転職エージェントの良し悪しはキャリアアドバイザーで決まる!選び方と見極めポイント

転職エージェントは求人の質×キャリアアドバイザーの質

e179ec7644bd29a9c3150f99d053018f_s

転職エージェントというサービスを大まかに分解して説明すると、まず一つ目は一般公開されない「非公開求人」と言われる求人の存在です。これは、求人サイトのようにだれでも閲覧可能な求人ではないため、転職エージェントを利用することでしか出会えない求人情報です。

そしてもう一つがその求人と転職者をマッチングしてくれるキャリアアドバイザー(キャリアコンサルタントとも言う)の存在です。転職者の希望や能力を把握し、企業側の人材ニーズとのマッチングを行ってくれる専門家です。

他にはない独自の求人情報を多く保有している事と、その膨大な求人情報の中から、転職者に最適な案件をマッチングできるキャリアアドバイザーのコーディネート力が組み合わさることで、転職が成功するのか失敗するのかは大きく左右されます。

特にキャリアアドバイザーは「人」なので、その能力もピンキリです。中には「正直この人には任せておけない」と思ってしまうような人もいます。今回やその重要な役割を担うキャリアアドバイザーの見極め方についてご説明します。

ここでご紹介する情報を元に、もし「ハズレ」を引いてしまったと思ったら、遠慮なくアドバイザーの変更を依頼するか、別の転職エージェントを活用することをおすすめします。

キャリアアドバイザーの役割

まずはキャリアアドバイザーが主にどんな役割を担ってくれるのか(期待してよいのか)をご紹介します。以下にご紹介する内容は、もしそれが出来ていなければキャリアアドバイザーとして機能しないであろうというポイントです。

転職者の能力を見極める

3afd75db9c8c9f0f1e53adcabd483071_s

まず最も必要な能力が転職者の能力をきちんと見極められるかどうかです。見誤って、転職者を高く評価した場合は、紹介される求人に応募しても、企業の面接で落ちまくることになりますし、引く評価した場合は、内定は出やすいですが年収や役職などの条件が低くなってしまいます。

実際に企業との面接をセッテイングするのは転職エージェントなので、転職者がどんな能力をもっているのかをきちんと企業側にプレゼンテーション出来なければ面接の機会も減ってしまいます。

例えば、営業職でマネジメント能力の長けた転職者Aさんと、営業の管理職を求めている企業B社があったとして、転職エージェントがその能力に気付けずに個人の営業力の高さをB社にプレゼンテーションした場合はニーズに合わないと判断されてしまう場合があります。

転職者のパーソナリティを見極める

42842e3c774fab0bd7117a0d66bb4cdf_s

Sponsored Links

転職者のパーソナリティというのは、その人の性格や仕事に対してのスタンスなどです。能力や年収などの条件的なマッチング以外にも、転職者のパーソナリティと企業文化をきちんとマッチングすることは非常に重要です。

例えば、冷静かる合理的に仕事を進めることを望む転職者が、情熱と感情がむき出しの体育会系の企業の会社に転職した場合は、仕事の進め方や社員とのコミニュケーションで大きなストレスややりづらさを感じてしまう場合があります。

かりに能力的にマッチングできていて、条件的にも悪くない転職だとしても、社風が合わないことで長く働くことができずに、短い時間でまた転職をしなければならないというケースもあります。

将来のキャリアビジョンを理解する

274122b394996dcc766774e82f1bdf0e_s

キャリアビジョンも非常に重要なマッチングポイントです。今後どんキャリアを積みたいのか、3年後、もしくは5年後にどんなビジネスパーソンになっていたいのかというキャリアプランをきちんと把握し、それが実現できる環境を見つけることは、そもそも転職をする目的でもあると思います。

もし、専門的なスキルを磨いてスペシャリストとしてのキャリアを歩みたいミドル層の転職者が、若手中心のベンチャー企業に転職した場合、本人の希望に反して若手の育成やマネジメントを求められてしまう可能性もあります。「やってみたらそれも楽しかった!」となればいいのですが、そうでない場合は自分の理想と、企業からの要望がマッチせずに悩みを抱える事にもなります。 

面接対策&面接結果フィードバック

018434aa464621668920a7ea591e5d13_s

面接を転職活動においても一番のハードルです。実際に、優秀な能力と輝かしい経歴を持ちながらも面接を上手くこなせずに企業から評価されず、不合格になるケースは多々あります。

ここで言う面接対策というのは、俗に言う面接マニュアル的なことではなく、企業によって微妙に異なる面接での注視ポイントを、事前にキャリアアドバイザーから教えてもらうことです。

特に面接で質問される内容は、どんな企業でも共通している部分もあれば、独自の部分もあります。この「独自な質問」というのは、多くの場合合否に大きく影響するため、質問されて答えられない場合は評価を下げます。しかし、事前に回答を用意して置かなければ即答が難しい質問もあるので、事前に「この企業はこんな質問をしてきますよ」という面接対策は重要なのです。

また、転職活動中は何社も面接を受けることになるのですが、合格にしても不合格にしても、面接の結果を企業に「何が良かったか」、「何が良くなかったか」を企業にヒアリングしてフィードバックしてくれるのもキャリアアドバイザーの重要な役目です。

このフィードバックを元に面接での微修正を重ねることで、より制度を高めて行くのです。

NGなキャリアアドバイザーの例

ここまでのご紹介した「キャリアアドバイザーの役割」を踏まえて、「こんなキャリアアドバイザーは逆効果だ」というNG例をご紹介します。

もし以下の例に該当するキャリアアドバイザーと出会ってしまった場合は、お客様窓口経由で担当を変えてもらえる転職エージェントも多いので、遠慮なくアドバイザーの変更を申し出ることもおすすめです。

いきなり求人の案内をしてくる場合はNG

ecd10d4ee680e5d2649d592dad9cd9a3_s

キャリアアドバイザーと面談する場合、事前に職務経歴書を提出するのですが、中にはその情報だけで能力や過去の経歴、パーソナリティに関する質問もなく、いきなり求人の紹介にしてくるアドバイザーがいます。

確かに、職務経歴書でこれまでの概要は伝わっているとは思うのですが、「自分の何を理解してその求人を紹介しているの?」と違和感を覚える場合があります。

Sponsored Links

「過去に営業を経験していれば営業職を紹介し、販売を経験していれば販売職を」といった安易な発想なのだと思いますが、そうならば自分で求人サイトを使えば良い話で、わざわざ転職エージェントを利用する意味はありません。

自分では気づけていない市場価値を見つけ出して、新しい可能性を提示してくれるような「気付き」を提供してくれなければ、キャリアアドバイザーの存在意義は無いと思います。

希望を無視して大量の求人を紹介してくる

16420067b074f9e80a55782d470bbf1b_s

きちんと希望を伝えたのにも関わらず、希望や条件に合わない求人を毎日のように送りつけてくるアドバイザーがいます。気づけばマイページに100件近い求人があり、精査するのにもひと苦労…。

この場合も求人サイトの中から自力で探すのと対してかわりません。おそらく、「沢山紹介しておけばどれか一つくらいは気にいるだろう」そんな調子なのかもしれません。

大量の求人の中から自分にあった求人を選別してくれるというのも転職エージェントを利用するメリットなのですが、これでは全く意味がありません。

紹介する企業の事を理解してない

7df36022a469e3b1c9cf83b310bbfd08_s

求人を紹介されると、その企業の募集概要がまとめられた一枚の求人票が企業毎に送られてくるのですが、基本的に掲載されているのは募集に関する一般的な情報です。

エージェントを利用する立場からすれば、それらの情報は必要最低限しかなく、

  • その企業が今後どんな展望を描いているのか
  • 業界の中でどんあ優位性をもっているのか
  • その会社ではどんな人が働いているのか
  • その企業が本当に求めているのはどんな人材なのか

などの深く具体的な情報が無くては判断に困るのですが、これらの質問をしても「ちょっとそこまでは分からないのですがー」とか、自分が出してきた求人票を見返して「うーん、ちょっとそのことは記載されてませんねー」などと、企業のことをまるで理解していないケースがあります。

エージェントを利用する場合は、これらの「オフレコ情報」が入手できて、それらの情報を元に企業を選べることも大きなメリットです。最低限紹介する企業のことはきちんと理解しているアドバイザーであって欲しいですね。

OKなキャリアアドバイザーの例

私の実体験も通して、以下のようなキャリアアドバイザーであれば信頼して頼ってもよいと思います。

背景をきちんと確認してくれる

acbe938177164d15286ef5ee5e60a041_s

過去の転職歴や、仕事内容、頑張ったポイントなど職務経歴書に記載された「客観的事実」に対して、

  • 何故その決断をしたのか
  • その仕事では、どんな課題を、どのような工夫でこなしたのか
  • その頑張りをささえたモチベーションはなんだったのか
  • 過去の仕事でどんなことが楽しくて、どんなことが辛かったのか

など、表面的な業務内容や成果だけではなく、その下に隠れている感情や苦労、自分なりの努力などの背景をきちんと汲み取ろうとしてくれるアドバイザーがいます。

このように相手のパーソナリティや「社会人としての歴史」をきちんと理解しようとしてくれるアドバイザーは、相手の根本的な部分まで理解してくれると同時に、転職者本人も気付けていないようなポジティブポイントを見つけ出して、情熱を持って企業にアピールしてくれることが期待できます。

