【20代】未経験の転職でエージェントが必要な理由とおすすめ5社

未経験の転職とは?

6f3925b1a6e730587ff5d059447414e3_s

未経験の転職では、その業界、職種に関わらず、まさに未知の領域へのチャレンジです。また、20代の場合はそれだけでなく”転職”自体も初めての体験になる場合が多いと思います。

これだけ初めての事が重なる中、自分だけでそれを乗り越えるというのは負担も大きいですし、転職には”失敗”ということもあり得るためリスクを伴います。

まず、未経験の転職を職種未経験と業界未経験に分解してご説明します。

業種未経験の場合

業種未経験とは、例えば広告業界の営業をやってきた人が、不動産業界の営業に転職する場合には業界が変わっていますね。このように役割(職種)は変えずに扱う商品(業界)を帰る場合には業界未経験の転職となります。

業界未経験での転職というのは比較的難易度が低く、転職活動においてはめずらしいことではありません。企業側としても広く受け入れているパターンです。

実際に、世の中の求人の約半数は、”業界経験不問”の求人になります。また、世の中の転職者の約半数には実際に転職で業界を変えているというデータもあります。

私が企業で採用担当者をしていた時にも、異業種からの採用はよく行っていました。

職種未経験の場合

職種未経験というのは、例えばアパレルの販売員がIT企業のwebデザイナーに転職しようとする場合などです。職種未経験での転職というのは、業界未経験での転職と比較すると何度が高くなります。

実際に職種未経験の求人というのは全体の10%以下になり、業界未経験の50%と比較してもかなりその数が少ないことがわかります。また実際の転職者の割合でいっても、30%前後となっており、業界未経験での転職者50%と比較しても少ないのが現状です。

これは、未経験の業界に対応するよりも、新しい職種で一定の習熟度に達する方が時間とコストがかかったり、最悪の場合その職種で能力を発揮できずに終わってしまう可能性が高いことを意味していると思われます。

※参考情報→DUDA「未経験の業種、職種に転職できる可能性は何%?」

Sponsored Links

未経験でも採用されやすい職種は?

職種未経験の転職は難易度が高いことは前述しましたが、中には未経験者を広く受け入れている職種もあります。

  • 事務
  • 販売
  • 接客/サービス
  • 営業
  • オペレーター
  • ドライバー
  • 調理

これらの職種は未経験者でも積極的に採用する企業は多くあります。

逆に未経験の場合には転職が難しい職種もあります。

  • プログラマー
  • デザイナー
  • マーケティング
  • 技術者
  • 商品開発

これらの職種は未経験の場合はなかなか難しいかもしれません。特徴として、資格やその職種になるために専門知識の長い学習期間、過去の実績、などが必要となる職種の場合には未経験での転職は難しい傾向があります。

未経験の転職でエージェントを使う5つのメリット

6c9b7db12e09270f4eb29765a13ce681_s

職種未経験であっても、業界未経験であっても、共通して言えるのはこれまで経験の無い未知の世界へ挑戦するということだと思います。

そんな時にまず重要なのが”情報”です。転職エージェンントを利用することでどんな情報を得ることができるのか、またそれらは未経験の転職にどう生かされるのかをご紹介します。

選考の難易度を知る

転職のできるかできないかを握る重要な情報が”転職難易度”になります。希望の業界や職種に転職したいと思っても、それが広き門なのか狭き門なのかを事前に知ることはとても重要です。

例えば学年でも中の上ぐらいの学力の高校生が、東大合格を目指してもまず受からないと思います。願書を出すことは誰にでもできますが、合格することが難しいですよね。転職でも同じで応募はできても内定を得ることは難しいでしょう。

これを的確にアドバイスしてくれるのが転職エージェントです。

  • その希望に対して転職成功の確率がどれくらいなのか?
  • 可能性が低い場合、具体的になにが足りないのか?
  • 可能性があるとしたら具体的にどんな企業なのか?

これらの情報を元に確率の高い企業に対して応募することも重要ですし、もし自分の希望する転職が現状不可能な場合は、焦らずに必要はスキルや経験を積むための準備期間を設けることができます。

企業の好む人材の傾向を知る

転職においては、業界や職種に関するトレンド情報も重要ですが、最終的に入社する会社は一つなのでやはり個別企業の採用傾向は重要な情報になります。

経験や実績を評価する会社もあれば、人物のパーソナリティを重視する企業もあります。これは各企業の採用担当者や経営者と直接接して、かつこれまでにどんな人材をどんな理由で採用してきたのかを知る転職エージェントのみが知る情報です。

これらの情報は当然ネットで検索しても出てきません。キャリアアドバイザーから直接得ることでしか手に入らない情報です。

これらの情報を元に、経験や実績ではなくパーソナリティを重視する企業を選択することで未経験転職成功の可能性は高まります。

また、転職エージェントには、まだまだ無名で求人サイトにも掲載されていないベンチャー企業やスタートアップと言われる創立間もない企業の求人も存在します。それらの企業の求人情報を得るためにも有効です。

自分の強みを知る

求人サイトを使った転職と、転職エージェントの大きな違いがキャリアアドバイザーからのアドバイスです。それは、企業の情報に限らず”あなた自身にどんな価値や強みがあるのか”という自分自身に関することにも及びます。

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、日々何人もの転職者と接しています。そのため、自分自身では強みと思っていない部分や、価値を感じていない部分にも、他の転職者と比較して秀でている部分を明確に見極めることができます。

Sponsored Links

特に未経験の転職においては、その業界や職種においてどんなことが強みになるのかはわかりずらいと思います。

自分の強みを理解することで、転職先の企業を選ぶ上では有利になりますし、面接などでは自分自身を客観的に理解してアピールすることがとても重要になりますのでこれらのアドバイスは転職エージェントならではのメリットと言えるでしょう。

企業の内部情報を知る

企業に関する情報というのは、公になっているものよりも非公開とされている情報の方が圧倒的に多く、それらの情報は転職先の企業を選定する上で重要です。

内部情報とは、経営状態や今後の事業展開から、社内風土や経営陣や社長の性格など様々なものをさします。

これは未経験の業界や職種への転職に限った話ではありませんが、求人情報やネット検索で出てくる情報というのはその企業がPR目的で発信した情報である可能性が高く、実態とは必ずしも一致しません。

それらの企業目線での企業に都合の良い情報だけで転職を行うと、入社後目の当たりにする現実にショックを受ける場合もあります。

未経験の転職におすすめの転職エージェント5社

018434aa464621668920a7ea591e5d13_s

DODA

運営企業 株式会社インテリジェンス
満足度 ★★★★(4.6)
総求人数  不明
非公開求人数(率) 80%~90%
利用者実績 年間18000人
得意な職種・業界 全ての業界、職種に対応
対応エリア 全国対応
サポート内容

・キャリアアドバイザーの面談、アドバイス
・面接対策
・応募書類作成サポート
・面接日程調整代行
・スカウトサービス

株式会社インテリジェンスが運営するDODAは、リクルートと並ぶエージェントの大手でもあり、求人の質とキャリアアドバイザーの質がともに高いといった印象です。個人的な意見としては、求人の内容は中小やベンチャーが他のエージェントよりも充実しているといった印象です。

私自身も実際に利用し、DODAから紹介された求人で転職を行ったことがあります。その時単走してくれたキャリアアドバイザーは優秀な男性で、これまでの私の経験を丁寧に聞いてくれた上で、どの部分を職務経歴書に落とし込むべきかを細かくアドバイスしてくれました。

また、ほぼ毎日の勢いで新しい求人の紹介があり、面接なども終わるタイミングでは必ず電話がかかってきて「手ごたえはどうでした?」などフォローがありました。とても気にかけてもらえているのが伝わってきて満足度が高かったのを覚えています。

DODAの転職エージェント無料登録

ワークポート

運営企業 株式会社ワークポート
満足度 ★★★★★(4.5)
総求人数 17000件
非公開求人数(率) 11900
利用者実績 25万人
得意な職種・業界 IT・ネット・クリエイティブ業界に強み。
その他全ての業界、職種に対応
対応エリア 1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)、大阪、名古屋、福岡
サポート内容 ・キャリアアドバイザーの面談、アドバイス
※業界や職種に特化した専門のアドバイザー
・専用の求人管理画面
・面接対策
・面接日程調整代行
・応募書類作成サポート

ワークポートの特徴は、IT業界、エンジニアやクリエイターといった技術職に強いこと。また事務や販売・サービスなど、女性に人気の職種に強みを持っていることが特徴です。

また、対応してくれるアドバイザーの「質」にもこだわっており、呼び方も「コンシェルジュ」と呼ばれています。もし自分の担当になったコンシェルジュが合わないと感じた時には変更希望も可能です。

転職という人生を左右する大事な場面で、そのサポートの質にこだわったサービスはかなり安心感があると思います。

もう一つの特徴として、「eコンシェル」というスマホに対応した独自のスケジュール管理ツールを提供してくれるので、

  • 転職のスケジュール管理
  • 選考のステータス管理
  • メッセージのやり取り

など、このツール一つで転職活動が全て管理可能です。忙しい合間を縫っての転職活動の場合、その情報やスケジュールが一元管理できるツールはありがたいですね。

ワークポートの転職エージェント無料登録

マイナビエージェント

運営企業 株式会社マイナビ
満足度 ★★★★★(4.5)
総求人数 15000(取引社数)
非公開求人数(率) 求人全体の80%
利用者実績 不明
得意な職種・業界

IT系、大手メーカー系、その他全ての業界、職種に対応

対応エリア 1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)、大阪、名古屋、福岡
サポート内容

・キャリアアドバイザーの面談、アドバイス
※業界や職種に特化した専門のアドバイザー
・専用の求人管理画面
・面接対策
・面接日程調整代行
・応募書類作成サポート

業界老舗企業として実績のある転職エージェント。老舗なだけあり、求人企業も大手や歴史のある老舗企業に太いコネクションを持っていることが特徴。

キャリアアドバイザーも業界専任制で、実際にその業界で働いた経験のある人材をキャリアアドバイザーに配置しているので、机上の知識だけでなく働き手目線でのナマの情報や、トレンド情報が手に入ります。

また全国展開のため、例えば今現在地方にいる方が東京での仕事探しをしたい場合や、逆に東京にいながら地方の仕事を探したりなども可能です。

マイナビエージェントへの無料登録

DYM

運営企業 株式会社DYM
満足度 ★★★★★(4.2)
総求人数  求人社数2000社
非公開求人数(率)  不明
利用者実績 転職成功者数5000人
得意な職種・業界

IT系、不動産系、システム系、その他全ての業界、職種に対応

対応エリア 札幌・東京・大阪・名古屋・福岡
サポート内容

・キャリアアドバイザーの面談、アドバイス
・書類選考なしで面接保証

・専用の求人管理画面

・面接対策
・面接日程調整代行
・応募書類作成サポート

株式会社DYMが運営するフリーター専門の転職エージェント。DYM社は元々新卒の人材紹介に強みを持っていただけに、若手人材の採用に積極的な企業と多くのコネクションを持っています。それらを強みとして転職エージェントになります。

またサービスの特徴として、書類選考なしで面接のセッティングをしてくれることも特徴です。何度エントリーしても面接までたどり着けないとう悩みを解消してれます。

取引企業には若手を積極採用する企業が多く、経歴や実績よりも、パーソナリティ重視のポテンシャル採用を行う企業が多いことも特徴です。

未経験者の業界チェンジや職種チェンジにおいても強い味方となってくれる企業です。

DYMへの無料登録

ネオキャリア

運営企業 株式会社ネオキャリア
満足度 ★★★★★(4.8)
総求人数 5000件(※未経験OK求人数)
非公開求人数(率) 不明
利用者実績 15000件(※転職成功者数)
得意な職種・業界

営業/企画系、販売/接客系、事務/管理系、IT/エンジニア系、生産/技術系、その他専門職

対応エリア 関東、関西(※キャリア面談は新宿本社にて)
サポート内容

・キャリアアドバイザーの面談、アドバイス
・面接対策
・面接後フィードバック
・職務経歴書作成ツール
・面接日程調整代行

サービスの特徴としては、20代の中でも前半の若手に思いっきり振り切った転職エージェントです。そのため、転職先の相談だけではなく、キャリアプランニングから相談が可能で、ビジネスパーソンとしての方向性に迷っている人は一度相談する価値があると思います。

また、

  • 業界や職種についてのレクチャー
  • 自己PRや志望動機の作成サポート
  • 模擬面接による面接対策

といった、ビギナーが不安に思うポイントをダイレクトにサポートしてくれます。自分独りであれこれ考えて悩むよりは、まずは相談してみることでカウンセリングなどを通して、上手に導いてくれることが特徴です。

面接に関するサポートは、事前の対策も嬉しいですが、企業から面接後の感想を直接ヒアリングしてくれて、もし課題があればどう改善すれば良いのかをアドバイスしてくれます。これによって、面接が苦手な人でも徐々に改善されていきます。

正社員としての経験が無いフリーターでも、対応してくれるエージェントで、保有している求人も「未経験OK」の案件なので脱フリーターを目指す方にもおすすめです。

ネオキャリアへの無料登録はこちら

未経験転職の失敗例

4c1cb182248190c3ae954c4efeb500b7_s

求人サイトのみの転職の場合

求人サイトでの転職の場合、手に入る情報はまさにその求人広告にのっている情報のみになります。そこには会社のアピールや労働条件などは記載されていますが、採用難易度やどんな人材を求めているのかという情報はあまり掲載されていません。

最悪の場合、まったく採用の可能性の無い企業に応募しまくり、不合格になりまくった結果自信を失い転職を諦めるという結果にもなりかねません。

また、求人サイトの場合は求職者が直接企業に応募することになるのですが、転職エージェントのように第三者が間に入らない場合、応募しても合否の返事がこなかったり、面接後に連絡がこないなどの場合に確認する方法がありません。

転職エージェントを利用した場合は、アドバイザーが企業に直接反応を確認してくれますし、返事が遅くてもその理由を確認して企業側の反応を確認してくれるので、無駄に不安な時間を過ごすことがなくなります。

”未経験”が不得意な転職エージェントを利用した場合

転職エージェントにも様々な特徴があるのですが、中には未経験の転職にあまり向かないエージェントもあります。

例えば、高年収でハイキャリアな人材を専門にしている転職エージェントの場合、未経験者は後回しにされてしまったり、未経験者を募集したい企業(求人)が少なかったりすることから、あまり求人を紹介してもらえないといったケースもあります。

一つの転職エージェントしか使わなかった場合

転職エージェントを利用する際には、同時に複数のエージェントを併用することが絶対におすすめです。

その理由は、転職エージェントは会社によって保有している求人が異なります。非公開求人というその会社にしか公開されていない求人もあるので、複数のエージェントを利用して取りこぼしが無いように求人を集めることが重要です。

また、転職エージェントに登録すると各社から担当のキャリアアドバイザーが転職をサポートしてくれるのですが、アドバイザーにも当たり外れがありますので、複数のエージェントに登録することで複数のアドバイザーから相性の良い担当者を選ぶことが重要です。 

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする