仕事を辞める時の”後悔しない”&”円満退社”のヒケツ

仕事を辞める時の後悔しない方法

ひと昔とは違い、今の時代に最初に就職した会社で定年まで働き続けるというのはかなり稀なのではないでしょうか。多くの人が今の仕事を辞めるか続けるのかの岐路に立ち、どこかのタイミングでは辞めるという決断をすることがあるのだと思います。

では、その時に”後から後悔しない選択”をするためにはどうすればいいのか?についてご説明します。

辞めたい理由を整理する

a42c34c31fdf5617a3fe500a87bdf0da_s

辞めたい理由には、大きく3つのパターンがあるかと思います。

  1. なんとなく、このままでいいよか迷う
  2. 今勤めている会社では満足できなくなった
  3. 他により魅力的な会社が見つかった

自分の今の状態は上記のパターンのどれかに当てはまったでしょうか?お気づきの方もいると思いますが、これは転職者の属性を分けるものではなく、一人の転職者の”心の変化”を時系列で表したものです。

つまり、最初に漠然と現状に対する不安を抱き(1)、これまで気にしなかった会社に対するネガティブな面が見え始め(2)、転職活動や、他の会社の社員との交流を通してより魅力的な会社を見つける(3)、という流れになるのが一般的かと思います。

辞めたい理由を整理する上では、今自分がどの段階に該当するのかを把握した上で、次の段階の部分を明確にすることが重要です。例えば今の自分が(1)に該当する場合は、今の会社の不満や物足りなさを明確にすることで(2)に進みます。

そうすることで、裏を返せば「ではどんな会社であれば満足できるのか」が明確になるので転職活動を開始することができます。もし「なんとなくこのままで良いのか迷う」の状態で転職活動を始めても、どんな会社を選べば良いのかわからず、うまくいく可能性は低いと思います。

辞めたくない・辞められない理由も考える

会社への不満を整理する中で、とはいえ今の会社の良いところもあるはず。それらもきちんと明確化しておきましょう。これは会社を辞めたことを後悔しないために重要な部分です。

ひとたび会社の不満を整理しだすと、不満モードに入ってしまい、良い部分が小さく見えたり、当たり前のこととして見えてしまう場合があります。しかし、大切なのは良い部分と悪い部分を冷静に見極めることです。

例えば、大手企業で働いていた人が、意思決定の遅さや、政治的な企業体質に嫌気がさして退職。チャレンジングな若いベンチャー企業に就職し、確かにスピード感と刺激的な環境は楽しめているが、収入が大幅に下がったことで生活は苦しくなってしまった。などはよくある話です。

”転職してから前の会社の良い部分に初めて気づかされる”

Sponsored Links

これが最も多い後悔のパターンだと思います。

仕事を辞める理由ランキング

c48549e5450e30d62215e30331440f8e_s

実際に仕事を辞める理由として多いものをご紹介します。

正社員の場合

正社員でも、特に役職に就いていたり、評価の高い社員ほど退職を言い出しづらいですよね。実際に退職理由として多かったものと、退職理由を言われた側の反応をご紹介します。

第5位、家族の介護

532a6e49ee8cde892faa2279bb0faa68_s

両親や、夫もしくは妻の介護などを理由にした退職です。この退職理由は女性の方が割合が多いです。もちろん本当に家族に介護が必要になり、今まで通りに働けなくなる場合もあるのですが、建前(ウソ)の退職理由としてもよく利用されるものです。

「そうか、大変だね。頑張ってね」と惜しまれながら辞めていった社員が、競合会社でバリバリ働いているという噂が耳に入ることもよくあります。

会社側からすると、仮に「絶対ウソでしょ!」と思っても、この理由を出されるとダメだとは言えないと思います。

第4位、配属・役職への不満

0571a35f0d07c33697231b6496e00aa8_s

この退職理由を会社側に明確に伝えられるのは、ある程度メンタルが強いか、会社に対しての相当な不満を持った方だと思います。このパターンは、人事異動や役職の降格などによって発生するので、会社側もこのような事態を事前に予測している場合は多いかと思います。

そしてこの場合、会社として最も懸念なのは、その人が辞めてしまうことではなく、居残って周囲に愚痴や不満を撒き散らすことです。退職してくれさえすればそのリスクもなくなるので、以外とあっさり辞表は受理されると思います。

第3位、起業

459bc73d05522456c1b9838896edd7e8_s

これは、業界にもよるかもしれませんが、起業して会社を設立するだけでなく、個人事業主としての独立も含めると、退職理由としては結構多いのではないかと思います。

私個人としては、人生は一度きりなのでリスクを承知でチャレンジしようとしている人は是非応援したくなるのですが、もしこれが20代の若い人材だった場合、高い確率で、会社はなんらかの理由をつけて止めにくると思います。

  • お前にはまだ早い
  • この会社でやり残したことがあるはずだ
  • 会社に守られないことの本当のリスクをわかってない

などなど。

確かに、普通に考えれば起業などはリスクの大きいことですし、まだ若いとなれば「それを否定するための正論」などはいくらでも出てきます。

もしこの理由で退職を申し入れる場合は、このような引き止めにあうことを覚悟しておいた方がいいと思います。

第2位、体調不良

5d5412e1f5620107892b0478f2a8a313_s

Sponsored Links

体調不良の場合、体の病気と心の病気の2パターンがありますが、多くの場合心の病気を理由にした退職理由が多いです。この場合、予兆として会社を休みがちになったり、朝出勤しなくなる傾向があります。

昨日まで元気でバリバリ仕事をしていた人がある日突然体調不良を理由に退職を申し出れば、会社としても「何故だ!?」となりますが、勤怠が乱れ始めた場合には、その状態で長く居続けられても困るというのが会社の本音だと思うので、退職を申し入れても強く引き止められる可能性は低いかもしれません。

第1位、転職

cd5ace0fe497b2d6fe77581912ba7008_s

なんだかんだで、ストレートに「転職します!」というパターンが一番多いです。ある意味正直で良いと思うのですが、高い確率で引き止めにられると思います。きちんと説明してわかってくれるケースもあれば、かなり強引…というか悪質なケースもあります。

長時間会議室などに軟禁したり、「ウチを辞めたらもう同じ業界では働けない」などの脅しや、競合会社に転職させないために誓約書を書かせたり、などなど。

これはコンプライアンスが確率していない中小企業では実際に何度か目にすることもありました。これらに対処するための方法をいくつかお伝えしておきます。

まず、会社に退職を伝えるのは、次の転職先が確定してからの方がいいと思います。

  • 実は転職を考えており、数ヶ月後には退職をしたいと思っています。
  • 実は転職を考えており、転職先も決まっているので、できるだけご迷惑がかからないよう退職の手続きをすすめたいです。

言われた方からして、「まだ説得すればなんとかなるかもしれない」と思ってしまうのは上のパターンなのはわかるでしょうか?下のパターンは、次も決まっており、完全に事後報告状態なので、引き止める方も諦める可能性が高いです。

そして、退職に関しての話し合いでは、その音声を全て録音しておくことをお勧めします。最近のスマホであればほぼ録音機能は付いていますし、無料のアプリもたくさんあります。席に着く前にそっと録音ボタンを押して胸ポケットに忍ばせたり、手帳の間に挟んで机の上に置いておけばきちんと録音することができます。

もし、前述したように脅しや悪質な引き止めにあった場合にはこの証拠があなた自身を守ることになります。

新卒の場合

c514b98a3baf18cb79f9adf7874499d4_s

新卒が1年目で退職するというのは稀ではあります。ではどんな理由で退職するのでしょうか?これはリクナビネクストのランキングを元にご紹介していきます。

出典:リクナビネクスト

第5位、仕事内容が面白くなかった

c7b901c01b8359d3d5d8a216570eccdb_s

どんな会社でもそうですが、新卒にいきなり大きな仕事を任せることはほぼないです。まず最初は簡単な仕事を覚えることから始めて、徐々に難しく責任ある仕事が回ってくるようになるのですが、それまでの退屈な仕事が耐えられないということもよくある話です。

この理由で退職する場合、この本音をそのまま会社に伝えても、理解を得て円満退社となる可能性はかなり低いです。”面白みのない仕事をやらせている”という事を認めてしまえば、他の新卒にもマイナスの影響があり、会社的にはその事を最も恐れるのではないでしょうか。

もしこの理由で退職をする場合いお勧めなのは、以下の方法です。

まずこの事は同期の新卒には絶対に言わずに、会社の上司や人事に相談します。その際は今の仕事内容に面白みを感じておらず、退職したい事は素直に伝えてもいいと思います。そして、同じく伝えた方がいいのは、

「もし自分がこの理由で退職することが同期の新卒に伝われば、今の仕事を必死に頑張っている人に水を差すことになる。また、もし内心で同じ事を考えている人がいれば、後に続くように退職を考えるかもしれない。そのようにして会社に迷惑をかけたくもないし、今頑張っている同期にはそのまま頑張って欲しいので、彼らに悪影響を与えずに、会社への迷惑も最小限になる辞め方を一緒に考えて欲しい。」

多少は引き止めにあう可能性もありますが、上記のように言われてしまうと会社としても無理に引き止めて事を大きくすることはしたくないはず。一方的に不満をぶつけてしまうと、会社もメンツがあるのでぶつかってしまうところですが、会社側の腹の中を理解し、「なるべく問題が大きくならないようにする」という共通の目的を設定することで、より円滑に事が進むのではないでしょうか。

第4位、給与が低かった

26e54af4e3bb8fe39b21cb3600c95361_s

新卒といえば、ほぼ最下限の給与が支給されるわけですが、就職活動時には当然金額の説明があり、その金額に納得して入社しているはずなので、この理由の背景には、

  1. 当初説明されていた初任給よりも給与が低かった
  2. 初年度の給与査定で思ったほどの昇級がなかった
  3. 先輩や上司の給与を聞いてしまい、何年も頑張ってもその程度の給料かと失望した

のどれかになるのではないでしょうか。

もし1に該当するのであれば俗に言うブラック企業の可能性もありますので注意が必要です。きちんとその事実を伝えた上で説明を求めても良いと思いますし、労働基準監督署に相談するのもありです。

2の場合はなんとも悩ましいのですが、大前提として昇級というのは、それに見合う成果や能力アップによって発生するものです。一度自分の胸に手を当てて、それだけのパフォーマンスを発揮したのかは見直してみることをおすすめします。

3については、私自身も上司や先輩の給与の低さに衝撃を受けたことはあります。それだけが理由というわけではないのですが、実際に将来が不安になり転職したこともあります。この場合は転職を考えるのも無理はないとは思うのですが、「この会社にいても安い給料で将来が不安なので退職します」と言ってしまうと会社の反感を買うので、他の理由にすることをおすすめします。

第3位、同僚・先輩・上司と上手くいかなかった

LIG86_yutorisedainikirerujyousi_TP_V

退職理由として、人間関係はよくあると思います。人の悩みを聞く分には「どこに行っても気に入らない奴の一人や二人はいるんだから、もう少し我慢すれば。」と言いたくなりますが、本人にとっては大きな問題だと思います。

この場合の対処方として、もしできることなら退職の前に部署の異動を人事に申し出るというのも一つの手だと思います。この場合の上手な方法として、まずは組織配置の決定件のある立場の人に相談することをおすすめします。

第2位、労働時間・労働環境が不満

4c1cb182248190c3ae954c4efeb500b7_s

労働時間については、クリーンにやっている会社も多くありますが、先日の電通の事件でもあるように、まだまだ改善されていない会社もあります。

この場合の伝え方として最も多いのは、それ自体を理由退職の理由とするのではなく、

  1. 労働時間や環境が合わないことで、体調が悪化している
  2. 家族(両親やパートナー)から強く退職をすすめられている

など、別のところに悪影響が出ていることを伝えると会社の理解を得やすいかもしれません。1については、やはり社会的な問題に発展するリスクを考えると、環境を改善できないのであれば退職を認めざるを得ないと思いますし、2については、客観的な立場の第三者の存在というのは会社からしても無視できません。

第1位、上司や経営者の方針が合わない

9969d8154ccf0e0309e6904d771f014b_s

これは新卒に限らずに良くある理由です。特に小さい会社の場合は経営者や役職者の独裁となる可能性が高くなる傾向にあり、それに納得や我慢ができない場合は退職という選択肢もありだと思います。

ただ、この場合にはそれをダイレクトに伝えるよりも他の理由を用意した方がストレスは少ないと思います。自分のやり方を否定された方は当然いい気分はしないはずです。

仕事を辞めるときの言い方、言う相手は?

では実際に退職を伝える時にはどうすればいいのかを説明します。いつ、誰に、どんな順序で伝えるのか。退職というのは本人にとっても会社にとってもデリケートなことなので、きちんと手順を踏んで、賢く円滑にすすめたいですね。

会社ではまず誰に相談する?

8ebcf0c7afa10d915a8f67a2297899c1_s

まず重要なのが退職の意向を誰に伝えるのかという事ですが、くれぐれも安易に同僚や後輩などには伝えない方が良いです。退職などのデリケートな情報はいくら口止めしても確実に広まります。それもすごいスピードで。そして余計な尾ひれ背びれまで付いたところで上司や人事の耳に入ることになるのです。

基本的にはまず直属の上司に時間をとってもらい、1対1で話すことをおすすめします。もし口頭で言い出しづらい場合は、メールなどで退職を考えている事と、直接話をする時間が欲しいということを伝えてみれば相手から時間をとってくれるはずです。

また会社によっては上司ではなく人事に直接伝えるのも良いと思います。いつも一緒に仕事をしている上司には言いづらいという場合は、まず人事に伝え、どのように上司に報告すればいいのかを相談してみるのもありです。

ポイントとしては、「いつもお世話にになっている上司には自分の口から伝えたいけど、どう伝えていいのかわからない」という趣旨の相談をすることです。そうすれば人事からアドバイスがもらえると同時に、かなり高い確率で人事から上司にそのことが報告されるはずです。

「実は●●さんから退職の相談を受けまして、あなたにどう伝えて良いのかわからないとのことでした。こちらからはとアドバイスをしておきましたので、近々相談がいくと思いますので話を聞いてあげてください。」

こんな感じで結果的にあなたが知る前に上司は人事から知らされるわけですが、実はこれが狙いです。人事への相談という建前で、なぜ退職したいのかなどを人事に伝えておくと、それはそのまま上司に伝達されます。

緊張するあなたと、突然退職を切り出された上司では、もしかすると冷静に話ができないかもしれません。しかし、人事というその道のプロが間に入ることで、あなたは退職理由をきちんと聞き出してくれて、整理した上で上司に報告してくれるのです。

また同時に、”上司に対して感謝しているからこそ言い出しにくい”といったニュアンスも、あなた本人が上司に伝えることは難しいと思いますが、人事を経由すれば伝えることができるので上司の顔を立てることもできます。

辞める事を伝えるタイミング・時期は?

cc81fdb44afb5482dd6539e5a668d8ae_s

会社は四半期(3ヶ月)、半期(6ヶ月)、通期(1年)といった単位で区切って経営計画を立てていますし、それに基づいて目標なども設定しています。ですので、その区切りの良いところで退職するのが最も一般的だと思います。

例えば、3月決算の会社であれば、毎年新しい期が4月から始まり、6月末で第一四半期が終わり、9月末で第二四半期と上半期が終わることになります。

また退職を申し出てから実際に最終出社日を迎えるまでには最低1ヶ月、一般的には2ヶ月前には申し出るのが望ましいと言われていますので、もし6月末の第一四半期の終了と同時に退職するのであれば、4月中には申し出をしたほうが良いです。

なんらかの役職に就いていたり、大規模なプロジェクトを担当するような方であれば、3ヶ月前〜半年前には退職を申し出ないと会社に迷惑がかかってしまう場合もあります。どれくらい前に伝えるが適切なのかは、現在の仕事における目標がどれくらいの期間で区切られているのかによって見極めれば良いと思います。

例えば6ヶ月後までの目標が決まっている場合、最初の2ヶ月までやって途中で辞めてしまうと、後の4ヶ月で会社が見込んでいた成果に穴を開けることになります。もしくは残った人達にあなたの分の仕事が上乗せされ、迷惑をかけることになるので、退職を申し出てからでも、一度引き受けた目標やプロジェクトはきちんとやり遂げることが社会人のマナーと言えます。

やってはいけないNG例

cc4ac752a28ab539855c83754c790ad1_s

仕事を辞めるとなった以上、その会社に自分の未来は無いのですから、その本人は次のことを、そして自分の事を第一に考えるべきだと思います。しかし、それにしても人としてやってはいけない事があります。

まず辞める時に、ここぞとばかりに会社への不満や、特定の人への不満をぶちまけてしまう人がいますが、これはやってはいけません。倫理的にもよくないですが、それ以外にもあなたにとってのデメリットがあります。

その愚痴や不満をぶちまけている相手は、おそらくその会社でも気心が知れた仲の良い人達だと思いますが、今まで一定の信頼関係を築いてきたその人達からの信頼を失う可能性があるからです。

「気心が知れているし、自分が辛かった事も理解してくれるだろうからきっと不満を言っても共感してくれるはずだ」と思っている相手は以外と冷静にあなたの事を見ています。

また、中には会社の機密情報を持ち出したり、懇意にしていた顧客を引き抜いたりしてしまう人もいますがこれらは絶対いやってはいけないことです。

円満退社の秘訣

274122b394996dcc766774e82f1bdf0e_s

円満退社はそもそもそんなに難しいものではありません。退職者と会社双方がきちんとルールに則って手続きをすれば、多くの場合は円満退社になると思います。

  • どんな理由であれ正直に転職の理由を伝える
  • 重要なプロジェクトなどはきちんとやり遂げる
  • 会社や残る人に対するネガティブな発言をしない

あなたが新卒で入社した会社で、1年や2年で退職するとなれば「会社に対してきちんと恩を返さずに辞めるのか」と文句を言われる事もあるかもしれません。しかし、入社当初、なにもできない新卒にきちんと給料を払い続けたのですから会社の言い分も理解はできます。

そのような場合は、会社の心情を汲み取って真摯に謝罪を伝える事をお勧めします。その上で、「転職を決意した今、仮にその思いを撤回して残ったとしてもきっと後悔は残るだろうし、その状態で良い仕事ができる自信もありません。さらに迷惑をかけてしまう可能性があります」

と、自分のわがままや不義理な部分を認めながらも、なにがお互いにとっての幸せな道なのかをきちんと主張することで会社は認めざるおえないはずです。

仕事を辞める準備と手順

仕事を辞めるには具体的にどんな手続きが必要なのでしょうか。次の退職先が決まっている場合、そうでない場合など、状況によってその手続きはことなるのでそれぞれのケースをご紹介します。

退職届け、有給消化、退職の挨拶

まず会社に退職の意向を伝え、合意ができたら改めて”退職願(辞表)”を提出します。退職願は、会社によっては形式が決まっている場合と、自由形式の場合があるので事前に確認しましょう。

また直筆で記述する際には、鉛筆やシャープペンなど、消しゴムなどで簡単に消えてしまうものではなく、ボールペンやサインペン等を使用します。自由形式の場合は以下の内容を記載します。

============

退職届

この度、一身上の都合のため、●年●月●日(※正式な退職日)をもって退職させていただきたく、ここにお願い申し上げます

●年●月●日(退職願を提出する日)

部署名    氏名

株式会社●●商事  代表取締役●●殿

============

出典:リクナビネクスト(退職願の書き方)

有給消化

dc9483da16ff21db27e003a7a343c307_s

有休消化とは、退職に際して今現在保有している有給を退職日までに使い切る事を言います。例えば、有給が20日ある人が12月31日に退職する場合、有休消化をするのであれば12月11日までは通常通りに出社して、12月12日〜31日までの20日間は保有している有給休暇を使用することになります。

これは、自動的にそうなるわけではなく、何日有給が残っているのかを自ら確認し、その有給を消化することと、最終出社日がいつになるのかを上司に報告して有休消化を行うことが一般的です。

  • 退職日:その会社を正式に退職する日。※上記の例の場合12月31日が該当
  • 最終出社日:実質最後に出社する日。※上記の例の場合12月11日が該当

注意したい点は、残っている有給日数をきちんと確認することです。自分の勘違いで20日あると思っていたものが、18日しかなかった。なんてことがないようにしましょう。確認方法は、人事に直接確認すると確実ですが、毎月の給与明細に有給の残りの日数が明記されている場合も多いので確認することをお勧めします。

また、マナーとして、最終出社日までには引き継ぎなどの業務はきちんと終わらせておく必要があります。

退職の挨拶

pak24_akusyuwokawasuhutari1194_tp_v

退職の挨拶は、最終出社日にお世話になった方々に対して行います。目上の方や直属の上司に対しては自分から出向いて一人一人にご挨拶するのが礼儀です。忙しくなさそうな瞬間を見計らって「本日で最終出社になるのでご挨拶に伺いました」と一言いうだけで相手には通じると思います。

また業界や会社の文化にもよりますが、現在ではメールなどで挨拶をすることもあります。部署の人数が多かったり、予定が合わずに挨拶ができない場合などは、メールでの退職挨拶をおすすめします。

対面での挨拶の場合はあまり長く立ち話もできないので建前的なお礼を伝えて終わるのですが、メールの場合は自分の気持ちや感謝の思いなどを文章にすることもできます。

※以下、メールでの退職挨拶の例

============

件名:退職のご挨拶/自分の名前

本文:

●●部の皆様。

お疲れ様です。●●です。

私は本日が最終出社日となりました。本来ならば直接皆様にご挨拶をすべきところ、メールでのご挨拶にて失礼いたします。

在職中はたくさんの方々にお世話になり、本当にありがとうございました。

①入社以来、苦労したこと、失敗したこと、助けられたことなどの思い出

②そんな中でも、周囲の助けがありここまで続けてこれたことに対する感謝の思い

③在籍期間を通して、自分が何を学び、何を得たのか

④次にどんな環境で働くのかと、その新しい道を選んだ理由

最後になりましたが、改めて皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうご

ざいました。陰ながら、皆様のご活躍を応援させていただきます。

※必要に応じて退職後の連絡先などを記載しておく

==============

メールを送るタイミングは、最終出社日におくることになります。前述したように、上司や特にお世話になった先輩など、直接ご挨拶をするべき方々へのご挨拶が終わった後であればどのタイミングでも大丈夫です。

また注意点として、最終出社日に退職メールを送った場合、もし返信があったとしても出社しないので確認することができません。ですので、必要に応じてプライベートの連絡を文末に記載しておく場合もあります。

まとめ

ここまでお読み頂きありがとうございます。私の体験を元に、後悔しない仕事の辞め方をご説明してきましたが、過去4回の転職を今振り返って、若い頃の自分へのアドバイスという視点で執筆させていただきました。

仕事を辞めたことに対する「正解」と「不正解」は自分自身が決めることなので、結局は納得感が重要なのだと思います。”自分がどうしたいのか?”は改めて考えるととても難しい問いですが、是非きちんと向き合って納得できるキャリアを積んでいただきたいと思います。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする