仕事の辞め方ガイド!手順・常識・注意点・NG例・企業の本音、全部教えます!

思い立ってから退職を伝えるまでの3ステップ

118950e4161e7673fa84cfd2e22bcf2e_s

仕事を退職しようと思い立ってから実際に退職するまでには、大きく分けて以下の3つステップがあります。細かい事を説明すれば他にもあるのですが、特に難く重要なポイントにしぼりました。

以下の3つさえクリアすれば、あとは時間が解決してくれたり、形式的な手続きなどになります。

①まずは相談して自分の気持ちを整理

909027f840c03404e81f3f5595fed25b_s

仕事をやめようかと考えた時、自分だけで意思決定をする人もいますが、多くの人は誰かに相談したくなると思います。相談の内容としては、

  • 辞めるという選択が間違ってないか?
  • いずれ辞めるとして、タイミングは今でいいのか?
  • 辞める上で次をどう探せばよいのか?
  • 自分が想定している以外に辞めるデメリットはあるのか?

とにかく自分以外の誰かに話しを聞いてほしかったり、客観的な視点げアドバイスをもらいたくなるものです。

個人的にも、自分だけで退職を決めるのではなく(特に年齢的に若くて、まだ転職経験が少ない場合は)、できれば自分よりも人生経験の豊富な人に相談して、客観的なアドなバイスをもらうことはおすすめです。

会社を辞めるということは、基本的にメリット・デメリットの数を比較すれば、デメリットの数の方が多いのが当たり前です。しかし、メリットの中にどうしても自分が譲れないものや、我慢できないものが含まれているために、デメリットが多くでも「退職」と言う選択をするのです。

大切なのは、多くのデメリットを受け入れてでも譲れないものは何のか?それをきちんと明確にしておくことが、退職したことを後から後悔しないための秘訣であり、同時に次に繋がるカギになります。

②転職活動をして、「次」がある状態に

e304ab7ef06ed9398246627968999032_s

退職をする場合の環境として大きく分けて2つの環境があります。

  1. 次の会社(もしくは進路)が決まってから退職する
  2. 次の会社(もしくは進路)が決まらないで退職する

1.であれば問題ないのですが、2.の状況はできるだけ避けることをおすすめします。働きながら転職活動をするのは大変ですが、仕事がない状態(もしくはなくなることが決まっている状態)というのは想像以上に精神的に負担がかかります。

Sponsored Links

希望通りの仕事がスグに見つかれば良いですが、退職して退路を立っている時に限って中々希望通りの会社から内定を貰えることが少なく(これは筆者の体験です)転職先が決まらずに時間だけが過ぎて、貯蓄だどんどん減っていく中で強烈な焦りと不安に襲われることがあります。

その状況になると、より良い環境を求めて退職したにも関わらず、「なんでもいいからとにかく内定を獲得しなければ」という思考になり、以前の会社よりも劣る環境の会社に就職してしまうことにもなります。

退職や転職などは、明確な正解が無い中で、多くの意思決定の判断を迫られるので、とにかく心の余裕が大切になります。その余裕がある状態(最悪良い転職先がなければ、今スグに転職することは諦められる状態)が重要です。

③退職意思を伝えるタイミング

3a92224e282ceb34f54ce4304ab32114_s

退職を上司に伝えるのは勇気がいることです。特に信頼関係があればあるほど言い出しづらいと思います。そんな中でも、最低限業務でのマイナス影響を最小限に抑えるための配慮が重要です。

ではどんなタイミングで伝えれば良いのかでいえば、四半期末、半期末、期末といった”事業の区切り」のタイミング”で実質的に業務から離れることが理想かと思います。

つまり、四半期末、半期末、期末の約1ヶ月~2ヶ月に会社に退職の意向を伝えます。そうすることで、会社でも欠員補充の採用を行ったり、体制変更で対応することができます。

期の途中で急遽退職すると、その社員が担っていた役割や目標を引き継ぐ後任が用意できず、目標や業務はあるのにそれをこなす社員が居ない状態となり、非常に迷惑がかかってしまいます。

何ヶ月前に言えばいい?

