転職でありがちな「後悔」の体験談と、その予防策7選&出戻りの方法

転職でありがちな後悔のパターン

cbd785f008dc4f77689dce0cc3c8688b_s

転職は選択と意思決定の連続ですが、最も避けたいのが後になってその事を後悔することです。実際の転職では、どのようなことに後悔が起こりやすいのか?について、私の実際の体験談をご紹介します。

また、後になって振り返って、どうすればその後悔が避けられたのかもご紹介するので、是非参考にしてほしいと思いま。

会社からの引き止めに応じて後悔

6c9b7db12e09270f4eb29765a13ce681_s

会社に退職の意向を伝えると、大体の場合が引き止めに合うことになります。会社側が引き止める場合、以下ような引き止め文句があります。

  • 「あなたはまだ未熟だから他の企業に行っても通用しない」
  • 「転職をしても給料が下がるだけ」
  • 「今後あなたに重要な役割を任せようと思っていた」
  • 「あなたは今後の会社にとって重要な人材だ」
  • 「同じ業界では仕事はできないよ」

後悔した体験談①【転職リスクを強調する】

私は上記の中で実際に2つのパターンを経験しました。1つ目のパターンは、「今のお前が転職なんかしても絶対に通用しない」と、転職することが如何にも間違った判断であり、ネガティブな未来しかないという説得をしてくるのです。

これは、ある程度の年齢になり、冷静に物事の判断ができるだけの社会性があれば、あまり問題にはならないのですが、20代の前半~中盤の若い人の場合や、初めての転職の場合などは、転職に関する知識や経験が乏しいため、どうしても不安になってしまい、迷いが生じる場合があります。

私は不安になり、一度は転職することを取りやめたのですが、ある日私を引き止めていた上司自身が転職をする事になり、呼び出されて「あの時はああ言ったんだけど、もし転職をするなら早いほうがいいよ」と言われたのです。どうやら、その会社では社員が退職を申し出た場合のマニュアルのようなものがあり、そう言わされていただけのようです。

私は、上司が何故辞めるのかが気になりその理由を聞いたところ、上司は過去に幾つかの会社を経験し、転職で入社した人だったのですが、はっきり言って今の会社はブラック企業であり、その事に嫌気がさしての転職ということでした。

私がそこで学んだのは、引き止める際に、何の根拠も無くネガティブな事を言ったり、人の可能性を潰すような言い方をする会社は、体質的にあまり健全ではないということです。その後私も転職したのですが、もっと早く辞めておけばよかったと後悔しました。

後悔した体験談②【昇進や昇給を匂わせる】

2つ目のパターンは、「お前は会社にとって必要な人材だ、今後重要な役割を与えるつもりだったし、当然給与も上がるはずだ」と、好条件を匂わせてくるのです。

これは、年代や社会人経験に関係なく、多くの人が迷うところなのではないでしょうか。しかし、実際にはその後の昇給や昇格はありませんでした。話が違うと上司に主張しましたが、「それはあくまで私個人がそうしたいと思っているという希望を伝えただけで、またその時と会社の状況も変わったので、仕方のないことだ。お前にその実力が無かったことがそもそもの問題だ」という回答でした。

Sponsored Links

信じた自分がバカなのですが、これは酷いなと思い同僚にも相談したら、その会社では其のような方法で引き止めるのが当たり前だったようです。

後悔しないためのポイント

①の【転職リスクを強調する】に関しては、まずは転職活動を実際にしてみることをおすすめします。幾つかの企業の応募してみたり、転職エージェントに登録して実際に応募にエントリーしてみれば、今の自分が世の中で通用するのかしないのかはスグにわかります。

誰かの意見やアドバイスなんて当てになりません。真実は、実際に行動してみなければ分からないのです。もし魅力的な企業と出会い、内定までもらえたらそのタイミングで退職を会社に伝えればいいのです。

そうすれば、どんな事を言われても。「もう既に行きたい会社もあり、内定も貰っているのでご心配には及びません!」ときっぱり言えます。

②の【昇進や昇給を匂わせる】の場合は、重要な見極めポイントとしては、まず退職を言い出す前に、今後の自分のキャリアの可能性を確認しましょう。もしそこで「昇進や昇給はまだ先だ」と言われた場合は、それが会社の本音です。

退職を申し出たあとにキャリアアップの条件を出されたとしても、それは引き止めの口実に過ぎず、実現の可能性は低いのであまり信用することはおすすめしません。

会社選びを妥協して後悔

67c7774099088531a074c527091fd764_s

転職活動をしていると、なかなか思うように転職先が決まらなかったり、精神的にも体力的にも負担がかかり疲れてしまうことから、途中で会社選びを妥協してしまうことがあります。

後悔した体験談③【会社選びの軸が無い】

私は、当時契約社員としての雇用期間が満了したため、特に明確な意思もなく流れ作業的に転職活動をしていました。つまり、今考えると自分自身に「転職する」という明確な意思が弱く。「契約満了しちゃったから次の会社探さなきゃー」ぐらいの状態で転職活動をしていたのです。

その結果、実際に転職活動を初めてみると、内定はいくつかでるのですが自分の中に明確な決め手が無く、結論を出せない状態になってしまったのです。「何を軸に判断するのか?」という明確な指針が存在しなかったので、内定が出て「Yes/No」の回答を求められると答えが出せないのです。

「この企業は給料はそこそこだけど、企業規模が小さくて不安だな。。この企業は規模は大きくて安定しているけど、事業内容にイマイチ惹かれないな。。」などと、結局何がしたいのか?ということが定まらなくなるのです。

結局選ぶ軸は年収になってくるのですが、年収の高い募集にはエントリーしても内定はもらえず、「イマイチ」な会社に面接し、内定がでても結局断ることを繰り返していました。そうなると、迷いと不安の中で精神はかなり疲弊していきます。

その結果、私は熱烈なラブコールを送ってくるベンチャー企業に決めたのですが、その理由は、一番積極的に誘ってくれたことと、自分と近い年の社員が多かったことと、ネット系のベンチャーでなんとなく勢いが有りそうだったという3点です。

今考えると、軸が無いために、自分を評価してくれる企業がなんとなくよく見えてしまったんだと思います。しかし、実際に働きはじめてみると、若いベンチャー企業特有の宗教的な社風、深夜残業も当たり前のグレー企業、という結果でした。

後悔した体験談④【給料が大幅ダウン】

転職でもっとも気をつけなければならないのが給料だと思います。私は実際に大幅に給料を下げた経験があるのですが、例えば年収500万円の人の給料が100万円下がった場合、生活にかなり支障が出ます。食生活、休日の過ごし方、最悪の場合住む場所を帰る必要(家賃の低い家に引っ越す)まで出てきます。

この生活が変わるということは、額面の数字が下がる以上に強い後悔が襲ってきます。いままで当たり前にやっていたことができなくなる時に、自分が惨めなように感じてしまうのです。

また、別の形で後悔した事もあります。とある企業では、現年収を下回る年収を提示されたのですが、そこに一つ条件が付いていて、「ストックオプションを支給する」というのです。ストックオプションとは、”未上場の会社が、自社の株を社員に支給し、上場した時にその株に価値が付いてお金に換金できる”というものです。ベンチャー企業などがストックオプションを支給する場合があります。

年収は150万円くらい下がるものの、ストックオプションを支給し、おそらく3年以内には上場して支給された株は1000万円程度の価値がつくだろうから、年収はダウンするけど全体での収入は上がるという話でした。

Sponsored Links

確かに夢のある話だと思ってその条件を飲んだのですが、目安としていた3年後になってもまったく上場する気配もなく、毎年のように社長は「来年には」を繰り返すばかりでした。

中には本当にその夢をつかむ人もいるようですが、実態としてはストックオプションがただの紙切れに終わることも多いようです。

後悔しないためのポイント

まず第一に、転職での一番の的は迷いであり、迷いの原因は、目的を定めないために起こります。転職者は迷いの中で徐々に冷静な考えができなくなり、転職活動自体から抜け出したくなってしまうのです。

そんな弱った状態になると、冷静な時には見向きもしないような会社が魅力的に写ることがあるのです。自分が「妥協している」という自覚があればまだいいのですが、そんな自覚もないまま「きっといい会社なのだろう」と漠然とした期待をいだきながら入社すると、大きな後悔を味わうことになります。

会社選びを妥協しないためにも、「企業に対して自分が求めるもの」とその「優先順位」をきちんと定めておくことが重要です。

また、給料とストックオプションは別物と考えるほうが無難だと思います。そもそも、ストックオプションを頼る事自体がギャンブルのようなものですので、給料は給料できちんと要求する。ストックオプションはその上でのインセンティブと捉えるほうがおすすめです。

内定辞退したことを後悔

cc81fdb44afb5482dd6539e5a668d8ae_s

転職内定を断った企業に対して、その事を後になってから後悔するとうパターンがあります。基本的に一度断った内定というのは、もう巻き戻すことはできません。

後悔した体験談⑤【魅力的な求人は最初に応募するな】

私が人生3度めの転職活動をしている時の話です。まずは転職エージェントに登録してスグに幾つかの求人が紹介されました。その中の一つに割りと魅力的な求人(A社)があり、スグにエージェントに面接をセッティングしてもらい、トントン拍子に内定。

同時進行で面接を受けていた企業(こちらはあまり行く気がない)も内定が出て、「これは調子がいいぞ!きっともっとハードルの高い募集でも内定を貰えるかも!」と調子に乗ってしまい、A社を始め、最初に出た内定を全て断ってしまったのです。

しかし、その後の面接では全く内定が出ずに最終選考までも残れない状態。結局その時は転職を活動自体を諦め、元の会社でもうしばらく働くことにしたのですが、終わってみれば最初に内定をくれたA社が最も行きたい会社でした。

もし時間を巻き戻せるのであれば、A社の内定に決めていたことは間違いありません。また、もしA社の内定が転職活動の序盤ではなく、中盤や終盤に出ていれば、軽はずみに断ることもなかったと思います。

後悔しないためのポイント

この失敗を教訓として私が言えることは、求人を見た時点で多少でも魅力を感じた企業は、序盤で応募しないほうが良いということです。

転職序盤での内定というのは比較対象が少ないため、どうしても決めきれずに見送ってしまう傾向があります。また、転職活動を始めたばかりだと、「他にももっと良い企業があるのではないか?」という可能性が邪魔をして、どうしても決断が鈍ります。

個人的なアドバイスとしては、求人サイトや転職エージェントからの紹介で求人をピクアップしたらまずは2次志望ぐらいの会社から面接を受け、手応えを確認、その後、一時志望の会社をまとめて同じタイミングで受けるのです。

この「一時志望はまとめて受ける」というがポイントです。同時に面接を受ける事で、合否の連絡も大体同じタイミングででますので、もし複数の会社から内定をもら得た場合に選ぶことができます。

もしタイミングをずらして面接を受けた場合、合否が出るのもズレてしまうので、同時に比較することができません。「A社からは内定をもらえたけど、B社はこれから受けるし…B社の結果も知ってから決めたいけど、その前にA社の回答期限が来てしまう。あぁどうしよう!」というもどかしい状態になるのです。

転職のコツは、「いかにして、良い条件の企業の内定を同時にテーブルに並べられるか」が重要です。

後悔が強いと鬱(うつ)になる場合も?

転職というのは、おそらく全ての人が「今の会社よりも転職したほうが幸せになれる」という期待を抱いて新しい環境を選ぶのではないかと思います。

しかし、もし転職した会社が蓋を開けてみたら全くの検討違いだった場合、そのショックは期待していた分大きなものになります。

後悔した体験談⑥【うまい話を信じすぎるのは危険】

転職活動で経営者と面接をすると、自社の事業がいかに好調で、今後の事業展開が魅力的なものかをアツく語られることがあります。

  • 公開はされていないが潤沢な資金調達に成功した
  • 今後複数の新規事業を同時に立ち上げていく
  • 主軸のサービスが市場シェアNO1で急成長している
  • 数年以内には海外展開することも決まっている
  • 自社だけの最先端の技術を有している

などなど。外部からはわからないので、根拠があろうがなかろうがなんとでも言えるのですが、実際に入社してわかるのは、これらのほとんどが妄想に近い不確定なものだということです。

面接でこれらの話を鵜呑みにしてしまうと、入社後にはまんまと騙されたという大きなショックを受けることになります。また、このような詐欺まがいの採用を行う会社というのは、社内の組織も多くの問題を抱えている場合や、俗に言うブラック企業である場合も多く、後悔と合わせてその環境からくるストレスとも向き合わなければならない場合があります。

そのような状況では、精神的に持ちこたえることができずにうつになってしまう場合も多いようです。

後悔しないためのポイント

まず第一に、あまりにも大きな話をする企業(社長や経営者)は基本的に疑ってかかるべきだと思います。その上で、ネットなどでその企業についてよく調べたり、転職エージェントなどを利用していれば、その会社を紹介してくれたエージェントとは別のエージェントにお願いしてその企業の実情を調べてもらうなどもいいでしょう。

(余談ですが、転職エージェントを利用する場合は、このような状況に対応するためにも複数の会社に登録することがおすすめです。)

また、組織の健全性を確認する方法もいくつかあります。例えば、ちょっと無理を言って面接の時間を夜の21時や22時といった遅い時間に設定してもらうのです。その時間に面接に行って、もし多くの社員が普通に仕事をしている場合は、深夜残業が当たり前の会社である可能性が高いです。

他には、社内の平均年齢と管理職の平均年齢を確認することもおすすめです。社内の平均年齢があまりにも低い場合、ミドル層の社員の定着率が悪いという可能性があります。その場合、若い社員はある程度ハードな環境にも耐えられますが、20代後半や30代にもなると、物事の見極めができるよになるので、会社の環境が悪かったり、先が無いと思えばどんどん退職していくので、結果的に社内の平均年齢が下がり、管理職までがほとんど20代ということになりえるのです。

面接での後悔談

acbe938177164d15286ef5ee5e60a041_s

面接では多くの人が極度の緊張状態となり、普段ならありえない失敗をしてしまう場合があります。

後悔した体験談⑦【面接でのネガティブコメントはNG】

私は人生2回めの転職の際に、よくある「面接対策」と書かれた本を読み面接対策をしていました、そこには、「あまり形式張った平均点的な面接では、”その他大勢の特徴のない人”と同じになってしまうので、多少リスクがあっても個性を発揮したほうが良い」と書かれていました。

そして、質問の回答をあまり作り込まず、自分の正直な考え方を伝えたほうが良いということが書かれていたのです。

それを間違って解釈した私は、現職の会社への不満や、何よりも収入を上げたいことなどをありのままに全て本音で伝えたのですが、見事に不合格。その後、転職エージェントから不採用の理由のフィードバクがあったのですが、転職の面接では絶対やってはいけないといわれているタブーをいくつも犯していたのです。

後悔しないためのポイント

私が犯したタブーは、以下のNGを全てやってしまったことです。

  • 現職に対するネガティブな発言はNG
  • 志望動機が「収入の高さ」はNG
  • 質問されてもいないことを一方的に喋る続けるのはNG
  • 「この先、どうなりたいですか?」と聞かれて、「特に考えてません」はNG

普通の人から見れば、「そんなこと言われなくたってNGってわかってるよ!」と言われるものが多々あると思うのですが、改めてこのようにご紹介しているのには訳があります。

その後、時は流れて現在では私自身が転職者の選考面接をおこなっているのですが、全く同じ過ちを侵す転職者がとても多いのです。私と同じ過ちを犯し、私に不合格にされるのです。

もし、転職者と面接官という形で出会っていなければ、絶対に「その面接のやり方は絶対にダメだよ。悪いことは言わないから、やり方を変えたほうがいい。」とアドバイスをするであろう人がたくさんいるのです。

もし、上記の方法で面接に臨んでいる人、もしくは臨もうとしている人がいたら、是非立ち止まって考え直すキッカケにしていただければ幸いです。

転職した事を後悔

転職した後に元居た会社の良さがわかるというのはよくある事です。在籍していたころは多くの不満を抱えていたものの、転職して環境が変わることで当時は見えていなかった良さをに気づくというパターンです。

出戻りのメリットとデメリット

出戻りとは、まさに一度辞めた会社にまた就職する(戻る)ことを言います。転職したことを後悔した人の中には、実際に会社に戻る人というのは実際にいます。在籍中にきちんと成果を出し、辞め際もきちんと職務を全うした場合は、会社も好意的に迎え入れてくれる場合は多いようです。

出戻りのメリットとしては、やはりその会社の事をよく知った上で再入社するので入社後のギャップというのはありません。また、その会社の良さを深く再認識したからこそ戻るので、迷い無く頑張れるというのも大きなポイントだと思います。

しかしデメリットもあるようです。

まず給与の部分です。以前と同じ給与がもらえるという保証はありません。また、以前に就ていた役職に戻れる保証も無いため、出戻った結果以前は部下だった人の下で働くことになり、給与も下がるという場合もあるようです。

また、もし次に転職しようと思った時に辞めずらいということもあるようです。仮に50代、60代であれば我慢して定年まで勤め上げるということも考えられますが、20代や30代の場合は、さすがにこのご時世で一生その会社にいるということは考えづらいと思います。

別の見方をすれば、現在ではキャリアアップやスキルアップといった社会人としての成長の手段として転職は一般的であり非常に有効です。居心地の良さを優先してストイックな成長から逃げてしまったり、成長を諦めてしまう事の方が人生スパンで見た時には大きなデメリットとなる可能性があります。

戻りたいと思った時の対処法

もし、「会社に戻りたい」と思っているあなたが、初めての転職(もしくはそれに近い状態)で、まだ転職後1年未満だった場合は、戻りたいと思ってももう少し我慢してみることがおすすめです。

転職経験が少ないということは、転職直後のストレスの経験が少なく、まだ慣れていないだけの可能性があります。私は過去5回の転職経験がありますが、転職直後〜1年くらいは毎回ホームシックにかかって前の会社に戻りたいという衝動にかられています。

これは、転職先の会社が根本的に合わないわけではなく、環境の変化からくる一過性のストレスの可能性が高いからです。

長い社会人生活を考えれば、働く環境が変わるということは普通に起こり得る事です。自ら転職しなくても、会社の倒産や統廃合、または生活面での理由から自分の意思は別として転職をせざるをえない時もあると思います。

つまり、転職直後のストレスや新しい環境への順応力というのも社会人としてのスキルとして必要なものなのです。それらに耐えてどんな環境でも対応できるようになる必要があります。

そして何よりも重要なのがその会社をやめる時に円満退社していることも重要です。辞め際に関係を悪化している場合は悪い印象がついてしまっているので、会社が受け入れてくれない場合もあります。

元いた会社に戻りたいことを伝えるには

とわいえやはり戻りたいと思った時にどうすれば良いのかをご説明します。大前提として、以前の会社があなたに良い印象を持っていなければ出戻りはほぼ不可能であることが大前提です。

方法はいくつかあります。一つ目は、経営者や幹部といった決裁者に関節的に伝えるという方法です。仲の良かった同僚などにたのんで、「退職した○○さん、転職先でうまくいって無いみたいですよ。やっぱりうちの会社がよかったって言ってました」と、それとなく今の現状をつたえてもらい、会社側の反応を確認してもらうのです。

もしそこで反応がよければ、当時の上司や信頼できる幹部を飲みに誘って、戻りたい事を伝えます。また、同時に今現在会社がどういう状況なのかを確認することも重要です。自分のポストや役割があるのか?そもそも人を必要としているのか?戻った時の条件はどうなるのか?といった部分です。あくまで飲みの席ですし、そこでの情報で何かが確約されるわけではありませんが、参考として事前に確認しておく事をおすすめします。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする