30代の賢い転職エージェントとの付合い方。チャンスを逃さない秘訣とは?

キャリアアップの可能性が最も高い30代

8f248480d652b20b1d92f244744b95fb_s

30代といえば、多くの人が社会人10年目を迎える年代です。その10年の過ごし方は人それぞれですが、初期段階の成長フェーズを追えて、改めて自分自信の社会人としての付加価値を社会に問う年代でもあります。

人によって評価に大きく差が出るのもこのタイミングで、社内で一定のキャリアを築いた人、企業をして既に高い地位を得た人、優秀な20代に追い越されてしまった人など、その差も大きく開きます。

企業としても、組織や事業を成長させるためには、経験があり、人間的にも成熟しつつあり、まだまだ勢いもある30代というのは最も必要なリソースとなります。

そんな「人生の分岐点」で以下に賢い選択を出来るかはその後のキャリアにとって非常に重要です。まずは30代のキャリアの作り方についてご説明します。

キャリアとは、背負った責任の重さである

16420067b074f9e80a55782d470bbf1b_s

多くの企業が人材を見極める時に、何を見て判断するのでしょうか?学歴、現在の会社のネームバリュー、携わっているサービスや事業の知名度、現在の年収、など様々あります。

どれも人材の価値を判断する上での要素となりえますが、最も見られるのは「背負っている責任の重さ」だと思います

  • 担当する事業やサービスの売上規模や利用者規模
  • マネジメントする組織の人員規模
  • 統括する部署でのどれだけの権限を持っていたのか

簡単に言ってしまえば役職ということになりますが、上記のような項目が大きければ大きい程、背負った責任は大きいと言えるでしょう。

責任が大きければ大きいほど、その分成果が出なかった時のマイナスインパクトも大きいと思われがちです。確かに、その社内においては評価は下がる可能性はありますが、転職する上ではあまりマイナスではありません。

私は大手IT企業で実際に面接をしているのですが、過去に大きなチャレンジをして失敗した人にマイナスの評価をすることはあまりありません。むしろ、「普通ならできないような大失敗」を既に経験している人というのは、貴重な存在です。その失敗から多くのことを身をもって学んだ人は、チャレンジに成功した人を同じぐらい価値があると思っています。

つまり、30代においてのキャリアアップでは、貪欲に重責を担う方が良いということです。失敗しても、それ自体にも価値があるのであれば、キャリアの観点から言えばローリスク・ハイリターンであることは間違いありません。

Sponsored Links

もし、現在の会社よりも大きな責任ある役割を任せてくれる会社があるのであれば、とのチャンスに積極的にチャレンジすることをオススメします。

階段を登るか?エレベーターに乗るか?

67d9e6869fa04cf9cfe3698a0a1849b7_s

より大きな責任を担うことのメリットは既に説明しましたが、これは環境によって大きく左右されます。要は、所属する企業のキャパシティがまずあり、その枠の中でしかミッションの枠は広がらないのです。

私は現在は年商1000億円を超える大手のIT企業でサービスの開発をしていますが、その前は年商10億円程度のITベンチャーで働いていました。この2つの企業を経験してその差を痛感しています。

ITベンチャーの時は、予算も人員も限られ、何よりもとにかく早く黒字化することを求められるので、サービスの規模も数千万と小さくなりますし、利用者の数も限定的でした。大きな市場にサービスを展開しようとしても、「その市場は大手にどうせ勝てないからダメ!」と言われて許可も下りない状態です。

しかし、現在(大手ITベンチャー)では、逆に数年後に数十億~100億といった売上インパクトのある事業やサービスでないと許可されましんし、日本全国やアジア、全世界といった視点での事業が求められます。

私は最初の頃、自分の能力がまだまだ低いから大規模な企画が通らないのだと思っていました。また、大きな仕事をする上でも段階的に成功を重ねてたどり着くものだと思っていました。しかし、現在の会社では20代半ばの若い社員でも、年間数億の事業にチャレンジしていたり、場合によっては子会社を立ち上げていたりします。

この体験を踏まえて、感じたのは、人の成長スピードが(特に20代や30代は)会社の成長スピードを超えてしまう場合は多いということです。自分は3段飛ばしで階段を登りたいけど、会社がそれについていけないから一緒に一段づつ歩いて登ることもあります。

しかし、転職によって環境を変えることで、エレベーターで一気に上層階にたどり着くこともできるのです。階段を登っているころには「雲の上」に見えた場所でも、たどり着いてしまえばそれが普通になり、またそこから上を目指すことができます。

ずっと階段を登るのか、途中でエレベーターに乗るのか。「30代」という時間は有限です。

もう転職回数の多さはマイナスじゃない

01d542488c30a8493ac354bdbb8b0067_s

未だに「転職=キャリアのキズ」と考える人もいるようです。転職回数の多さが自分の評価をさげてしまうのではないかと不安に感じるようですが、その心配は余り必要ではありません。

とういか、転職事態が悪いことではないことを企業もきちんと理解しています。転職には大きく2種類あり、

  1. 明確な目的を持ち、ステップアップするためのチャレンジ的転職
  2. なんとなく今の会社が嫌になり、それから逃れるための現実逃避的転職

があります。後者の場合にはネガティブな評価を受けることもありますが、前者の場合には逆にポジティブな評価となる場合も多いのです。

チャンスを掴むためには?

では、30代で見事にチャンスを掴むためにはどうすればよいのでしょうか?

転職は、自分タイミングではなく、市場タイミングが重要

422a2268e110a28c3ece0b7bb65c6bf5_s

これは、過去の私自身にも当てはまるのですが、多くの人が転職をする場合、「自分のタイミング」でやろうとしてしまします。一見当然のようにも思いますし、転職は「ご縁」と言ってしまえばそれまでなのですが、冷静に考えればとてつもなく場当たり的な話です。

現在では凄まじいスピードで社会が変化しており、数年単位で世の中のトレンドは変わります。またそれに合わせて、新しい企業ができ、業界ができ、企業の人材ニーズも変わり、そんな中で当然いろんな人にチャンスが産まれているはずなのです。

Sponsored Links

結論としては、転職活動は、「常にしていること」が重要なのだと思います。片方の天秤の皿に現在の仕事を乗せて、もう片方には、常に別の選択肢が乗せられている状態が理想なのではないでしょうか。

多くの場合、現在の仕事の方に天秤は傾いたままなのですが、ある時急に魅力的な仕事が反対の皿に乗る場合があります。これが「市場タイミング」であり、「転職活動をしていない状態=仕事の天秤が無い状態」では、これに気付けません。

ここで言う「転職活動」というのは、「その道のプロと情報交換ができるように常につながっておく」という程度でいいのです。

「自分」という商品は常にショーケースに

a93547061d8bbf30db33b19d266f4277_s

ここで言う「転職活動」とは、無理に面接をしたり、頑張って自ら企業の情報を調べたりということではありません。

私がおすすめするのは、まず第一に転職エージェントなどの紹介サービスを利用して、転職候補者のリストの中に自分の情報を掲載しておくこと。これだけです。

転職エージェントがお店だとすれば、そのお店のショーケースに並んでいる商品が私達転職者です。そして、そのお店に企業が転職者を選びに来るという仕組みです。

転職エージェントは顧客である企業の好みを聞き、おすすめの商品(転職者)を提案することもしますし、逆に転職者に対して魅力的な企業が現れたことも教えてくれます。

まずは、転職エージェントに「自分がどんな商品なのか」をきちんと伝え、ショーケースに並べてもらうこと。そうすれば、自分にとって必要な情報は自然と集まるようになりますし、チャンスを見落とすこともありません。費用もかかりませんし、興味がなければ断るだけでいいので、リスクゼロです。

転職エージェントを最大限活用する付合い方

4e95e0fbf345667e4fa5a8af7e56d5cb_s

転職を決めてから登録するのでは遅い!