e269da681c340282ff5bbd7a932f5413_s

退職は通常2ヶ月前に会社に伝えるのが一般的と言われています。また、四半期末、半期末、期末といった期の切り替わりに合わせて退職することが望ましいことは前述しましたが、役職や役割によって、どれくらい前に伝えればよいかは多少ことなります。

平社員の場合

a42c34c31fdf5617a3fe500a87bdf0da_s

平社員の場合は、前述したように期の変わり目に合わせて、1ヶ月~2ヶ月前に伝えることが理想です。もし売上などの数値的な目標がある場合は、その目標が設定されている期間までをやりきって退職するのが理想です。

もし数値目標が無い場合や、目標に期間の定めが無い場合は、特にタイミングを気にすること無く2ヶ月前に伝えて、一応会社側の意向も確認してみましょう。

プロジェクトに参加している場合

ad6212056841e4f77257ee261a96c543_s

プロジェクトというのは、期間限定で取り組む業務や研究の事を指します。例えば、「組織改革プロジェクト」や「消費開発プロジェクト」などの社内で行われるものから、業務提携したパートナーや顧客など社外のプロジェクトメンバーと共に行われるものまで様々です。

もしこうしたプロジェクトに参加している場合は、そのプロジェクトの完了までをやりきることが望ましくなります。プロジェクトメンバーは、期間限定であるだけに、メンバーが変更することはあまり想定されておらず、もし変更した場合は、その後釜を任されるスタッフからしても決してやりやすいものではありません。

プロジェクトは数ヶ月単位のものから、数年単位のものまで様々ありますが、もし途中で退職しておプロジェクトから外れる場合は、後任への引き継ぎや、サポートに最大限尽力する必要があります。

管理職の場合

9258f936595f11e5a8e5851081290717_s

Sponsored Links

管理職の場合は、平社員と比較してより期間に余裕をもった退職スケジュールが必要となる場合があります。というのも、管理職というのは平社員と比較しても当然人数が少なく、だれでもなれるものではありません。

また、欠員補充をする場合も、管理職を採用で見つけるのはハードルが高いため、簡単に採用できなことが多いのです。募集を掛けても適任者が見つからず、平社員から抜擢しようにも見合う人材がいない場合は、後釜を見つけるまでに時間がかかる場合があります。

そのため、会社からの要望として、退社時期を3ヶ月~6ヶ月程度の猶予が欲しいと言われる場合もります。

また、管理職特有の重要な業務が部下の査定です。半期や通期のタイミングで、それまでの部下の働きに応じて査定をするのですが、部下の働きを見聞きして来たのはその管理職以外にはいないので、査定をせずに退職してしまうと、その部下達は、それまでの働きを見ていない人に査定をされることになり、ともすれば正当な評価をえられなくなる可能性もあります。

管理職は、事業に対しても部下の人生に対しても、責任の割合が大きいので、それなりに配慮が必要になります。

会社は辞めても人間関係は残る!

c086d5643f9e1bfce547fa4c274c3409_s

退職する時の”去り際”が重要な理由として、会社を辞めても、そこでの人間関係は続くことが多いことです。長い期間書けて築き上げた信頼関係も、去り際にいい加減なことをしてしまうことで崩れてしまう可能性があります。

反対に、最後の最後できちんと義理や責任を大切にできると、よりあつい信頼を得ることになり、長い人生においてはその信頼関係がとても重要になります。

辞める会社で人間関係を大切にしたほうが良い3の理由

9bd1aa8671b2119a9885a257940be345_s

その1、出戻りの場合もある

「出戻り」とは、一度辞めた会社にもう一度就職することです。可能性は少ないですが、実際に出戻りはあります。転職後に前職の魅力を再認識して戻りたくなる場合もありますし、優秀な社員であれば、会社から「戻って来ないか」と誘われる場合もあります。

退職する時には戻ることなど考えていないと思いますが、人生は何が起こるかわかりません。自分が戻りたいと思うかは別として、辞めた会社から「君ならいつ戻ってきてくれてもかんげするよ」といってもらえるような送り出しをしてもらえるのは良いことだと思います。

その2、思わぬ誘いが舞い込む場合もある

辞める会社には多くの社員がいて、その社員達もいずれ他の会社に転職していくことになると思います。そしてあなたを信頼してくれるそれらの同僚や部下、上司が転職先で人材を募集する際にあなたを誘ってくれる場合があるのです。

それが転職である場合もあれば、起業の誘いである場合もあります。とにかく、長い社会人人生の中で、信頼関係を築いた人が増えることで、あなたの可能性は確実に広がるのです。

目先の利益にはならないかもしれませんが、だからこそ長い期間かけて積み上げた信頼関係というのは、一朝一夕ではつくることはできず、そんな信頼関係が貴重なチャンスを呼び込むことがあります。

その3、取引先としてビジネスチャンスが広がることもある

「その2」で同じ会社で働いた同僚が、その後の人生でも様々な形で関わる可能性が高いことは説明しましたが、よくあるパターンとして、それぞれが異なる会社に転職し、取引先として再開する可能性もあります。

それは、顧客として自分から商品やサービスを購入してくれる場合もあれば、自分に良質な商品やサービスを提供してくれる場合もあります。

また、今の時代で最も重要なリソースである「情報」を運んでくれる場合もあります。

本来ビジネスでは信頼関係を築くことにとても苦労しますが、それが最初から構築できている相手が多くいるということは、それだけでも強みであり財産になります。

現在のビジネス社会では、「人脈」という財産の多さは、その人の能力の高さに直結すると言っても過言ではありません。

辞め方として最悪のパターン

cc4ac752a28ab539855c83754c790ad1_s

辞めてしまえば、たしかにその会社との利害関係はなくなります。「その後の事は関係ない」と言ってしまえば確かにそうなのですが、ありがちな「悪い辞め方」にも幾つかのパターンがあります。

以下に該当するような辞め方はくれぐれもしないようにしましょう。

バックレ

292857efe45a679f42d50977573182b9_s

バックレとは、なんの連絡も無くある日突然出勤しなくなり、そのまま退職するという方法です。数あるダメな退職方法の中でも最悪のパターンと言って良いでしょう。

業務に支障をきたして周囲に迷惑をかけるだけでなく、「事故にでもあったのではないか?」と余計な心配をかけることにもなります。またこの場合は、会社から親族などにも連絡が行くことになるため、自分のいい加減な行いが周囲にも知れ渡ることになります。

雑な引き継ぎ

6d63372d11ac89380414e941e1015056_s

多くの場合、あなたが退職しても、あなたが行っていた業務は継続するので、誰かが引き継ぐことになります。退職する場合、この後任に業務を引き継ぐことになるのですが、「辞めてしまえば関係無いから」という理由で、きちんと大切な情報を伝えずに引継ぎを終わらせてしまうケースがあります。

そうなると、率いつだ後任だけでなく、これまであなたと連携してきた関係者にも被害が及ぶことになります。

不正を行う

6607fc52b5c9e4d33fa7d96d3eba9333_s

退職における不正とは、会社の機密情報や会社が保有する顧客情報、個人情報などの重要な情報を持ち出したり、会社のお金を使い込んだり、故意にシステムなどの生涯を発生させたりすることです。

これらは「迷惑をかける」や「信頼関係を失う」といったレベルではなく、立派な犯罪です。退職していようとも、会社が警察に被害届を提出すれば逮捕される可能性もありますし、多額の損害賠償が発生する可能性もあります。

退職する社員に対する企業の本音

84da27919de86b2261edc12c18903973_s

会社を辞める時には、本人としてはいろいろなことを考えますよね。まずは当然自分自身がどうしたいのかを優先すると思うのですが、「このタイミングで退職してよいのか?」「上司や部下、同僚になんと言えばいいのか?」「今自分が担当している業務はそのあと大丈夫なのか?」など、周囲への影響も少なからず考えることになります。

時には、周囲の事を考え過ぎて言い出せなくなってしまったり、過度に悩みこんでしまう場合もあると思います。

私は、会社の幹部として小規模のベンチャーから大手まで、様々な会社で、”会社側の立場”で退職する部下や同僚の対応をしてきた経験があるのですが、退職する社員に対する会社の本音をご紹介します。

引き止めるのは本音?タテマエ?

2afee5ab2ebc5ab4c93b763d700a272f_s

引き止めは、正直言って相手によって本音の場合もあればタテマエの場合もあります。しかし、本音で「辞めないでくれ!」という事はほぼないと思います。私が管理職をしている時も10名ほどの退職を経験しましたが、本音で辞めないでくれと言ったことは一度もありません。

その理由として、かりに本音で引き止めて会社に残ってくれたとしても、相手は本心からそので働きたいとは思っていないわけです。「会社があまりにも引き止めるから仕方なく残っている」という状態の場合、どんなに優秀な社員でも、モチベーションは下がり、本来のパフォーマンスの半分も発揮できない場合が多いのです。

冷たい言い方をしてしまえば、会社を辞めると決めた社員には、経済的なメリットが期待できなくなってしまうのです。

ただ、あくまで本人の意思として退職を撤回して、やはり残りたいとなってくれればこれは今まで通りの期待ができます。そのため、会社が取る手段としては、明確に「残ってくれ」とは言わずに、退職することのリスクや、デメリットを過剰に伝えて「やはり残ったほうがいいかな…」と不安にさせる方法を取ることはあります。

本人が思うほどオオゴトではない

KEN852_mokutekichi_TP_V

真面目な人ほど、自分が退職することの影響を過大にとらえてしまいがちです。「自分が居なくなったらうちの会社はどうなるのだろう…」

はっきり言うと、あなたが居なくなっても全く問題ありません。他の誰かがその穴を埋めて今まで通りに運営されていきます。もしあなたが辞めた後に倒産するようなことがあったとしても、それはあなたが居てもおそらく防ぐことはできないでしょう。

また、もし社員が1人辞めたくらいで傾くような弱い会社であればそもそも先は長くありません。

残る社員への影響

bb2fd4400b43afec67089f34d076d295_s

起こり得るリスクとしては、優秀な社員が退職することで、その社員を信頼していた部下や同僚達が「あの人が辞めるなら自分も転職しよう」と同じく退職を申し出て、同時に社員が辞めてしまうとなればそれなりに会社にマイナスインパクトもあると思いますが、それでも生死をわけるようなことではありません。

それらの問題は会社運営には付きものなので、残った社員や幹部達で対応するべき問題です。そのことで退職者に文句を言うなどは大きな間違いです。

会社のことよりも、自分の意思や思いを優先することをおすすめします。

競合企業への転職

0f6bd666f9f8f265edd8649d4ab3e06c_s

優秀な社員や重要なポストを担った幹部ともなると、会社が一番恐れるのは競合他社への転職だと思います。これは、社員という財産を失うだけであればまだ良いですが、自社の情報やノウハウがまるごと他社に渡ることで、計り知れない経済的な損失が考えられるからです。

実際に、退職時に誓約書にサインを求められ、「競業避止義務規定」が設けられる場合も多くあります。もしこの誓約書にサインをした場合は、退職後でも退職金の返還や差し止め、損害賠償請求などが発生する可能性もゼロではありません(実際に裁判などになる可能性はかなり低いと想いますが、書類にサインをするということは、企業側はその行動を起こせるとういことです)。

もし、競合他社へ転職する場合は、誓約書にサインをする前に弁護士などに相談することをおすすめします。また、退職手続きなどの際に、人事が同席して「この書類はタテマエ的なものだから一応サインだけしといてー」などと言われる場合もありますが、あくまで誓約書なので気軽にサインするのではなく、「誓約書とかは、どんな場合でも一応知り合いの弁護士に相談してからにしてるんで、少し時間ください。自己責任になることなので、必ずそうしているんです。」といってきちんと確認することをおすすめします。

まとめ

仕事を辞めるというのは本当に体力と精神力が必要になります。また、人生を左右する大切な分岐点であると同時に、日頃あまり経験しないことが、同時に多く降り掛かってきます。

そんな特殊な状況では、人の本性がさらけ出る時でもあるので、周囲との信頼関係は大切にしたいですね。

また同時に、そらまで後ろ盾となってくれていた会社を相手取って、一個人として自分の意見や主張をきちんと通していくこともしなければなりません。ストレスもあると思いますが、自分の人生に後悔しないためにも、是非頑張ってほしいと思います。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする