20代にありがちな仕事を辞めたい11の理由と対処方

辞めたい理由とは

00_pp03_pp_tp_v

「もう会社辞めたい…」働いていれば、だれにでもこんな時はありますが、それを人に相談したときに「なにがそんなに嫌なの?」と聞かれ、うまく説明出来ないときってありませんか?

もし転職などを考える場合は、何が本当の辞めたい理由なのかをきちんと突き止めておかないと、次の会社を選ぶ歳に、また同じ失敗をしてしまう可能性もあります。

また面接では必ずと言っていいほど聞かれる「転職理由」はまさにこの”辞めたい理由”ですので、改めてきちんと整理する必要があります。

理由がない・わからない

TAKEBEatamayamanu_TP_V

辞めたい理由を改めて考えると、「あれ、なんで辞めたいんだっけ?…」と明確な理由が出てない場合があります。ただ、出勤する毎日が辛く、ストレスであることだけは間違い無い。

この場合、きちんと理由を明確にするためにも、少なくとも1週間、できれば1ヶ月程度の日記を付ける事をオススメします。できればストレスや嫌だなというネガティブな感情を抱いた瞬間に、

  • その時の気持ち(怒り、不安、屈辱、退屈、などのマイナス感情)
  • その気持ちになったキッカケ

をメモします。スマホでもノートでもなんでもいいですし、自分がその時の事を思い出せればいいので、きれいな文章で書く必要はなく、走り書きで構いません。文字として書き出すことで整理されますし、あとで振り返れることが重要です。

そして後から振り返り、客観的に自分がどんな時に今の環境への不満を感じるのか、その共通点を探します。多くの不満の根源となっている部分が見つかれば、それを排除したり、それを自分が求める理想の形に置き換えることで解決するのですが、その1つの手段が転職になります。

甘えなのかも?

3f41e07d19f6aa03614819c3c471726e_s

誰しもが一度は悩んだことはあるのが、辞めたいと感じた時に、「これは自分が甘えているだけなのかな?」「現実から逃げているだけなのではないか?」という自分への戒めです。これは特に20代の若い人(特に新卒で入社した最初の会社で)にありがちな葛藤だと思うのです。

しかし、これも考え方1つで大きく変わります。「逃げる」という言葉が、とても自分が悪いことをしているような印象を受けますが、「回避する」と置き換えたときには、1つの賢い選択肢になると思います。

Sponsored Links

また、「甘え」と言われると自分が人間として未熟なように聞こえますが、「働くのは嫌だけど金はくれー」と言っているのであれば甘えですが、「いろんな会社、いろんな仕事がある中で、今の仕事が自分に合っていない可能性がある」と、きちんと自分の感情に向き合っているだけという捉え方もできます。

会社は一個人の人生のことは考えてくれません。あなたの人生やキャリアを本当に考えてくれる人はあなたしかいないですし、どんな環境がベストなのか答えを出せるのもあなただけです。周囲を気にしたり、アドバイスに耳を傾けるのは良いことだと思いますが、自分の人生を他人に委ねてしまうのも実は無責任なことだと思います。

私自身転職の経験がありますが、当然会社への不満が理由での転職もあります。実際にその立場になった人間として言わせてもらえば、不満を理由に転職するよりも我慢して会社に残る方が楽な選択です。とりあえず仕事はあるのです。

また自分の周囲の人間が転職するのも多く見てきましたが、退職時に「そんな退職理由は甘えだ!」と言われていた人が転職先で花開き、生き生きと働いて評価や収入も上がった例は多く見てきました。

仕事の環境に辞めたい理由がある場合

9969d8154ccf0e0309e6904d771f014b_s

仕事以外においても、人が生きていく上で環境というのはとても重要です。そして仕事とは、会社という組織で働く以上は、誰か1人に最適化されることは無く少なからず不満を抱く可能性があり、時にそれは我慢ならない程のストレスを抱える可能性もあります。

では、仕事における”環境”を分解した上で、転職したほうが良いケースをご紹介していきます。

人間関係

BL007-turibashide20140810_TP_V

人間関係が上手くいかない場合、非常にストレスがかかる事になります。そして、どんな会社にも相性の悪い人は存在します。また相性が悪いだけでなく、本当に性格が悪く俗に言うイジメを行う人も少なからず存在します。

人間関係の問題は、相性の悪い相手の存在や、性格の悪い人の存在自体に目が向きがちですが、その本質は、それらの人に対して会社がどのような態度を取るのかにあります。

例えば、人間関係が上手く言っていない人同士や、組織があった場合に、それを”会社としての課題”と捉えて解決するために取り組む場合と、それは”本人達の課題”として放置する会社があります。

前者の会社であれば一時のストレスはあれど、時間と共に解決される可能性があるので諦める前に会社に頼ることをオススメします。しかし後者の場合であれば、会社に訴えても改善される可能性は低く、最悪の場合「面倒くさい事を言って来る人」というレッテルを貼られる可能性もあります。また、会社が我関せずのスタンスを取ることで、至るところに人間関係の問題が発生している可能性もあるため、転職をすることもおすすめします。

また別のパターンとして、人間関係の問題に足して公平に扱われる場合とそうでない場合があります。例えば、社内でもトップの成果を出すA君と、あまり成果の出ていないB君との間に摩擦が起こった場合に、成果の優劣とは関係無く問題の原因を追求して、非がある方を正す場合と、成果が出ていないと何を言っても悪者になってしまう場合があります。

これも、前者の場合であればきちんと自分の主張をすることで解決する可能性もありますが、後者の場合はなかなか難しいので、諦めて環境を変えることをおすすめします。

仕事内容

0571a35f0d07c33697231b6496e00aa8_s

仕事内容に辞めたい理由がある場合は、第一に考えるのは会社の成り立ちです。例えば営業に特化し、自社ではおリジナルのサービスを作らずに他社の製品を売ることをビジネスとしている会社では、商品企画やマーケティングを希望しても、なかなか実現は難しいかもしれません。

また、会社の規模によって、小規模の会社であれば、1人の社員が幅広くマルチに業務をこなす必要がありますが、大きい規模の会社になると、勝手に他部署の領域を侵すようなことをすると問題になってしまいます。

もし、決められた領域できちんと自分の責任を果たしたい方にとっては、領域が曖昧な小規模の会社はそれ自体がストレスになる可能性がありますし、好奇心が高く、社内で自由に連携を取りながらスピーディーに仕事をしたい人にとっては、大規模の会社は組織のルールに縛られたやりずらい会社になってしまいます。

Sponsored Links

仕事内容が自分に合わない場合、まず最初に考えるのは、希望の部署への異動願いを申し出ることなのですが、社内にやりたいと思える部署がない。またはやりたい仕事内容は明確なんだけど、その部署が存在しない場合などは、会社を変える以外には解決の方法はないかもしれません。

労働時間

4c1cb182248190c3ae954c4efeb500b7_s

労働時間が退職の理由となるパターンは、大きく分けて2種類存在するかと思います。まず1つ目が、過度な長時間労働や休日出勤などが当たり前となっている会社です。これは会社の規模に関わらず存在します。

そしてさらに分解すると、長時間労働の原因がその社員個人の問題である場合と、会社の体質である場合に別れます。例えば、ミスをした社員がそれを取り返したり、問題の対応のために一時的に遅くまで仕事をしたり、モチベーションの高い社員が個人の学びの時間として、夜遅くまでデスクに向かってる場合があります。これは社員個人の問題として見ても良いかもしれません。

しかし、22時を過ぎてもほとんどの社員が残っていたり、終業時間を過ぎても平気で会議があったり、新卒は毎年のように徹夜で仕事しているなどの場合会社の体質として長時間労働が当たり前になっていると考えられます。

このような場合で精神的に辛かったり、体調を崩したり、プライベートの時間が確保出来ないことで家庭不和になったりする場合は、職場を変えることをおすすめします。

2つめのパターンとして、時短労働などの働き方に対応した制度の有無についてです。結婚して家庭を優先しながら働きたい主婦や、出産後に育児と仕事を両立させたいワーキングマザーなどはその制度が無いことによって転職をする場合が多いようです。

最近ではこれらの時短制度や自宅勤務など、希望にあった働き方を認める会社も多くなってきているため、自分が無理をしたり、会社に特別な対応をお願いするよりも、きちんと制度が整った会社で働く方がおすすめです。

自分自信に辞めたい理由がある場合

会社ではなく自分自身に理由があり、会社を辞めたいと思う場合があります。これは、仮に転職をしても自分自身に理由がある場合は、”辞めたい衝動”が繰り返される危険性があるので、注意が必要です。

実際にありがちな”理由”毎に、その対処法をご紹介していきます。

成果がでない

26e54af4e3bb8fe39b21cb3600c95361_s

成果が出ない時期というのは誰にでもあります。そして誰にとってもそれは辛い時期だと思いますが、仮に会社を変えても同じようにスランプに陥ることはあるので、転職では解決できません。まずは成果を出している人から吸収し、行動を変えることで必ず成果は変わってきます。

しかし、自分だけが成果が出ないわけではなく、会社全体として成果が出ない場合は話は別です。これは扱っているサービスの商品力が他社に負けている場合や、所属している業界が時代の流れで衰退し始めていることが原因の場合もあります。

この場合は、会社や業界を変えることで問題が解決する場合もあります。繰り返しになりますが、成果が出ないことで辞めたいと思っている場合は、「成果が出てないのは自分だけか?周囲も出ていないのか?」をきちんと見極めるべきです。

自分だけであれば、転職の前に仕事のやり方を変えて、努力する事をおすすめします。会社全体で成果が出ておらず、競合他社が順調な場合は会社の戦略に問題がある場合があり、他社への転職も要検討です。自社も競合も成果を出せていない場合は、転職で業界を変える事をおすすめします。

能力がない

f43ea7387a7f6cf86ca6beeea6ee999d_s

仕事で何をやっても上手くかず、必要な能力を身に着けようとしても、圧倒的に周囲におくれてしまう場合があります。これらは特に若い社会人に多いのですが、自分の適正を自分自身でも理解出来ていないため、相性の悪い職種に就いてしまうのです。

「やれば出来る!どんな人でも可能性はゼロではない」という考え方もあります。確かにその通りだと思う反面、相性の良くない仕事に就いた場合、相性の良い仕事の何十倍もの苦痛に耐えることになるのは間違いありません。

また、「相性が悪くてもどうしてもそれがやりたいのだ!」という強い意思があれば良いのですが、「会社から与えられた仕事だからやっている」というレベルのモチベーションではその苦痛に耐えられない場合もあります。「自分に合った仕事できちんと人の役に立てて評価もされる方が良い」と考えるか方の方が多いのではないでしょうか。

このように明らかに能力が無いと思う場合は、社内で別の役割に変えてもらうか、別の会社に転職することも必要だと思います。

くれぐれも注意しておくと、能力が無いというのは、今の環境との相性が悪いだけであって、人として劣っているというわけではないのです。世の中にはいろんな仕事がありますが、最初から自分に合った仕事を見極めるのは難しいです。

もし能力がないと感じたのであれば、「今の仕事は自分には合っていなかった」という1つの答えが出たと思ってポジティブに受け止め、次の可能性を探すことが大切だと思います。

向いてない・興味が持てない

c7b901c01b8359d3d5d8a216570eccdb_s

向き不向きや興味の有無は、仕事に魅力を感じて楽しめているか、そうでないのかという話になると思います。ここで重要なのは仕事に対して何を求めるのかです。

もし、”仕事は仕事、私生活は私生活”と割り切るのであれば、仕事には楽しさではなく、効率良く収入を得ることを最優先に考えるべきだと思います。もし、好きでもない仕事でも、高い評価と報酬を得ているのであればそれは割り切って考えた方がよいのではないでしょうか。

わたし自身も「出来ることとやりたいことは必ずしも一致しない」と若い頃に上司に教えられたのですが、成果が出ている場合は、”出来ること”つまり自分が能力を発揮できる仕事についているわけなので、それは非常に恵まれた環境です。

しかし、「仕事も人生の一部なので切り離して考えたくない」とうい場合や、向かない仕事なので興味が持てず、それによって成果にもつながっていない場合などは、その環境で得るものがないのは明らかなので、環境を変えることもおすすめします。

結婚

b22eabb47225dd804da1da1f0e5346ad_s

結婚を期に退職を考える人は多いようです。特に女性からよく聞くのが、「結婚を期にもっと自分がやりたいと思っていたことにチャレンジしたい」という話を良く聞きます。

チャレンジの対象は様々で、専業主婦としてパートナーを支えることに集中したいという場合もあれば、雇用形態や報酬に関係なくやりたかった仕事に就いたりと様々です。

独身時代の「収入を得て生活していかなければいけない」という条件がかわり、家族や育児といった別の条件が発生するため、それに対応した新しい環境を求めるのは自然な成り行きなのではないでしょうか。

将来性の無さに理由がある場合

20代でも仕事に対して「今は良いんだけど、先を考えると心配」という不安を感じる方は多いようです。その理由と選択肢をご紹介していきます。

このままでいいのか漠然と不安

imaric20160805310323_tp_v

この漠然とした不安というのは、数年間(ときには10年近く)に及んでほぼ代わり映えのしない同じ作業を坦々と繰り返している場合などに、多く感じる不安のようです。

仕事に変化があれば、それに対応するために自分も変化し、そこに成長を感じることができますが、変わらないというのは楽である反面、こうした成長感の無さは不安の元にもなります。

また、特に20代の方にとっては、若い期間というのは吸収や成長の時期であり、同じ年代の友達がいろんな経験を積んでいるのを見ていたりすると、その焦りも余計に強くなるようです。

確かに、企業の面接などで転職者と向き合っていても、”同じことを長く続けた”という事そのものを高く評価するというのはあまりないと思います。同じ能力を持つ人が二人いた時には、より短時間でその能力を身に着けた人の方が優秀だと判断される可能性が高いです。

また、同じことをあまりにも長い期間続けている場合、「会社がこの人に他の可能性を感じていなかったから別の仕事が与えられなかったのではないか?」と疑われる可能性もあると思います。

私は管理職をしているのですが、どんな社員でも早ければ1年、長くても3年程度で新しい役割を与えて成長を促すようにしています。もし、自分の意志で同じことを続けているのではなく、会社の都合であるならば、転職をして環境を変えることをおすすめします。

また、小規模の会社で特にこれと言った取り柄もなく、今後の成長も見込めない場合には「このままこの会社で働いていいていいのかな」と不安になるタイミングがあります。会社が成長を望まず、現状維持の姿勢をとっている場合、社員にも成長の機会は少ないですし、当然給与おが大きく上がることも少ないと思います。

一生この仕事はしたくない

MAX87_sabisisounahyoujyou20140531_TP_V

私自身20代のころは営業として朝から夜まで走り回っていました。当時はそれなりの充実感はあったのですが、同時に「この仕事は一生続けるのは体力的にも精神的にも無理だな」とおもっていました。そして20代の後半になったタイミングでマーケティングに職種を変えたのです。

これは必ずしも転職という方法だけでは無いと思います。部署の異動や役職が上がることで業務内容が変わることは十分にあります。ただ、重要なのはそのタイミングだと思います。

会社が社員に次の環境を用意するタイミングと、社員にとっての理想のタイミングは必ずしも一致はしません。会社からのタイミングを待っていて手遅れになるのが嫌であれば、自ら環境を変えることも必要です。

まとめ

”仕事を辞める理由”についてご説明してきました。実際に退職や転職の相談に乗っていて良く感じるのは、自分なりの辞める理由について、「この理由は正しい」、もしくは「この間違っている」といったように、無理やり正誤の判断をしようとしているのを目の当たりにします。

「正しければ辞めるし、間違っていれば辞めない」と感考えていて、その正誤判断を相談を通して他人に委ねようとしている(結局は会社を辞めるか続けるかを人に決めてもらう)のを見かけます。

辞める理由というのは正しいか間違っているかではなく、”強いか弱いか”でしかありません。そしてその答えは本人の中にしかないです。

あまり臆病にならず、自分に正直に判断することが、納得できる人生を送る上で重要なのではないでしょうか。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする