントを利用することで安心して転職活動ができます。

Sponsored Links

正社員登用制度を利用する

9f8c40cd231ea9457d76d5e850db6f80_s

正社員を目指す場合、いきなり正社員の求人に応募するのではなく、一度契約社員やアルバイトで入社しておいて、数ヶ月〜1年後をめどに正社員になる(登用してもらう)という方法もあります。

これには、その企業が

  1. 契約社員やアルバイトという雇用形態での採用を行っている
  2. 正社員登用の制度がある

という2点を満たしていることが条件となります。

メリットとしては、正社員よりも契約社員やアルバイトの方が入社の難易度は低くなるため、採用されやすいことと、その会社で働きながら、能力を身につけ、成果を出し、ある程度正社員として登用される可能性が高いと判断されるタイミングで、登用試験を受けられるということです。

未経験におすすめの職種とは

営業

431c3c97f02290d3bb46b8ea5f16c743_s

営業職は業界を問わず、様々な会社で必要となる職種です。コミニュケーション力や体力、精神力は必要になりますが、他の職種と比べると専門的なスキルはそこまで必要としないため、未経験者でも積極的に採用する企業は多くあります。

また、仮に営業経験者だとしても、過去の経験が転職後に必ずしもパフォーマンスを発揮するとは限らず、前職での営業スタイルから抜け出せずに新しい環境での営業に馴染めないことも多いため、あえて営業経験の無い若い人材を採用して、自社の営業スタイルを一から教え込む方が良いと考える場合も多いようです。

実際にフリーターやニートの人が社会人デビューや転職先として応募することが多いのは営業職だそうです。

事務

77f028b6fa62a0ce9bfe88ab2ca76e3b_s

事務職も、営業と同様に「事務の存在しない会社は無い」と言えるほど、多くの企業で活躍している職種です。

基本的な業務内容は、PCを使ったデータ入力や、書類作成などになるため、基本的なパソコン操作ができれば問題ありません。実際に多くの企業では未経験可の募集が多く見られ、基本的に女性が多く応募する職種です。

メリットとしては、オフィス内で毎日決められた業務をこなすので、残業などはあまりなく、きちんと定時で帰れれる事が多いようです。反面デメリットとしては給料が低かったり、昇給があまり無かったりと、経済面では売り上げに直結する営業職の方が魅力は多そうです。

フリーターや未経験者が採用される理由は、事務職は専門的な能力を求められるわけではないため、採用では社風に馴染めるか?他の社員との相性は良さそうか?といった部分が見られることも多いようです。

ここでもやはり過去の経験やスキルに自信があるがあまり、自分のやり方に固執して周囲との和を乱す経験者よりも。素直に周囲のアドバイスを聞きながら仕事を覚えていける未経験者を優遇すう企業も多いようです。

転職エージェントの選び方

未経験のフリーターが転職や就職をする上で心強い見方となるのが転職エージェントです。ひと昔前は、転職エージェントはキャリアを積んだハイスペックな人材が利用するサービスでした。

というのも、企業に年収の高い人を紹介した方が転職エージェントは儲かったからです。フリーターで未経験となると、そもそも採用される確率も低ければ、年収も低くなるということであまり相手にされてこなかったのですが、最近になり若手人材の確保が難しくなると共に採用する企業も、転職エージェントも考え方を変えて、職歴や学歴などにとらわれずに若手を積極的に採用する傾向が高まっているのです。

転職エージェントでは、フリーターやニートといった経験の浅い若手人材に専門特化したエージェントもあり、各社でそのサービス内容も特徴があるため、いくつかご紹介します。

フリーター専門の転職エージェント

c514b98a3baf18cb79f9adf7874499d4_s

AGENTneoという転職エージェントは、第二新卒やフリーター専門の転職エージェントです。

ただ求人を紹介するだけでなく、履歴書・職務経歴書の添削や面接対策など、応募面でのサポートだけでなく、未経験者向けに業界や職種の詳しい内容を説明してくれるので、事前に仕事内容をきちんとイメージすることができます。

また、未経験向けの求人とはいえ、デザイナーやエンジニアなど専門職の求人も取り揃えていることが魅力です。まったくのゼロから手に職をつけ態人にはおすすめです。

AGENTneoの無料相談はコチラから

ハタラクティブという転職エージェントでも、若手の未経験者向けに手厚いサービスを提供しています。「完全に未経験でも正社員として就職できる求人」を強みとしていますが、それだけではなく、”非公開求人”といわれる、ハタラクティブでしか扱っていない独占求人を多数保有していることも魅力です。

利用した人の80%以上が、正社員としての転職に成功しており、これまでに60000人以上の転職をサポートしてきた実績も信頼できると思います。

ハタラクティブの無料相談はコチラから

書類選考免除の転職エージェント

TAI85_jumpbiz20140823105007_TP_V (2)

まずはジェイックの提供する転職サポートです。20社の企業に書類選考無しで直接面接をセッティングをしてもらうことが特徴でです。

フリーターやニートの方で正規雇用の経験が無かったり少なかったりで、書類でアピールできる実績などが少なく不安に思う場合は、一つの選択肢として利用することもおすすめです。まずは無料面接会に参加してみてはいかがでしょうか?

ジェイックの無料面接会への登録はコチラ

また、DYMという転職エージェントでも、書類選考無しでの面接セッティングが可能です。書類選考免除というと、中小の小さい企業しか紹介してもらえないのでは?と不安になるかもしれませんが、誰でも知っているような超有名企業や、業界でもトップクラスの大手企業などの案件も豊富です。

DYMも、20代の若手向けのサービスで、第二新卒、既卒、フリーターと、社会人経験や過去の経歴に不安のある人でも、きちんとサポートしてくれます。

DYMの無料登録はコチラ

転職エージェントの利用は複数併用が鉄則

ad6212056841e4f77257ee261a96c543_s

最後に転職エージェントを数社ご紹介しましたが、フリーターや未経験専門の転職エージェントだけでもかなり多いので、どの転職エージェントを利用ればいいかを迷ってしまうかと思います。

そこでおすすめ…というか転職エージェントの利用で鉄則なのは、1社ではなく必ず複数社を利用することです。転職エージェントの利用では特に1社に絞らなければいけないというルールはありませんので、3社〜5社程度を併用することをおすすめします。

おすすめの転職サイト

転職エージェント以外にも、フリーター向きで”未経験者歓迎”の求人を多く掲載している転職サイトを利用することもおすすめです。

まずおすすめしたいのが、ディップ株式会社が運営するバイトルNEXTです。”バイトル”という名前からアルバイトの求人サイトと思いがちですが、求人内容は未経験向けの正社員募集や契約社員募集といった内容です。

サイトのコンセプトは「正社員デビューを応援する」なので、掲載している求人企業もこのコンセプトに共感して未経験者で正社員になりたいという人材を積極的に採用している企業ばかりです。

バイトルNEXT

また、求人最大手のリクルートが運営するはたらいくもおすすめです。

はたらいくの特徴は、未経験の正社員募集という点ではバイトルNEXTと同じですが、”自分らしくはたらく”というテーマの元、はたらく条件や働き方など、自分のこだわりを軸に仕事を選べることが特徴です。

また、掲載の求人も9割以上が他の求人サイトには無い、はたらいくだけの求人なので、転職サイトを利用する場合は必ずチェックしておきたいサイトだと思います。

はたらいく

転職エージェントに限らず、転職サイトを利用する場合もどれか一つではなく複数のサイトを併用することをおすすめします。掲載されている求人は、被っているものもありますが、やはりそのサイトにしかない求人というのがあるので、それを見落とすことの内容にきちんとチェックすることが転職成功の鍵となります。

仕事は収入やその後のキャリアといった人生を左右するものですので、妥協することなくしっかりと情報収集しましょう!

Sponsored Links