フリーターが就職する時に利用するべき転職サービス一覧

フリーターと正社員の違い

e269da681c340282ff5bbd7a932f5413_s

そもそも、フリーターと正社員では何が違うのでしょうか?そう聞かれてきちんと説明できる方は以外と少ないと思います。イメージが先行して「フリーター→不安定、正社員→安定」などの印象はあると思いますが、具体的に「どれくらい違うのか」については分からない方も多いと思います。

今回は、今現在フリーターで、そろそろ就職を考えている人が対象となる情報ですので、まずは「何が、どれくらい違うのか」についてご説明したいと思います。

年収の違い

まず、働く上で最初に気になるのが”お金”のことだと思います。フリーターが就職をすると経済的なメリットがある反面、自由は減ることになるのですが、そのメリット部分にどれくらいの違いがあるのかについてご説明します。

▼①男女別・雇用形態別平均賃金

年齢  
正社員 非正社員 差額 正社員 非正社員 差額
20~24歳 ¥208,000 ¥179,000 ¥29,000 ¥201,000 ¥168,800 ¥32,200
25~29歳 ¥247,800 ¥202,600 ¥45,200 ¥229,100 ¥183,500 ¥45,600
30~34歳 ¥289,000 ¥214,200 ¥74,800 ¥250,000 ¥188,300 ¥61,700
35~39歳 ¥327,600 ¥227,600 ¥100,000 ¥263,700 ¥188,300 ¥75,400

▼②男女計・雇用形態別平均賃金

 年齢 男女計
正社員 非正社員 差額
20~24歳 ¥204,900 ¥173,400 ¥31,500
25~29歳 ¥240,600 ¥192,400 ¥48,200
30~34歳 ¥276,900 ¥200,600 ¥76,300
35~39歳 ¥309,700 ¥204,800 ¥104,900

上記の表②を見ると、20代前半でも正社員と非正社員との間では年間約36万円の開きがあり、30代の前半になると年間100万円の開きがあることがわかります。

年来が上がれば上がる程、正社員と非正社員との年収の差は開き、30代後半になると約125万円の開きとなります。年収に関して違いは具体的に理解できたと思います。

保証・待遇の違い

では、給与以外の保証や待遇はどれくらい違うのでしょうか?

 保証・待遇 正社員 アルバイト
年金保険 ※週30時間以上の勤務。または下記の全てを満たす人はあり。
・所定労働が「週20時間以上」
・月額賃金が「8.8万円以上」
・勤務期間が「1年以上の見込み」
・学生ではない
・務める会社の従業員規模が「501人以上」
医療保険
介護保険
雇用保険
労災保険
有給休暇 ◯※入社と同時 ◯※入社6ヶ月後に所定の条件を満たした場合
退職金 ×
賞与 ×
雇い止め なし 会社の規定によってはあり
産休
育休
昇給 ◯※20→39歳で約150%UP △※20→39歳で約120%UP
キャリア形成 ×

参考情報:政府広報オンライン「平成28年10月1日から社会保険の対象が広がります」

上記を見ると、社会保障などは正社員と非正社員とでもそれほど変わらないようです。しかし、退職金や賞与、昇給など給与以外のお金回りはやはり圧倒的に差があるようです。

またこれは私が会社に勤めて実際に感じたことですが、キャリア形成という面では明確に「正社員は育てる対象。アルバイトは一作業員」という感覚はあります。アルバイトに対しては「その人が成長できているか」という観点よりは、「払っている時給以上の生産性があるのか?」とう観点でマネジメントがされます。

Sponsored Links

また産休や育休については、労働基準法では認められているものの(正確には、労働基準法にには「産休や育休は正社員のみ認める」とは書かれていない)実際にアルバイトでも取得できるかはその企業の規定に従うことになり、非正規社員の産休・育休を認めていない会社も存在します。

また企業によっては非正規社に対して「雇い止め」という制度が存在する場合もあります。これは俗に言うクビではなく、「契約期間を設けて雇用し、その期間が満了したらそれ以降の雇用(再契約)はしない」というものです。

正社員の場合はこれがありませんが、非正規雇用の場合はこの制度がありえます。私が実際に目の当たりにしたのは、新規事業の立ち上げなどの歳にはまず大量のアルバイトで人手を確保し、その事業がもしも上手く行かなかったときには、その事業に属するアルバイトを一斉に雇い止めにするのです。

もしこれが正規雇用の場合は、事業の結果に関係なく会社の都合でやめさせることはでいませんが、非正規雇用の場合できるのです。実際にこれで100名単位の雇い止めが発生する現場を見たことがあります。

目標や目的を持っていれば、フリーターでも問題無い

89867c50a719ffc4f686e8ed787b40f0_s

では、今度は転職にあたって、雇用形態の違いを企業がどう見ているのかについて、現役の一面接官としてご説明します。

まず、フリーターというだけで評価を下げるということはありません。純粋にその人の人間性や能力、これまでの経験などを客観的に評価するのですが、傾向として言えるのは、それまでの経験において正社員の方が勝っており、高い能力を有している可能性が高いのは事実だと思います。

しかし、中にはきちんと目標や目的を持っており、その目標を達成するためには正社員よりもフリーターの方が理にかなっているため、そちらを選んだという人もいます。例えば、芸能やアーティスト活動をしていたり、プロのアスリートとして活動していた人などです。

実際に、そのような方が夢を諦め、一般企業に就職した後に頑張って人並み以上の成果を発揮するというのはよくあるパターンです。やると決めたらとことんやり抜く意思の強さと、厳しい状況でも心折れない精神力のタフさは、逆に守られてきた正社員には無い強みとなるのです。

大切なのは、過去の雇用形態ではなく、きちんと目的を持ち、それに向けて努力や勉強をしてきたかということです。

高卒でも応募(学歴不問)できる職種

私も高卒なので、転職では学歴のハードルに悩まされたことは何度もあります。そんな自分の体験や、「学歴不問」の求人を調べまくった経験から、おすすめの職種をご紹介します。

職種 給与相場 就職難易度 求人の多さ
営業職
事務職
販売職
接客・サービス職
プログラマー
ドライバー
建築現場作業員

個人的には、営業職はおすすめです。実際に私も5年間営業を経験しましたが、営業職はどんな業界でも必ず必要になる職種ですので、一度しっかり学べばその後転職する場合でも有利に働きます。

また、もしITに興味があればプログラミングをオススメします。現在はITエンジニアやプログラマーというのは慢性的に不足しており、またITのインフラが一般的になったことで今後も需要の多い職種と言えます。

フリーターから脱出する方法

c99bafb9b2e282ed4caa59789f7a7e25_s

では、フリーターを脱出して正規雇用になるにはどうしたら良いのかをご紹介します。現在では、求人サイト以外にも「転職エージェント」と呼ばれる専任コンサルタントを介した就職活動が一般的です。

転職エージェントは各社特徴を活かしたサービスを全て無料で利用でき、就職に関する悩みのカウンセリングから、就職決定までをしっかりサポートしてくれます。

エージェントサービスは1社に絞るのではなく、自分との相性が良さそうな会社を複数掛け持ちで利用するのがコツです。

フリーターに特化した転職エージェント

33fdcc546653a76559e2e6d9c9d755cc_s

Sponsored Links

・DYM就職

株式会社DYMが運営するフリーター専門の転職エージェント。DYM社は元々新卒の人材紹介に強みを持っていただけに、若手人材の採用に積極的な企業と多くのコネクションを持っています。それらを強みとして転職エージェントになります。

またサービスの特徴として、書類選考なしで面接のセッティングをしてくれることも特徴です。何度エントリーしても面接までたどり着けないとう悩みを解消してれます。

※以下利用者の乾燥

大学在学中になんとなく就職活動を行っていましたが、自分に合う企業には出会えず気付けば卒業後フリーターとして2年間が過ぎていました。 このままで良いかもと思っていた時期もあったのですが、経済面や将来を考えると、やはり正社員として働かなければという気持ちが自分の中で強くなりました。そんな中DYM就職の面談を利用して、リクルーターの方に自己分析の部分から親身になって相談にのってもらいました。 結果、自分が本当は何をしたいのかが明確になり、内定を3社獲得しその中から満足いく会社を選ぶことが出来ました。

・エージェントneo

株式会社ネオキャリアが運営する無料で転職サポートを受けられるサービスです。第二新卒やフリーターといった、社会人経験の無い若い人に特化しているのが魅力。

未経験でも応募可能な求人を5000件以上保有し、その人のタイプや個性に合った求人を専任のキャリアコンサルタントがコーディネートしてくれます。これまでに15000名以上の就職をサポートの実績、その中で培ったノウハウを、カウンセリングから面接対策のセミナー、また入社後のアフターフォローまで対応してくれて完全無料というのが嬉しいサービスです。

※以下、利用者の感想 

就職活動が上手くいかずそのまま卒業し、2年間アルバイトをしていました。
久々に会った友人たちが立派な社会人になっていて、焦って就職活動を再開しました。
相談や面接の対策をしてくれると言う事で、たまたま見つけた第二新卒エージェントさんに登録をしてみました。
今までは、他の人に自分のアピールをするのが苦手だったのですが、相談するうちに、自分では気付かなかった長所や短所、更には将来なりたい姿も見つかりました。
次第に自信を持って話せるようになり、無事に内定も頂く事ができました!
最初は不安だらけでしたが、第二新卒エージェントさんに相談してみて良かったと思えています!

・マイナビ20’s

人材業界の老舗「マイナビ」が運営する20代専門の転職支援サービスです。こちらも第二新卒やフリーターに特化して、手厚いサポートと豊富な案件数が魅力。

20代に限定しても、なんと年間17000人もの利用者がいる転職サービスで、もちろん無料。専任コンサルタントのカウンセリングやアドバイス以外にも、適性診断などによる自己分析で、自分に合った企業を適切に見極めてくれる独自のシステムが魅力。

また、履歴書などの応募書類についても作成をサポートしてくれたり、面接対策も充実しているのでかなり頼れる転職支援サービスです。

※キャリアアドバイザーからのコメント

求人を探す際、どの企業も同じように見えてしまう経験はありませんか?企業は生きた組織であり、10社あれば10通りの特徴があります。私たちが最も意識していることは、サイト上では掲載されていない企業の特徴をお伝えすることです。もちろん企業に限らず、業界・職種ごとの特徴についてもお気軽にご相談くださいね。

・ジェイック

株式会社ジェイックの提供するのは転職支援サービスは、同じく専任のキャリアアドバイザーによる転職サポートです。特徴は、優良企業へ正社員での就職成功率が80.3%という決定力です。

また、ジェイックから紹介される案件は通常実施される書類選考が無いのが特徴で、「面接までたどり着けない」という心配がありません。もちろんサービスは全て完全無料です。

※以下のような悩みを持つ方におすすめ!

  • 正社員として就職したいけど、求人を見てもブラック企業でないか不安…
  • 卒業してブランクがある。就職したいけど、自分に向いた仕事がどんな仕事かわからない…
  • 一度は就職したけど、短期間で退職。次の就職は絶対に失敗したくない!
  • 今まで公務員試験を受けてきたけど、民間への転向を考えている…
  • 高卒や中退の経歴が気になって、自信を持って就活できない…
  • 留学から帰ってきたけど、就職活動のしかたがわからない…

・ハタラクティブ

レバレジーズ株式会社が提供する転職支援サービスがこのハタラクティブ。こちらも、20代のフリーターや第二新卒に特化したサービスで、との特徴は、正社員への就職成功率80.4%、り支援数40000人以上、というという高い実績です。

また、関東エリアの一都三県という地域に特化していることも特徴です。もともと関東エリアに住んでいる人も、地方から関東に出て就職したい人にもおすすめのサービスです。

こんな特徴も。

  • ハタラクティブ独自の、自分発見カウンセリング
  • 未経験が求められる職種、業種をご説明
  • 企業ごとの面接対策、面接後のフィードバック
  • 書類審査通過率91.4%、内定率80.4%

・いい就職.com

ブラッシュアップジャパンの提供する既卒・第二新卒・フリーター向けの転職サポートサービスです。その特徴としては、17万人という国内でも最大規模の登録者数です。

特徴的なサポートとしては、ビジネスマナーやコミニュケーション力アップセミナーなど、スキルアップを目的としたサポートも充実している点です。

営業、企画、マーケティング、エンジニアなどの人気職種から、上場企業、急成長ベンチャーなどのおすすめ求人まで、あなたにぴったりのお仕事探しをサポートしていきます!

フリーター向け「未経験歓迎」が豊富な求人サイト

e6a0d51607924ca5dff91bade647688b_s

・はたらいく

人材業界のNo1。リクルートが運営するのがこのはたらいく。特徴は、このはたらいくにしか掲載されていない求人が91%という、情報の希少性の高さです。

また会員登録することで利用できる「らいくサービス」は、数ある求人サイトの中でもはたらいくだけの機能で、求職者側から企業に「らいく(Facebookのいいね!のような機能)」を伝えることができると同時に、企業側からもあなたに「らいく」が届くのです。ちょっとしたヘッドハントのような機能ですね。

興味のある方は転職エージェントと併用して情報収取することをおすすめします。

・バイトルNEXT

ディップが提供するバイトルNEXTは、アルバイトからNEXTステージである正社員へステップアップする人向けの求人サイトです。

求人情報以外にも、適職診断コンテンツや知ってるようでよくわからない雇用に関する情報など、正社員として働く上で大切な豆知識なども分かりやすく紹介しています。

正社員にこだわらず、まずは契約社員から

フリーターから脱出する場合に正社員を目指そうとする方も多いかと思います。しかし、いきなり正社員を目指すには、ハードルの高さやリスクも伴う場合があります。

転職で武器となるキャリアが無いため書類選考や面接での合格率も低くなります。また、本当にその会社が自分に合っているのかもわかりません。

そんな場合におすすめなのは、契約社員の枠でエントリーすることです(この場合、当然その会社で契約社員の採用枠があるという前提です)。

契約社員であれば、正社員よりも採用のハードルは低くなるので合格の確率は上がりますし、まずは働いてみて、本当にその仕事や会社が自分にフィットしているのかを確認し、その後に正社員登用試験を受けて正社員になるという方法もあります。

Sponsored Links