3a92224e282ceb34f54ce4304ab32114_s

転職エージェントを活用出来ていない象徴的な例としては、退職を会社に伝えてもう転職するしか無い状態になってから転職エージェントに登録をするパターンです。

既に会社に退職を伝えているということは、次の会社を決めるまでにリミットがあるという状況だと思います。その間に良い求人が無かったり、あっても内定に至らない場合は、「受かった企業の中から選ぶ」ことになり、希望が叶う可能性が低くなります。

通常のケースで言えば退職を申請してから次の会社を決めるまでの期間は2~3ヶ月といったところですが、転職エージェントとしても案件がなければ紹介できません。

少なくとも、半年~1年ぐらいの余裕を持つことで、「強制的に決めなければいけない状態」は回避できるのではないでしょうか。

複数のエージェントに登録する

ad6212056841e4f77257ee261a96c543_s

転職エージェントを利用する際には、複数の会社を利用することをおすすめします。その理由としては、

第一に、転職エージェントによって保有している求人が異なるため、複数のエージェントに登録して情報を得ることで、求人の取りこぼしが防げます。

第二に、得意分野がことなります。例えば、業界や職種など幅広く求人を取り扱い、その求人の多さが魅力のエージェントもあれば、特定の職種に特化したエージェントもあります。また、海外も視野に入れている場合などはグローバル求人に強いエージェントもあります。

このように、各社で特徴が異なるため、それぞれの良さを取り入れるためにも複数のエージェントを並行して利用することがおすすめです。

第三に、エージェントを利用していると、キャリアアドバイザーから意見やアドバイスをもらうことがあると思うのですが、複数社を利用することで1人のアドバイザーに頼るのではなく、他のアドバイザーにも相談でき、セカンドオピニオン的や役目を果たしてくれます。

では、何社を併用するのが理想なのかというと、これは個人的な意見になりますが、まず5社以上に登録し、案件の質やキャリアアドバイザーの対応などを見極めて、徐々に絞り込んで3社程度の転職エージェントを継続的に利用することはおすすめです。

★おすすめ記事→転職エージェントは複数利用が鉄則!その理由と賢い利用方法を徹底解説

職務経歴書は常に最新にする

09e1fc6986b8bf388c53806cf85a14e9_s

最初に登録した職務経歴書は、定期的に最新の状態にアップデートすることをお勧めします。中長期の転職活動をする場合は、その期間中にも部署や役職が変わりますし、業務の実績も最新の成果を記載するほうが良いです。

常に最新の職務経歴を記載することで、企業側の目にもとまりやすくなります。

★おすすめ記事→<職務経歴書>選考担当者に「会いたい!」と思わせる書き方とは?

「ライトな出会い」は積極的に受け入れる

c086d5643f9e1bfce547fa4c274c3409_s

転職エージェントによっては、正式な応募ではなく、カジュアルな会食などで企業の他当社と会うことを勧められる場合もあります。

そのような誘いが合った場合は、積極的に参加する事をおすすめします。このような誘いが企業から合った場合は、その企業はかなり興味を持ってくれている証拠ですし、あえて面接というフォーマルな場ではないところで会うことで、企業側も自分自身もリラックスして本音で話をすることができます。

それまでは興味を持っていなかった企業に対しても、このような形で会うことで魅力に気付ける場合もあります。

また、これは個人的な意見ですが、その申し出を受け入れることで、間を取り持つ転職エージェントにも花を持たせることができます。キャリアアドバイザーも人間ですから、こちらが自分の都合だけを押し付けてそっけない態度を取るよりも、提案を素直に受け入れて動いてくれる転職者に好感を抱くのではないでしょうか。

いくらビジネスといえども、やはり「この人のためにいい転職をしてほしい」と本気で思ってサポートしてくれた方が、可能性は広がると思います。

Sponsored Links