ピンポイントでおすすめの求人を紹介してくれる

4c09ae6e53a560db32c92d510dd946ac_s

先ほどご紹介した「数撃ちゃ当たる」といったノリで無差別に求人を送りつけてくるアドバイザーとは対象的に、数は少ないですが、ピンポイントで転職者に以降にあった求人だけを紹介してくれるアドバイザーもいます。

そこには、「何故あなたにこの企業を紹介したいのか」といった理由がきちんとセットされており、確かに魅力を感じることができるのです。

この「ホンネで魅力を感じられる」というのは非常に重要で、仮に面接の席に着くと確実に質問されるのが「志望動機」なのですが、その時に素直に「貴社の●●なところを魅力に感じて応募しました」と言えるのです。

これが、適当に紹介された求人の場合「直自分でも何を魅力に思っているのか分からない」という状態になり、筋の通った志望動機を伝えられない状態になります。

時には厳しい事も言ってくれる

82c38f34e8fa440eac6d9036376de9e4_s

転職では、何よりも大切なのは転職者自身が、「自分がどうしたいのか」という意思を持つことです。転職の成功も失敗も、他の誰かが決めるのではなく、自分自身が判断するしかありません。

もし、当事者意識を持てずに、「なんかよさそうな仕事紹介してください~」と安易に転職活動をしても、多くの場合はあまり良い結果にはなりません。

私が思う「良いキャリアアドバイザー」とは、もしそんな転職者がいた場合に、正直に「今の状態のまま安易に転職しても、いい仕事は見つかる可能性は低いので、今は転職するのではなく、きちんと自分の目的を定めてから転職活動をするべきですよ」と言ってくれる人です。

転職エージェントからすれば、そんなことは無視して、とりあえず企業に転職させてしまえば、採用した企業から紹介の報酬は得れるのですが、その利益を犠牲にしてでも厳しい事を言ってくれるのであれば、それは何よりも信頼できるアドバイザーだと思います。

キャリアアドバイザーのシステム

転職エージェントのキャリアアドバイザーにも「質」以外の部分でシステムの違いがあり、その違いによってのメリット・デメリットがあります。

大きく分けると2つのパターンがあるので、それぞれをご説明します。

①パターン:企業担当と転職者担当が別

1アドバイザー

企業から求人の案件を貰ってくる担当社と、転職者に求人を紹介するキャリアアドバイザーが別人のパターンです。

この場合のメリットは、1人のキャリアアドバイザーから全ての求人が紹介されることです。キャリアアドバイザーが直接企業と接するわけではないので、企業の深い情報は手に入りづらいですが、自分という人間をアドバイザーが深く理解してくれる可能性が高く、信頼関係を築きやすいのです。

デメリットは、企業の情報の深い情報を知りたいと思っても、キャリアアドバイザーが直接企業と接点を持っているわけではないので、スグに情報を得られない可能性があるのと、もし情報をもらえたとしても、それは企業担当の営業かたの又聞きなので、多少情報の食い違いが発しする可能性があります。

また、自分の情報を企業に伝える際も、「キャリアアドバイザー>営業担当>企業の採用担当」とう伝言ゲームになるため、アドバイザーと営業担当のあいだできちんと情報が連携されていないと、企業に時分の魅力を十分伝えることができません。

②パターン:企業担当と転職者担当が同じ

複数アドバイザー

前述したパターンとは逆に、キャリアアドバイザーが直接企業からの人材ニーズを把握する場合です。

この場合のメリットは、企業の情報がダイレクトに入手でき、また自分の情報がダイレクトに企業に伝わることです。転職者と企業の情報が1人のアドバイザーに集約されることで、情報伝達の正確性や、タイムリーな情報連携が可能になります。

デメリットとしては、転職者からすると、複数のアドバイザーと同時進行でやりとりしなければならないことです。例えば、A社、B社、C社という3つの企業に興味を持ち、応募したとします。その場合、A社を担当するアドバイザー、B社を担当するアドバイザー、C社を担当するアドバイザーがそれぞれ存在して、最大で3名のアドバイザーと連携する必要があります。

転職エージェントの方針によってシステムは異なる

①パターンと②パターンどちらのシステムなのかは、その転職エージェントの方針によってことなります。自分にとってどちらのシステムのエージェントが理想なのかは好みによって異なるため、一概にどちらが良いのかは断定できません。

登録する転職エージェントがどちらのシステムを採用しているのかを事前に確認することをおすすめします。判断ができない場合は、あえて両方の転職エージェントに登録して実際にサポートを受けながら自分にどちらのシステムが合っているのかを判断することをおすすめします。

Sponsored Links