現役面接官が教える第二新卒の就職・転職活動!準備~内定まで徹底ガイド

第二新卒の就職活動とは

4930e7f99de8fff62c6ecbc79f972f6b_s

第二新卒とは、受け入れる企業によってその定義が多少異なるようですが、一般的には卒業後1年~3年目までの若手人材が対象になります。

その年齢となると、一度企業に就職して「転職」をする場合の人と、就職浪人で企業に就職した経験の無い場合の人がいますがどちらも「第二新卒」として扱われます。

その就職活動は学生の就職活動とは異なり、一般的な転職活動と変わりはありませんので、1年中応募することは可能ですが、適した時期や第二新卒向けの転職サービスも多くありますので後ほどご紹介したいと思います。

転職の場合

cd5ace0fe497b2d6fe77581912ba7008_s

一度企業に就職している第二新卒は、企業にとっては人気です。その理由は、専門スキルや高い能力は見込めませんが、一般的なビジネスマナーや、社会人としての基礎を身に着けているため、初期教育が不要であることです。

また、転職するということは、すでに一度会社選びに失敗しているか、明確な目的や意思を持って新たな環境を探している場合が多くなります。その為、次に就職した会社へのコミットが強い場合が多く、採用後のパフォーマンスが期待できる場合が多いのです。

就職浪人の場合

00_pp03_pp_tp_v

就職浪人には、既に学校を卒業した「既卒」と、卒業せずに学校に残って就職活動を行う「就職留年」の2パターンがあります。

日本は現在でも「新卒ブランド」や「新卒至上主義」という文化が強く、上記の2パターンを比較すると、就職留年の方が企業にとってはブランド価値があるようです。

しかし、どちらの場合も学業が修了してから現在までの期間を「どう過ごしてきたのか」ということは企業にとって重要なポイントとなるようです。

ただ遊んでいた人と、次のチャンスに向けて努力した人とではやはり評価は異なります。

Sponsored Links

厳しい現実も

ffd9ef83ed43c0fd0dcd9c79ad6cdf5a_s

第二新卒を歓迎する企業もある一方で、あまり評価しない企業があることも事実です。其の理由としては以下です。

まず転職の場合、3年程度の経験があればまだ良いのですが、1年程度で転職をする場合には、「ストレス耐性が無い」「やりきる継続力がない」「同世代のライバル勝てなかった負け組」など、ネガティブなイメージを持っているのも事実です。

それを抜きにしても、第二新卒というのは、同じ第二新卒内での就職競争をするわけではなく、後発で社会に出て来る現役の新卒や、自分たちよりも社会人経験が豊富な転職組との競争に打ち勝たなくてはなりません。

新卒には若さで負けますし、中途転職組には経験や能力で劣るため、非常に中途半端なポジションであるのは間違いないと思います。

第二新卒の就職活動

018434aa464621668920a7ea591e5d13_s

では、実際の就職活動についてご説明していきます。

おすすめの時期は?

32a66951f3d357985bedf49fb429a23a_s

前述した通り、第二新卒は1年中活動することが可能です。しかし、企業側と採用活動トレンドを抑えて、企業が活発に求人活動を行うタイミングに合わせて活動することで、より多くの求人に出会い、採用の可能性を上げることはできると思います。

具体的な時期としては、ズバリ2月と8月から就職活動を本格化させるのがおすすめです。

その理由としては、企業の動き方と、他の転職者の動きを合わせて考えた時に、企業の募集活動を他の転職者よりも一足先にとらえて動き出すのがベストであり、上記のタイミングから始めることで、それが可能になります。

どんな流れで進める?

7de8c7d0a73e527018dec1bdd62f2f84_s

まずは、就職活動に必要な資料を作成します。まずは履歴書と職務経歴書がメインになります。社会人経験が無い就活留年や、フリーターの方の場合は履歴書だけで構いませんが、仮にアルバイトやインターンなどであっても企業に属して職務を行った経験があるのであれば、念のためその内容を職務経歴書にまとめておくことをおすすめします。

その後、求人サイトや転職エージェントに登録して求人情報を調達します。またそれ以外にも、就活イベントやセミナー、ビジネス系SNSなどの利用もおすすめです。

要は、各種サービスを利用することで、自分が仕事を探していることを伝えて、情報が自分にあつまるようにします。

情報が集まったら、実際に応募する段階になります。応募は、基本的に最初に作成した応募書類(履歴書、職務経歴書)を企業に提出して書類選考を受けます。

書類選考を通貨すると面接があり、一次面接~三次面接をこなして、最終的には企業から内定がでます。内定を受け取ると、最後は自分の入社の意思を伝えて見事入社という流れになります。

  1. 応募書類作成(履歴書・職務経歴書)
  2. 人材サービスの登録
  3. 情報収集
  4. 応募
  5. 書類選考
  6. 一次面接
  7. 二次面接
  8. 三時面接(※場合によっては2次面接後に内定が出る場合があります。)
  9. 内定(※内定後に、雇用条件などが提示されます)
  10. 入社(※最終的に入社するか否かは、応募者が内定を受諾するか否かで決まります)

おすすめの方法

4930e7f99de8fff62c6ecbc79f972f6b_s

Sponsored Links

現在では、就職や転職をサポートしてくれるサービスは多種多様です。そこで、特に第二新卒向けにおすすめのサービスを幾つかご紹介します。

職業訓練

48db2bd79c94a72e3ce38b9493dc6295_s

就職訓練とは、厚生労働省が運営するハローワーク(公共職業安定所)が提供するサービスです。就職意欲があるけど職につけていない人を対象に、専門知識や技能の習得をサポートしてくれます。つまり、就職先の企業を紹介したり斡旋してくれるのではなく、就職に必要な技能や知識を身につける場です。

テキスト代などの一分負担(1万円程度)はあるのの、基本的には無料で訓練を受けられることが魅力です。ただし、だれでも必ず訓練を受けられるわけではなく、応募資格や面接などがあり、対処者として認定されてはじめて受講が可能になります。

参考情報→出展:ジョブリンク「ハローワークの職業訓練まとめ」

就活イベント

90ff3cc3b8a675e40121f92b1e2a129e_s

就活イベントとは、大規模な展示会会場などで行われる就職イベントです。会場に足を運ぶという手間はありますが、そこには人材を募集する企業がブースを構えて自社の説明を行っていたり、セミナーが開催されていたり、自己診断サービスが受けられたりと、就職活動に関する様々なものが凝縮されています。

ネットで「第二新卒 就活イベント スケジュール」と検索すると、大手人材企業が運営する就活イベントのスケジュールな内容、開催地などが出てきます。事前に内容や、出展企業の顔ぶれなどをチェックした上で、参加の申し込みをすればだれでも参加可能です。

私は企業の運営側として参加してことがあるのですが、就活イベントになると、出展している企業同士が競い合って就職者に積極的にアプローチしてくるので、自分からアプローチしなくても企業側から声をかけてくれていろんな会社の話が聞けます。

また、会場の企業ブースのスタッフを除けば、全てが同じ立場の求職者なので、会場で知り合った求職者と情報交換をしたりと、コネクションが広げられるのも魅力です。

求人サイト

77f028b6fa62a0ce9bfe88ab2ca76e3b_s

求人サイトはスマホやPCがあればいつでも情報収集ができるので、最も一般的な転職方法です。多くのサイトで利用は無料なので、複数のサイトをチェックすることをお勧めします。

また、ただ見るだけではなく、会員登録(会員登録も無料)することで、おすすめの求人をレコメンドしてくれたり、企業の採用担当者から直接コンタクトが来たりもするので、活動期間だけでも会員登録をして利用することがおすすめです。

求人サイトも、第二新卒向けのモノがあるので、以下でご紹介します。

第二新卒向け転職エージェント

742ca84a503da381d681e75904533cf5_s

個人的には最もおすすめの転職方法が、転職エージェントを利用した転職活動です。そのサービス内容は、

  • 応募書類作成サポート
  • キャリア診断・相談
  • 希望に合った求人の案内
  • 面接の設定
  • 面接対策
  • 内定後の条件交渉代行

上記の内容を、専属のキャリアアドバイザーが全てサポートしてくれるため、とても心強い味方となります。そして、それらにかかる費用は一切無料というのも嬉しいポイントです。

就職成功の秘訣

a2195994c566a21ad6ea32a29d16b94a_s

就職・転職を成功させる上で、その可能性をより高めるために自分自身が努力できるポイントもあります。私は企業の採用担当者としても活動しているのですが、書類選考や面接を行う企業側の視点から、就職成功のアド秘訣をアドバイスしたいと思います。

正社員以外も検討する

65c9f6c9d0ddcc896db0b33075efe3e2_s

正社員としての就職が決まるのが理想なのですが、どうしても行きたい企業のハードルが高くて正社員での就職が難しい場合や、いくつかの企業に応募しても中々書類選考で落とされてしまう場合などは、正社員以外の雇用形態も検討してみることをおすすめします。

例えば、おすすめなのは契約社員です。正社員との違いは、大きく分けると有期雇用であることと、役職など昇進に限界があることですが、契約社員を受け入れている企業の多くは、正社員への登用制度も合わせて設けている場合が多いのです。

契約社員で入社して頑張って成果を出し、時を見て正社員に登用されれば、当初の目的は果たされます。

また、契約社員としての経験は、立派な社会人経験として認められるので、もし正社員になれずにまた転職することになっても、契約社員として経験した業務や成果は職務経歴書にもきちんと反映できますし、その人の市場価値を図る上で十分評価されます。

フリーターとして専門スキルを身につける

748fc898a13fd94a4ccb3ca3ae4fc223_s

就職活動に向けて、ただなにもしないでいるよりは、アルバイトとしてでも働いて、知識や技術の習得に努力しておけば、転職の際にその経験と、頑張りが評価さえれる可能性は十分にあります。

たとえば、IT企業に就職したい場合は、見習いプログラマーとしてアルバイトで働いてみたり、営業職として就職したい場合はテレホンアポインターのバイトをすることで、就職にプラスの要素となりえます。

どんな業界、どんな職種に就きたいかを事前にイメージして、その仕事に就いた時にプラスになるような経験を積んでおけば、就職活動で有利なだけでなく、見事採用された後にも必ずその経験は生きてきます。

もしそのようなアルバイトをする場合は、あまり時給に拘らずに、「仕事内容」を重視して選ぶことをおすすめします。一定期間のバイトの稼ぎなどよりも、その後の就職活動で希望の会社に就職できることの方が遥かに重要ですし、社会人になってからの収入の方が遥かに大きいので、数ヶ月で元は取れるはずです。

何か一つの事に打ち込む

c139632ad01f39097bb28628befc5474_s

アルバイトなど、実際に働かなくても就職に有利な経験を積むことはできます。例えば、デザイナーなどを目指す人は、デザインを共有するSNSなどに作品を作って投稿しておくことで、就職活動の際のポートフォリオとして役立ちます。

また、海外向けの仕事に興味がある人は、独学で英語を勉強したり、バックパッカーとして海外を旅しながら語学に磨きをかければ趣味を通して就職に役立つ経験が詰めます。

マンガやゲーム、映画、音楽などのエンタメ系の仕事に就きたい人は、普段の生活でエンタメにのめり込みながらも、ブログを立ち上げてその深い知識や知見を公開していくことで、やはり就職活動時に、どれだけ自分がそのジャンルについて深い知識と興味を持っているのかをアピールすることができます。

まとめ

第二新卒の就職・転職活動について説明してきましたが、企業がわからの視点で見たといに一番大切なことをお伝えすると、それは「あなたがどうなりたいのか?就職後に、仕事を通して何を実現したいのか?」という意思が明確になっていることです。

第二新卒も新卒も、それまでの社会人経験が少ないため、能力や実績では判断することが難しいのですが、その場合に企業が見極めるポイントが、「どんな意思を持っていて、それはどれくらい強いのか」ということです。

目的がなく、意思も弱く、特別能力や成果を出した実績もない場合、その人材が入社後にモチベーション高く働いて高いパフォーマンスを発揮するイメージはなかなかもてません。

企業に合わせる必要は無いですし、自分に正直で良いので、本音でぶつかることが何よりも重要だと思います。転職の方法や面接のテクニックなどは、その「意思」という軸があってはじめて機能するものです。テクニックに偏りすぎるとあまり良い結果が出ない場合も多いので、くれぐれも注意しましょう。

Sponsored Links