転職の失敗談から学ぶ、5つの失敗事例とその回避策とは?

転職失敗談

00c8b0d0fb9909989744794b845ab411_s

転職とは、誰しもがよりよい労働環境や、理想を実現するというポジティブな目的で行うのですが、必ずしもそれが叶うわけではなく、転職に失敗することもあります。

なにを持って”失敗”なのかは、本人の考え方次第ですが、転職に関わる失敗の事例をご紹介しますので、同じ失敗を繰り返さないための参考としていただければ幸いです。

★おすすめ記事→4度の転職活動で失敗も成功も経験したから言える、8の極意

①待遇や条件が違う

0e7ce46af2920ad048c196e55afdcb07_s

「入社したら転職時に提示されていた条件と実態が違ってた」という話は私自身でも実際に体験した失敗例です。有りもしない好条件を提示したり、転職者に勘違いさせるような説明をしたりというグレー(というかブラック)な企業も中にはあります。

このような企業に入社してしまうのは、正に”転職失敗”だと思います。

私の場合、転職時の条件交渉が巧妙で、提示された条件内での賞与やインセンティブの金額が実際よりも年間で100万円程度高く設定されていたのです。会社にこのことを相談したら、「賞与やインセンティブはそもそも保証されているものではない」という回答でした。

しかし、私よりも先に入社していた先輩社員達に確認したところ、「そんな額の賞与やインセンティブは過去にも支給されたことはない」とのことでした。

また、この転職で私は未経験でIT業界に飛び込んだ(※職種は営業)転職だったのですが、面接の段階で事前に「ITの専門知識は無いがそれでも大丈夫なのか?」ということを確認していた際に、会社の回答は「ITスキルが評価に関係するわけではなく、営業は売上をあげればきちんと評価される」との回答でした。

しかし、入社3ヶ月後の査定の際に、パソコンやネットワークに関する知識テストが実施され、その点数が査定に反映されるという、査定基準の改定が勝手に行われたのです。私1人のために全社的な査定基準を変えてくれとは言わないのですが、最初に言ってくれればその会社には入社していませんでした。

★おすすめ記事→転職でありがちな「後悔」の体験談と、その予防策5選

Sponsored Links

②社風・環境が合わない

d4b826871a8d82d2e2396ede8534cbba_s

過去にベンチャー企業に転職した際に異常な光景を目の当たりにしました。

その年は新卒が7名入社したのですが、”新卒研修”と称して1泊2日の研修が実施され、体育館で企業理念を8時間立ちっぱなしでひたすら大声で叫び続けるという、全く意味の分からないことが行われていました。

何故こんなことをするのか聞いたところ、会社の理念を強く浸透させることと、極限の状況に追い込んで同期間での絆を作ることが目的だとのことでした。

また、人前で会社への愛や役員への尊敬を訴える人は目に見えて評価され、そうでない人は評価されないという、新興宗教のようなことが本当に起きていました。

今振り返っても、「社風や環境が合わない」というよりは、この会社は明らかなブラック企業であり、それが問題だと思うのですが、実際にこのような会社はあり、入社するまではそれが見えないこともあるのです。

③ミッション・役割が求めていたものではない

0cf8062f8f804f0a14817dda8677ff1c_s

ミッションや役割とは、入社後にどんな事業にどんなポジションで携わるのかということです。それは、役職だったり、権限の大きさだったり、責任の範囲だったりします。

面接の段階では、こちらが求める役割に対して会社がそのポジションで働く事を前提に話が進んでいくのですが、実際に入社してみると事前の話と実態が大きくことなるというのはよくあります。

例えば、マネージャーとして組織を率いるという前提の話になっていても、実際に入社してみるとまずは現場で成果を出して欲しいと言われ、結局マネジメントには携われなかったり、自分の裁量で自由に仕事をして良いと言われたのに、実際は各方面に決済を取らなければならず、実際には自分に決裁権などない事が判明したりなど。

またその逆で、想像以上に重い責任を課せられたり、全くの未経験の業務に就くよう言われる場合もあるようです。

どの場合にせよ、ポジションや役割、仕事内容は、転職時に会社を選ぶ上でのとても重要な要素ですので、それが蓋を開けてみると違っている場合は転職失敗に繋がる可能性が高いと言えるでしょう。

④業績や事業展開が不調

26e54af4e3bb8fe39b21cb3600c95361_s

企業が人を採用する場合には、自社がいかに好調で将来性のある会社なのかをアピールするのはよくあることです。とくに中小企業やベンチャーの場合、ただでさえ会社規模が小さい事が転職者から見て不安要素になるので、必要以上に調子の良さをアピールする場合があります。

しかし、これが行き過ぎて実際とはかけ離れた事を言ってしまう事があるようです。

例えば、

  1. 創業以来、売り上げは毎年120%以上の成長をしている
  2. 今年は過去最高の利益が出ている
  3. 2年後には株式を上場させる
  4. 今後3年で従業員数を3倍にする
  5. この先1年間で新規事業を3つ立ち上げる
  6. 業界内でのシェアがもうすぐナンバーワンになる

などのトークは私が実際に面接で聞いた話です。これらは一見すごく勢いのある会社で業績が好調のように見えますが、実態としてはそうでもない事が多々あります。

例えば、1については言い方の問題です。もし年商数百億円の規模の会社が毎年120%ペースで売り上げ成長していればこれは確実に業績好調と言えますが、年商数億に満たない企業の場合は大した成長ではあしません(というかその規模だったら150%や200%規模で成長する企業も普通にあります)。

Sponsored Links

2については、それまでがずっと赤字だったとしたら、ギリギリ黒字で微々たる利益がでただけという可能性もあります。3〜6に関してはどれも計画や願望であってなんの根拠も無くても言えます。未来にどんな理想を描くのかは自由なのでなんとでも言えます。

これらを鵜呑みにして、「この会社は将来性がある会社なんだ」と思い込んでしまうと後で実態を知って後悔することになります。

⑤面接時の嘘がバレて評価ダウン

tayou85_yaritenoeigyouman20140823100721_tp_v

これは、面接の段階で自分をよく見せようとして能力や経歴を過大に伝えてしまったり、やったことないことでも経験があると嘘をついてしまう場合に、後になってそれが判明して信頼を失うパターンです。

転職で嘘を付くと、多くの場合それらはあとでバレることになります。そして信頼を失った場合は給与面やその先のキャリアにもマイナスの影響がありますし、社内での人間関係も上手くいかなくなる可能性が高いです。

また、もし同じ(または近い)業界で転職をした場合、かなり高い確立で前職の会社につながりをもつ人がいます。そしてあなたが転職したことはスグに伝わることになるのですが、そのときの話題として「●●さん(あなた)が最近ウチの会社に転職してきたんだけど、そっちの会社にいたときってどんな感じだったの?」という会話になります。

その時に、全ての真実がさらけ出されるのです。もし役職や経歴を偽っていれば嘘がバレますし、仕事が出来るか出来ないかなどの評判も伝わります。

またもしそこで嘘が発覚した場合、それらのゴシップは転職先の部署全体に広まることになるのです。

★おすすめ記事→転職の面接でほとんどの人が実践してない重要なこと

失敗しないための対策

①の対策『条件の確認方法』

0f4bc1920de79d5a3f6e15e89d8ba1c3_s

入社後に提示された条件が異なってしまう場合の解決策として、きちんと面接の段階で条件を確認することが重要です。では具体的にどのような事を確認すればよいのかをご紹介します。

  • 条件は書面はメールなどの文章で残す
  • 可能であれば、給与テーブルや評価項目を事前に確認する
  • 給与シミュレーションなどは鵜呑みにしない
  • 賞与などは過去2回分(前回、前々回)の支給実績を確認する
  • 役職ごと(課長、部長など)の平均年収を確認する

これらの項目を事前に確認できれば、ある程度実態が見えてくるはずです。また、シュミレーションなどの”想定値”などはあまり宛にしないことと、条件は必ず書面で提示してもらうことをおすすめします。

また転職の場合は初年度の年収を保証してくれる会社もあります。最初の1年間は、成果に関係無く提示される金額を保証するのです。多くの企業は半年ごとに査定を行うのですが、この場合は入社後の最初の査定はあえて行わずに、「現状維持」という形で2回目意向の査定ではじめて査定を行う場合もあります。

もし不安であれば、そのような対応が可能か確認してみることもおすすめです。

②の対策『環境の見極め方』

b64a6014494a5ee1385c7f5be4873ceb_s

まず、面談で説明されることは100%信用することは避けましょう。相手(面接官)があなたを入社させたいと思っている場合、そこでマイナスになるような事を言うわけがありません。基本的には自社をよく見せる営業トークだと思うほうが無難です。

また、ホームページや求人サイトなどの情報もやはり”会社がよく見える”ように作られていますので注意が必要です。これらは全て会社がお金を払い掲載されており、当然内容を監修しているため、基本的に会社に都合の良い内容となっています。

情報を見極める際は次の2点に分けて見極めることをお勧めします。

  • 具体的な事実
  • 主観的な感想

例えば、「入社3年目25歳で部長として活躍している人もいます」「年間の有給取得率70%」「夜20時には全員退社しています」これらは情報に具体性があり、事実を説明しています(嘘が無いという前提ですが)

しかし、「頑張れば頑張った分きちんと認めてもらえる」「プライベートを充実させることも大切だと考えています」これらは、具体的なことは何も言っていませんし、主観的な感想なので全ての人が本当にそう感じているかは微妙です。

オススメの確認方法は、まずその会社のOBやOGがいれば、直接会って話を聞く方法がもっとも有効です。それがダメな場合は「社名×評判」などのキーワードで検索すると、口コミなどが見つかる場合もあります。

③の対策『役割・ミッションの確認方法』

fdd7c03873129f3fbe98876df3a7abd0_s

役割やミッションを確認する方法としては、人事や経営者の話を聞くだけでなく、現場の人に合わせてもらうという方法があります。

例えば、管理職のポジションで入社するのであれば、今現在その部署を担当しているマネージャーとの面会を申し込むのです。その場合、相手からすると自分の後任になる相手と面会することになるのですが、本人にその認識がなかったり、自分の部下を採用するようなスタンスで接してきた場合などは経営層と現場で認識がズレていることになるため、注意が必要です。

また、入社後に自分の直属の上司になる人に会わせてもらうこともおすすめです。面接をする中で会えていればいいのですが、もしそうでない場合は、実際に面談をして、自分の業務や責任範囲、裁量の大きさなどについて確認します。

よくあるのが、採用後に「当初聞いていた状況と話が違う」という事を上長に伝えても、「自分は面接に出ていないし、そんなことを約束した覚えはない」と言ってあしらわれてしまうパターンなんのですが、その言い逃れをできないように事前に本人から確認をとるのです。

もし、質問に対してあやふやな回答をするようであれば、注意が必要です。

④の対策『業績や事業展開の確認』

57a17287cb075ab8e46b8ed89c0f1d51_s

未上場企業の場合、業績の開示義務などはなくほとんどの企業が業績内容を公開していません。そのため、確認のしようがないのですが、それでもいくつかの質問をすることでおおよその状況を把握することはできます。

まず、現在の売り上げや利益についてはダメ元で聞いてしまうのがいいでしょう。機密情報を聞く事になるので多少の勇気はいると思いますが、そもそもそれを言い出したのが会社の方であるならば、「ちなみに現在はどれくらいの規模なのですか?」と聞くのは当然のことです。

また、売り上げや利益規模を測る方法として、現在の顧客数やサービスの平均的な取引額などを聞くとおおよその売り上げは見えてきます(平気単価×顧客数=売り上げ)。

もしくは、営業の一人当たりの売り上げ(利益や顧客数の場合もある)と、営業人数を聞く事でもおよその売り上げ規模は把握できます。

また、事業展開などの今後の展望に関しては、そのためにどれくらいの投資を行うのか?どんな組織体制で新規事業を始めるのか?新規事業はいつまでにどれくらの規模に達する事を目標としているのか?その事業の立ち上げのために、今現在どんな人を何名採用しようとしているのか?などの具体的なことを質問してみます。

これらの質問に「まだそこまで具体的には定まってない」とか「様子を見ながら徐々にお金や人を投資していく」などの回答だった場合は、その事業展開はまだまだ妄想段階であり、そもそも実行されない可能性が多くあると思った方がよいかもしれません。

転職を失敗した場合のデメリット

すぐ辞めて無職

00_pp03_pp_tp_v

転職の失敗例として最も辛いのがこのパターンではないでしょうか。希望を抱いて転職したにも関わらず、働きはじめてみたら全く想像と異なり、我慢することが出来ずにすぐに辞めてしまうパターンです。

短い期間で退職をしてしまうと、経歴に傷がつくことになり、改めて転職をしようとしてもなかなか採用されずに最悪の場合無職になってしまう場合もあります。

前職に出戻りして給与ダウン

6691c9b62678ed0e033d2a2fb2222520_s

転職に失敗すると、転職したことを後悔すると同時に前の会社がともて良い会社に見えてくる場合があります。「出戻り」とは、このように一度は出ていったけど、結局戻ってきてしまう事を言います。

この場合、本人の意向で元いた会社に戻る場合、転職する前よりも給与が下がる可能性が高くなります。結果的には”無駄な転職”となってしまうパターンです。

成長の機会を失う

9969d8154ccf0e0309e6904d771f014b_s

私は過去に4社の会社を経験していますが、成長の環境というのは会社によってかなりレベルが違うというのが感想です。

まずはその会社にいる人材のレベルが大きく異ると思います。ビジネスレベルや専門スキルの高い人達と当たり前のように仕事をすることで、自然と成長できることがありますが、当然逆のパターンもあります。

転職しようとしている企業の平均年齢が若すぎる場合や、1人あたりの売上額(年間売上÷社員数)が、同業他社とくらべて低い場合は、社員のレベルが低い可能性があるので注意が必要です。

また、事業が成長している会社でないと、チャンスが少なくキャリアアップのチャンスが少なくなります。事業が成長している場合は、比例して人も増えていくので、管理職の数も同時に増えていきますので、そのポストに就く機会も増えます。

しかし、事業が横ばい、または下がっている場合は人を増やすことができないため、現状組織のままで進んでいきます。当然、無用に管理職を増やすことはできないので、上が詰まっていて役職に就くチャンスが回ってこない状態が起こります。

まとめ

転職の失敗談をご紹介してきましたが、実際の転職において”何をもって失敗とするのか”を定義するのは難しい部分があります。転職直後に失敗だと思っていても、その中で1年2年と頑張ることで、最初は見えていなかったチャンスがあり、結果的に良いキャリアが築ける場合もあります。

また、思ったような評価がされない場合や、役割が与えられない場合などは、会社に全て非があるわけでもなく、認めてもらえるだけの努力がまだまだ足りていない場合もあります。

転職成功の要素を全て会社に委ねるのではなく、多少の不満があっても自力で成功を掴み取るぐらいの意気込みも必要かもしれませんね。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする