仕事の「もう限界」とをどう乗り切る?サイン・原因・解決方法のまとめ

限界を感じる時のサイン

00c8b0d0fb9909989744794b845ab411_s

仕事で忙しかったり、上手く行かないことが続くと自分の限界を感じる瞬間があります。忙しさや緊張感、逆境といったものは、時にはやる気の源となる場合もありますが、限界を超えてしまうとやはり耐えられなくなり仕事どころではなくなってしまう場合もあります。

では、どんな状況が限界のサインなのか?

「無理かも」と思う瞬間が連発

7bb1dcd734e3e5717ba2bb8981680a6b_s

仕事をしていると、精神的にも肉体的にも疲れてしまうことは多々起きます。中には「本当に無理だ」と思うこともあると思いますが、人は強いもので、その無理な状況でも一つのことであれば大抵のことはなんとか凌ぐことができます。

しかし、無理だと思うことが同時多発的に起きたり、一難去ってもまたすぐに同じくらい辛いことが起き、それが立て続くようなことがあると本当に限界を超えてしまう場合があります。

また仕事での災難とプライベートでの災難が重なった場合などは、公私ともに気の休まる時間が無くなり、辛い状況からの出口や逃げ場がなくなってしまいます。

このような場合は本当に限界に達してしまう可能性があります。

辞めたいと人に漏らす

0f6591c11f47db549022d3451009ee3a_s

普段辞めたいという言葉を人に言わない人が、思わず口からこと言葉を発する時は限界の一歩手前の可能性があります。

「辞めたい」という思考になっている状況は、目の前の問題や辛い状況に対して完全にお手上げ状態であると想像できます。

また、おそらくこの言葉を吐く背景には、「でも辞めれない」と心の底では思っており、八方塞がりの状態に陥っているからだとも考えられます。仕事は物理的にはやめようと思えばいつでも辞められるものですし、少しでも嫌だなと思ったらためらいもなく辞めてしまう人も中にはいます。

Sponsored Links

しかし、この言葉が出るということはそれができない人です。もう限界だとわかっていても、そこから逃げ出せないからこそ助けを求めるようにこの言葉を漏らしている可能性があります。

ストレスが体調に出る

cc0f1942ab83b9214ed6f03658d51203_s

限界の一歩手前では、それが体や体調に出ることもあります。

  • 朝起きれない
  • 毎日のように腹痛や頭痛が襲ってくる
  • 蕁麻疹が出る
  • 耳が聞こえなくなる
  • 手足がしびれる
  • 貧血になる
  • 気温が高くないのに大量に汗をかく
  • 口内炎が大量にできる

これらは仕事で過度なストレスをおった人に実際に症状がでているところを見たことがあります。精神力でなんとか耐えていたとしても、体がその辛さに耐えられなくなっている状況だと思います。

感情がコントロールできなくなる

9318f7bc2b803d9ccee6152ed0262637_s

精神的にも身体的にも限界が近い状態にあると、感情面がコントロールできずにちょとしたことでイライラしたり、落ち込んだり、悲しくなったり、不安になったりと、少しの刺激でネガティブな感情になりやすくなる場合があります。

また、その状態にある時には本人はその異変に気付きにくいということもあるようです。正常時の状態を知っている人に「最近変だよ」などと言われた場合は、無理をしすぎていないか注意をした方がよいかもしれません。

限界まで追い込んでしまう原因

限界まで自分を追い込んでしまう原因はなんでしょうか?環境的な要因は様々ありますが、特に性格的な部分でそのような状況に陥りやすい人の特徴をご紹介します。

常に全力

6f3925b1a6e730587ff5d059447414e3_s

何事に全力で挑む人は、適度に手抜きをすることが下手な場合があります。例えば、学生時代にとにかく勉強を頑張った人。部活に打ち込んだ人などはその傾向が強いように感じます。

全力で挑むこと自体は決して悪くはありません。おそらく本人としても、全力で望むことで何かを成し遂げたという成功体験もあると思います。そのため仕事でも同じテンションで向き合おうとしているのだと思います。

しかし、学生時代と違うとすれば、仕事では「今日はここまでは頑張ろう」と、その頑張りにゴールを設定してくれる人はいません。仕事では、何をどこまでやるのかというのは自分で見極めてやらなければならず、成果を出しながら自分の健康面や精神衛生面は自分でバランスを取りながらやる必要があります。

真面目すぎる

bfb6856b9ed3d1af5c765502eb367a2a_s

職場には、必要以上に厳しいことを言ったり、悪気は無くてもきつい言い方をする人がいます。また、相手にはそんなつもりはなく何気無く言われた一言を必要以上に深く受け止めてしまう場合もあると思います。

根が真面目な人というのは、これらの言葉を必要以上に重く受け止めてしまう傾向があります。怒られたり、厳しい言い方をされると、言われている内容以上に、相手の”怒り”という感情に対して過敏に反応してしまったり、怒らせてしまった自分の責任を必要以上に感じてしまうのです。

真面目なこと自体も決して悪くはないのですが、世の中にはいろんな人がいるので、全てに真面目に向き合っていると疲れてしまいます。

人に頼れない

4c1cb182248190c3ae954c4efeb500b7_s

仕事は、特に会社に属して働くということは、周囲のスタッフと連携しながら頼り頼られて業務をこなしていくものです。

Sponsored Links

しかし、中には仕事を自分一人で抱え込んでいつもパンクしそうになってしまう人もいます。頼まれた仕事を断れなかったり、周囲に適切に協力以来をできないでいると、必然的に大量の業務に忙殺されていく可能性があります。

また、自分一人ではどうにも解決できない問題を抱えながらも、人に相談できずに悩んで多くの時間を費やし、結果的に失敗を重ねてしまうという場合もあります。

仕事も悩みも問題も、適切に分担したり、補い合いながらチームとして問題を解決していくというスタンスは、仕事をしていく上ではとても重要になります。

うつ病になってしまうパターン

仕事で限界を超えるとどうなるのでしょうか?よくあるパターンとしてはうつ病になってしまうことです。

うつ病はその重度も様々ありますが、近年大手企業が過酷な労働を強いた結果、残念なことに追い詰められた社員が自ら命を断つという事件もニュースになっています。

命を危険に晒さないまでも、うつが原因で仕事ができなくなったり、長期で休職をしなければならなくなったりと、様々な弊害があります。

うつに関しても、環境的な要因は様々あるかと思いますが、うつになりやすい傾向があるのでご紹介します。

甘えだと思って自分を責める

589d82d41d41f512c5e9b15c116ffaac_s

「辛い」と思ったり、「もう無理だ。限界だ。」と思う状況に陥っても、「こんなのは自分の甘えだ」とその感情を否定したり、そう思ってしまう自分を責めてしまう場合があります。

辛いという感覚や、精神的な限界値は人によって異なります。かりに他人が平気でも自分にとっては耐えられないこともあり、それを無理しすぎて我慢するのは健全とは言えません。

また人が精神的に最も辛いのは、人に否定されるよりも自己否定をしている時です。ただでさえ辛い状況の時に、自分で自分を否定するというのは追い討ちをかけるようなものです。

限界だということを人に言えない

48db2bd79c94a72e3ce38b9493dc6295_s

限界を感じながらも、それを人に言えないという場合も多いようです。確かに、自分から「もう限界です」とはなかなか言い出しづらいのも理解できます。

「甘えている」とか「軟弱なやつ」と思われてしまうのではないか?言ったところで何も解決しないのではないか?と思ってしまい、本音を飲み込んでしまうことも多いようです。

しかし、社会では親や兄弟のように、黙っていてもあなたの異変に気づいてくれたり、無理をしていることを察してくれるということは少ないようです。

逆に、周囲も悪気無く、”何も言わないということは問題がないのだ”と思ってしまいます。これは自分自身が健全に働く上でも、業務を円滑にこなす上でもあまり好ましいことではありません。自分のコンディションがよくない場合は、勇気をもって周囲にSOSを発信することも社会人として重要なことです。

限界だと思った時の対処法

限界を感じた時、その状況を乗り切るにはどのような方法があるのかをご紹介します。

周囲の人に相談する

c086d5643f9e1bfce547fa4c274c3409_s

限界を感じた時に、一人で抱え込むことの危険性はすでに述べてきましたが、改めて自分一人で抱え込んでしまう人の特徴をあげてみます。

  • 限界を感じた自分を「甘えている」と戒めて頑張ってしまう人
  • 強がりやプライドから、限界であることを正直に言えない人
  • 人に頼ることが下手な人

これらに該当する人は注意が必要です。

限界に近い状態ある人というのは、すでに冷静ではない状態にある可能性が高く、自分の状態を正しく把握できていなかったり、自分で自分にブレーキをかけることができない状態にある場合が多いのです。そんな状態で自分だけで抱え込んでいても、正しい判断はできないのではないでしょうか。

ではだれに相談すれば良いのか?「周囲」と一言でいっても、社会人ともなると自分の周りにはいろんな人がいます。

まずおすすめなのは、”職場以外の人”です。仕事で限界に達しようとしているのに職場以外の人に相談しても意味がないと思うかもしれませんが、会社の人に相談した場合、相手は良かれと思って励ましてしまったり、「君はまだやれる」など、限界への拍車をかけるようなアドバイスをしてしまう場合もあります。

逆に職場以外の人であれば、平常時のあなたと今のあなたを見比べて、どこがおかしいのかを客観的に指摘してくれますし、純粋にあなた自身のことを考えてアドバイスをしてくれます。

まずは、自分のエンジンがオーバーヒート寸前であることに気づき、速度を落とすことが重要です。そして精神的にも多少余裕ができたタイミングで、社内の人にも相談して業務環境の改善に具体的に取り組むことが理想だと思います。

会社を休む

e4f5dc3babb4faef4aa10d084e80d3c2_s

思い切って会社を休むことも時には必要です。この際、仮病でもなんでもいいです。できれば数日から1週間ほどの休みがとれてリフレッシュできればいいのですが、そうもいかない場合でも公休の前後1日を休んでいつもより1日長い連休にするだけでもいいと思います。

また、どうしても休みがとれない、とらせてもらえないという場合は、産業医に診断書をもらって休職する方法もあります。これはできれば避けたい方法だと思いますが、本当に心身が限界の場合にはこのような方法を取る権利は会社員にはあるのです。

また、強制的にでも休みを取ることで、その間に急速をとると同時に、「このような過酷な環境で働くことを自分は本当に望んでいるのか?」という事を改めて考える事もできます。

会社を辞める

cd5ace0fe497b2d6fe77581912ba7008_s

改めて冷静に今の環境を振り返ってみて、本心から望んだことではなく、健全な生活ができないのであれば会社をやめて転職をすることもおすすめです。

仕事は生活のため、人生を豊かにするための手段であって、人は仕事のために生きているのではありません。手段にとわられて本来の目的を見失わないようにしたいですね。

とわ言え、次の仕事が見つかるのかというのもまた重要な問題です。保証や確証があれば思い切って今の辛い仕事に見切りをつけることもできると思いますが、求人サイトを見ただけではなかなかわかりません。

そんな場合は転職エージェントに相談することがお勧めです。今の自分のキャリアで、やりたい仕事の希望、同じくらいの収入を維持して、次の仕事が見つかる可能性があるのかという事を率直に質問するのです。

必ず回答が得られるわけではないですし、エージェントが大丈夫と言ってくれたとしてもそれが保証になるわけではないのですが、彼らもプロで専門的に転職をサポートしているからこそ培った相場観というものがあります。

辛い現状を脱出した先に、新しい環境があるのかという疑問に対しては、彼らの意見というのは最も参考になるのではないでしょうか。

限界を超えるには

TAI85_jumpbiz20140823105007_TP_V (2)

限界の解決方法として、限界を超えるという荒技もあります。リスキーですし、さらに過酷な状況になる可能性もありますが、乗り越えた先には一回りたくましくなった自分がいるはずです。

では限界を乗り越えるためには何が重要なのでしょうか?

それは大きく分けて二つ。「具体的な目標」と「期限」の二つだと思います。目標というのは辛さの中にある希望の光です。掲げた目標に近づき、達成したときの喜びが自分を支えてくれるからこそ辛い中でも頑張れます。

もし、目標がなくただ辛さに耐えるだけというのはどんな人にとっても不可能なことだと思います。

また、もう一つの期限についても重要です。辛いことも、期限を決めるからこそ頑張ることができます。例えば高校の部活などはいい例だと思います。3年間しかないという期限が、辛くてもその期限内でがむしゃらに頑張るための動力になっていると思います。

辛い事もいつか終わると思うからこそ、頑張れるのではないでしょうか。

Sponsored Links