今の仕事に飽きたかも…と思った時の確認・原因・解決法のまとめ

飽きている時のサイン6パターン

9f329751a3025da3022cedfe4977c736_s

仕事に飽きてしまった場合、その前兆となる気持ちや行動の変化があります。では、どのような変化があった場合が「仕事に飽きている」サインなのかをご紹介します。

朝早く会社に行く気にならない

これまでは、30分前や1時間前には出社して、その日の準備や日中の業務中にはできない雑務をこなしたり、新聞やネットでその日の情報をチェックしていたのに、ある日を堺にいつもの時間に起きられなくなるという場合があります。

もちろん、体調が悪いわけでも無いし、特別夜更かしをしているわけでもないのですが、何故か早く起きる気力がなくなり、「始業にまにあえばいい」という状態になるのです。

これは、それまでの仕事に対する緊張感が下がっていることが理由である場合が多いのですが、場合によってはその仕事に飽き始めている場合があります。

何か問題が起きても大体のことは対応できるし、一定の成果も出る。また、その仕事に対してそれ以上突き詰めてもスキルが上がる気がしない場合(既に一定のレベルに達している)にこのような状態になることが多いのです。

喜怒哀楽がなくなる

人は初めて経験することに対しては感情が大きく動く傾向にあります。仕事においては、初めて味わう達成感や成功に喜んだり、逆に失敗や思い通りにいかない事に落ち込んだりします。

しかし、一通りの事を経験し、それを何度か繰り返していく度に徐々に感情の振れ幅は小さくなり、刺激が少なくなっていきます。

これを「安定」と考えてポジティブに受け止める場合もありますが、人によっては「刺激の少ないつまらない状態」と感じることもあります。そうなると、物足りなさを感じてその仕事に飽きてくる可能性があります。

意見を言わなくなる

この状態は、「意見を言えない」のではなく、あくまで「言わない」状態です。本心では思ってもいなのに場の流れに身を任せて周囲の意見に合わせる場合も含みます。

要は、その仕事に対して「どっちでもいい」とか「どうでもいい」という状態になっているのです。本来であれば、自分が正しいと思ったことであれば、多少の摩擦や反対意見がでたとしても、その議論に参加している責任として思っていることは言わなければならないのですが、それを放棄している状態です。

Sponsored Links

これは、仕事に飽きている場合もありますが、別の問題として「その会社やその組織で働くこことに飽きている」可能性があります。「どうせ意見を言ったところで聞いてもらえない」と諦めているのです。

そんな状況で働くのは誰だって楽しくありませんし、自分の存在意義を感じることができないため、モチベーションを上げるのは難しくなります。

モチベーションが上がらない

モチベーションには常に高いということはありません。常に上がったり下がったりを繰り返すため、下がること自体は問題はないのですが、下がる一方で上がることがなくなってしまう時があります。

モチベーションが下がった状態とは、

  • チャレンジ精神がなくなり、リスクやデメリットばかりを意識してしまう
  • 行動的でなくなる
  • 一度やると決めたことも途中で諦めてしまう
  • できない言い訳を探すようになり、自分を守ることばかりを考えてしまう

このような状態にこころあたりがある場合は、モチベーションが落ちたままになっている可能性があります。通常であれば、時間が経てば自然とモチベーションが上がり、このような状態から脱出できるのですが、そもそも仕事に飽きている場合は環境が原因であり、その環境が変わらないためモチベーションの低い状態が続いてしまう場合があります。

ひらめきがなくなる

「ひらめき」とはどのように起こるのでしょうか?私は脳科学の専門家ではないのであくまで一個人の意見となりますが、まず第一に関連する知識をコツコツと頭にインプットする作業が必要になります。これは本を読んだり、人に相談したり、ネットで情報を探したりといった地道な努力が必要になります。常にアンテナを高く張っている状態です。

そして、仕事中はもちろん、仕事以外の時も頭の片隅でその事を常に考え続けていることで、何かのキッカケで「ひらめく」ことがあるのですが、この「コツコツ情報収集」、「アンテナを高く張る」、「常に考え続ける」とういのは、その仕事に対して情熱がないとなかなかできません。誰かに言われたからやるのではなく、自分自信が主体的に取り組んでいる状態です。

つまり、それまでいろんな事をひらめき、アイデアにあふれていた状態から、ピタッとひらめきがなくなるということは、情熱をなくしてしまいひらめくための準備や行動が出来ていないことが原因の可能性があります。

これは、その何らかの理由でその仕事に飽きてしまったことが原因の可能性があります。

夢中で頑張っていた時を懐かしく思う

「あの頃は頑張ってたな~」なんて言いながら少し前の自分を懐かしく思うことは無いでしょうか?そんな発言が出た時は要注意です。裏を返せば「今はそこまで頑張ってないな」ということなのかもしれません。

仕事では、役職が上がったり、役割が変わることで「頑張り方」が変わることはあります。例えば、新卒時代はがむしゃらに体力勝負で頑張っていたけど、中堅や管理職になり知的労働に変わっていくという場合などです。もし、このようなことであればあまり心配はないのですが、懐かしんでいる時代と何ら変わらない業務をしているのに、”あの頃が懐かしい”状態になっているのであれば注意が必要です。

同じことの繰り返しでその仕事に飽きてしまっている可能性があります。

仕事に飽きてしまう原因とは?

cc0f1942ab83b9214ed6f03658d51203_s

仕事に飽きてしまう背景には、その仕事に対する面白さが無くなってしましまうことが原因である場合が多いです。では、仕事が面白くなくなる背景にはどんな事があるのでしょうか?

単純にその職種や業界に面白みを感じなくなる場合もありますが、それ以外にも原因はあるのでご紹介します。

仕事がつまらなくなる

今仕事がつまらないですか?と聞かれて「はい」と回答できるのでればそれは間違いなく仕事に飽きているときだと思います。

ではつまらない時とはどういう時でしょうか?

例えば、確実に負けることがわかっているゲームをする時ってつまらないですよね?仕事も同じで、今の能力ではまるで太刀打ちできないような難しい役割の場合、悩んだり焦ったりという状況を通り過ぎると、完全に現状を放棄した状態となり、仕事がつまらなくなります。

Sponsored Links

また、自分個人の問題だけではなく、組織においてもその組織が有している能力と求めめられる能力にあまりにも乖離がある場合などは仕事をするのが馬鹿馬鹿しくなしつまらなさを感じる時があります。

仕事を楽しむには、現在の能力で実行可能、もしくは頑張った結果ギリギリ達成のイメージができるラインに業務の難易度を設定する必要があります。

承認欲求が満たされない

面白さを失う原因といて、「承認欲求が満たれていない」というケースがあります。多くの人は、集団の中で他人から「認められたい」「必要とされたい」という欲求がるのですが、これが承認欲求です。

以下の図はアメリカの心理学者マズローが提唱した「人間の5段階欲求」の」図です。

マズロー

先進国の日本では、①、②、についての身体的欲求はほぼ満たされており、精神的欲求をどう満たすかが「幸せな人生の鍵」となっているのですが、会社に入社して③が満たされると、次に求めるのが④の承認欲求となるわけです。

ただ、こればかりは他人から与えられるものなので、自分ではどうすることもできず、頑張ったり努力しても認めてもらえない場合は欲求が満たされないことになります。そして、それがどのように「飽きる」に繋がるのかというと、

認めてもらえない>努力や頑張る事が嫌になる>成果や能力が上がらず、更に評価されなくなる>認めてもらうことを諦める>仕事をつまらなく感じて飽きてしまう

このような負の連鎖が原因となり、仕事に対するモチベーションを失っていく場合があります。

自己実現ができない

誰しもが、「自分はこうありたい」「いずれこうなりたい」とうい理想を持っていると思います。前章でご紹介した「マズロー5段階欲求」の⑤にあたる、最も最上位の欲求です。これは、若い時の方が高い理想を持ち、それを実現するためのモチベーションも高い傾向にあるのですが、社会人となり時間が経つにつれてその実現が遠のいていく事があります。

そうなると、もともとあった理想が見えなくなったり、遠のいて行くことで、同時にモチベーションも失っていくのです。これは仕事の内容や環境などの外部要因ではなく、自分自信に原因があります。

環境への魅力を感じない

学校でも会社でも同じなのですが、気の合う仲間や、信頼・尊敬できる先輩や上司がいるとうだけで頑張れることがあると思います。「誰とやるのか?」は人のメンタルを左右する大きな要因と言えます。

よく「良い御縁」などと言いますが、会社ではどんな人達と出会うかは自分では決めることが出来ないため、良い出会いがあればそれは幸運ですが、反対に「その人がいる」ことでストレスを感じたり、人間関係が全体的に良くない会社や組織で働くことで、やる気を失う場合もあります。

「環境」をには別の要素もあります。社会の中でも注目されている会社に属して、他の会社では実現できない大きなビジョンに向かっている場合、それ自体がモチベーションに繋がることがあると思います。想像してみて下さい。

  • コンビニでレジ打ちの仕事
  • 世界初の民間宇宙旅行を実現する仕事

後者の民間宇宙旅行の方が相談な目的を掲げた目標だと思います。個人的な意見ですが、コンビニのレジ打ちに命はかけられませんが、民間宇宙旅行を実現に自分が貢献できるのであれば、命の危険でも受け入れる気がします。

「どんな目標を持ち、それを実現できるだけの能力があり、みんなが高い意思を持っている。」そんな環境であれば、仕事に飽きることは少ないように思います。しかし、反対に「誰にでもできる目標で、特に能力も必要とされず、意識も低い。」という環境では、その仕事にへのモチベーションを維持する方が難しいのかもしれません。

達成や勝利の可能性を感じない

ビジネスは競争の世界です。競争相手は、競合他者の場合もあれば、自社内の他部署や、個人的なライバルとその成果を競い合ったりと、いろんなところで競争が発生しており、目標を達成したり、勝負に勝つことは誰にとっても嬉しさを感じやりがいに繋がることだと思います。

しかし、反対に負け続けていたり、未達成が続いたりすると「どうせやっても無理だろう」と諦めが先行してしまうことがあります。この”負クセ”は個人で背負ってしまう場合もあれば、組織や会社単位で陥ることもあります。

こうなると、負けてばかりの仕事がつまらなくなってしまうのです。最初のうちは悔しさや、どうにか挽回しようという力学も働くのですが、あまりにも良い結果が出ない期間が続くと自分以外の誰かの責任にしたり、「そもそも会社の方針が間違っている」などと愚痴をもらすようになってしまうと負の連鎖に陥っていると言えるでしょう。

日々の仕事のマンネリ化

同じ仕事を5年、10年と続けているとその業務がマンネリ化してきます。良い意味ではその業務の習得度が上がり、無意識的に業務を進められる状態になっているという証でもあるのですが、確かに面白さからは離れていく傾向が強いようです。

適度な緊張感や努力、未知なことへの挑戦、失敗と成功が組み合わさった状態というのは今日より明日、明日より明後日に、微量ながらに改善があったり、自分の成長を感じることができるのでマンネリ化は少ないのですが、業務レベルが一定の水準に達してくるとそれらがなくなりマンネリ化していきます。

マンネリ状態にある時は、その仕事が嫌いになったという訳ではないのですが、やはり刺激がなく物足りなく感じる人も多いようです。特に成長意欲が高い人や、変化を好む人にとっては仕事に飽きる原因となるようです。

仕事に飽きてるor会社に飽きてるの

毎日の仕事が楽しくない時、その原因が仕事にあるのか、会社にあるのかが不明確な場合があります。きちんと原因をできていない場合、解決策としてとった行動が無駄になってしまうこともあります。

例えば、会社が原因だと思って同じ業界の他社に転職したのに、実はその仕事に飽きてたことに後から気づいた場合、大きな労力を費やして無駄な転職をすることになります。

また、今の仕事が嫌なのだと思って社内で他部署に異動をしたのに、その原因が会社にあった場合は結局状況は改善しません。

仕事に飽きている場合

仕事に飽きている場合とはどんな時でしょうか?「仕事」というものを定義する上でもっともわかりやすいのは、職種と業界の二つです。

例えば営業職の人が、アポイントをとって、商談をして、納品したらまた新たな顧客を探して…このプロセスを繰り返すことがつまらなく感じた場合や、販売職の人が毎日店頭で顧客との会話に飽きてしまった場合はその職種に飽きている証拠です。

営業であれば、これまでの顧客との経験から商品企画(売る側から作る側へ)などが魅力的に感じることもあるかもしれませんし、販売職のような一期一会の接客に物足りなさを感じる場合は、特定の顧客に深く入り込むような営業職やコンサルタントの方が楽しめるかもしれません。

また、業界の相性もあります。例えば対企業を相手にしたビジネスの場合は、費用対効果や競合優位性などを論理的に提案することが求められますが、一般の個人を対象にしたサービスの場合は、より感性に訴求するようなマーケティングや商品作りが必要になります。

これらは会社がかわっても根本的には変わらない部分なので、職種を変えたり、業界を変えないと解決はできません。

会社に飽きている場合

飽きの原因が会社にある場合というのは、

  1. 評価が得られない状態(役職の階級が上がらない状態)
  2. 周囲の人に魅力を感じない場合
  3. 会社自体が成長していない(業績が上がらない)場合

などの状況が挙げられます。

評価が得られない場合、それ自体がやる気を失う原因にもなるのですが、組織の中でもメンバーマネジメント→チームマネジメント→経営メンバー、といったようにポジションが上がっていけば、同じ職種であっても仕事の内容は大きく変わり、責任も大きくなります。そのような刺激がなかったり、今の会社に期待できない状況の場合は、より自分を評価してくれる会社に転職することで状況を打破することもおすすめです。

周囲の人に魅力を感じないことで職場に飽きてしまうというのは、新人や中堅にありがちな悩みかもしれません。会社内に自分のロールモデルとなる人材がいると、それを目標として頑張れるのですが、そのような人がいなかったり、逆に「将来こうはなりたくないな」という反面教師のような人材が多いと、その環境に魅力を感じなくなります。このような場合も飽きの原因は会社にあると考えても良いと思います。

会社自体が成長していない場合というのは、売り上げが上がらず、利益も横ばい。新規事業に挑戦するもことごとく失敗といった場合なとは会社全体に停滞感が漂います。また、社員にとっての挑戦の機会も必然的に減っていき、「現状維持」の状態が長く続くことで社員は飽きていきます。同じ業界、同じ職種であっても、順調に成長している他社に転職することで飽きずに働けるのではないでしょうか。

飽きた時の対処法

702061cfc0a785e9085ad368704dec1b_s

では、飽きてしまった場合にどのようにモチベーションを上げればよいのでしょうか?自分自信で出来ることを幾つかご紹介します。

出来る事を増やす

これは、【飽きてしまう原因】でお伝えした「承認欲求が満たされない」ことへの解決法と言えます。「出来る事を増やす」というのは、例えば営業職の人がITの知識を身に着けたり、事務職の人がExcelの関数のエキスパートになったり、販売職の人がアドバイザーの資格を取得するなど、現在の業務を軸として「必須ではないけどできたら理想だよね」という事を身につけることをさします。

こうすることで、まずは「その他大勢」とうくくりから抜け出て、あなただけの特殊能力を身に着けた状態となります。これによってまず周囲の評価が変わると同時に、「あなたにしかできない仕事」が見つかる可能性が高いのです。

重要なのは、「出来ることを増やす」ことで人との「違い」を自ら狙って作っていくことと、その「違い」が周囲に求められるという点です。

「人に認められるには?」と考えるとなかなか答えが見つからなかったり、ハードルが高くなってしまうのですが、違いを作ることはそんなに難しいことではありません。

自ら魅力的な目標を作る

これは「環境への魅力」を感じない時の対処法です。会社や組織といった外部環境に魅力を見つけられないのであれば、自らが魅力的な目標を立てれば良いのです。

例えば、「現在の職場で偉くなり、自分が組織を束ねることで『魅力がない状態』を変えて、部下や他の社員たちにモチベーション高く働ける環境を作る」などは素晴らしです。

また、人生設計での目標として、「10年後までに年収1000万円を達成する」と目標を掲げて、そのために頑張れば、環境に左右されずにモチベーションを維持することができます。

もし、自分自信の目標を立てたとして、今の会社に所属することがその達成を妨げるのであれば、思い切って転職をするのも良いと思います。例えば、自分の掲げた目標やビジョンが時に会社の理念と相反してしまう場合があります。

このような場合は、すぐに問題が発生することは無いのですが、考え方や志向の違いは、徐々に自分と会社の間に溝を作り、気づいた時にはその理想の違いから大きなストレスを感じるようになったり、今の会社での評価を得られなくなってしまう場合があります。

このような場合、無理に会社に合わせる必要はなく、今の自分にあった会社を探す方が幸せなのではないでしょうか。

やりたい事ができる部署に異動

これは、「自己実現」をするための方法になります。もし、今の仕事以上に魅力を感じる部署が他にあるのであれば、自ら移動願いを出すのも一つの方法です。会社内での異動というのは、会社が一方的に決めるものとして受け身でいる人も多いのですが、当然自分から希望を出すことは決して悪いことではありません。

会社からしても、社員全員に希望を聞いている時間はないのですが、自ら積極的に意見を伝えてくれるのは手間が省けて助かる場合もあります。また、他の社員が主張をしない中で積極的であるとポジティブに捉えてもらえる場合もあり、「任せてみようか」となる可能性もあります。

「どうせ自分の意見なんか」と諦める前にまずは行動してみることをおすすめします。それによって環境が改善されれば、よりモチベーションの向上に繋がると思います。

転職するのもあり

TAI85_jumpbiz20140823105007_TP_V

試行錯誤し、様々な方法を講じても以降にモチベーションが上がらない場合は、転職して環境をガラリと変えることも必要です。まず、会社を変えて「未知の領域」に踏み込むだけでも「飽きてしまった」状態は改善できるのではないでしょうか。

「飽きる」のは自然なこと

昔は、現在のよに機械技術やITが無かったため、職人のような人が一生をかけて一つの技術を極めてものづくりをするというのが、社会人としての在り方だったと思います。

しかし、現在では多くの技術が機会に取って代わり、ITの発達で世の中のトレンドは凄まじいスピードで変化しています。つまり、一つの事を一生かけてやる必要もなく、またそれをしていると5年や10年で時代遅れとなる可能性が高いのです。

仕事が同じことの繰り返しで、そのことに面白みを感じなくなる。または、時代についていけていないという感覚からその仕事に魅力を感じなくなり、「飽きた」と思うのであれば、それは正しい感覚であり、我慢することではなく、解決するべき状態なのではないかと思います。

「飽きたから転職」は悪い事ではない

まず、「仕事に飽きてしまう」ということが一見後ろめたい事だと思う人もいるよようです。「仕事は遊びじゃないのだから、「飽きた」なんていう理由で手を抜いたり、ましてや転職をするなんて無責任だ!」という考え方もあり、悩ましいところなのではないでしょうか。

しかし、一昔前は行きていくための手段であった仕事も、多少目的が変わり自己実現や承認欲求を満たすための手段いなってきています。特にまだ家庭を持っていない若い方にとってはその意味合いが強いのではないでしょうか。

つまり、現在では仕事に対して収入だけでなく、やりがいや自分らしさといった価値観を求めるようにり、「充実感や満足感を得られているか?」がその仕事を続ける上での重要な要素となっているのは必然だと思います。

その結果、「満足感を得れない=飽きてしまったから仕事を変える」というのは自然な流れのように思います。

辞める前に確認すること

では、いざ転職をする場合に本当に「飽きたから」と言う理由だけで会社を辞めてしまってよいのでしょうか?答えは NOです。

今回その仕事に飽きてしまったのはもう過去の事ですが、大切なのは次の会社は同じように飽きてしまわないように慎重に選ばなければなりません。20代の内は社会の事も、自分自信の事もきちんと理解出来ていないことは仕方ないとしても、20代後半や30代になって同じ事を繰り返すのは避けなければなりません。

そのためにも、今回「何故仕事に飽きてしまったのか?」「どうすればモチベーションを維持できたのか?」といった要因をきちんと整理し、それを踏まえて次のしごと選びに生かさなければなりません。

また、それは転職活動をする上での「退職理由」や「志望動機」に繋がるものです。間違っても、次の会社の面接で「飽きたんで辞めましたー。なんか面白そうなので応募しましたー」などと言った日みは絶対に転職先は見つかりません。

「仕事に飽きた」という事自体に罪はないのですが、それを期にきちんと自分と向き合って「自分が何を求めているのか?」を考えるキッカケとすることをおすすめします。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする