20代の転職を序盤・中盤・後半でポイント解説。共通して使える転職ノウハウも大公開

20代の転職とは

431c3c97f02290d3bb46b8ea5f16c743_s

20代は多くの人が初めて社会人となる年代ですが、早い方であれば20代のうちに転職を経験する人もいます。20代では、転職を考えるタイミングが一般的には3回ほどあるようです。それが、以下になります。

  • 新卒(新人)期:会社に不満を抱きやすい時期
  • 3年目:区切りをつけやすい時期
  • 20代後半:生活の変化や、30代に向けて新たな環境を求める時期

20代の転職を上記の3つに分けて、それぞれの時期の転職者が企業からどのように見られているのかと、転職成功のポイントについてご紹介していきます。

序盤:新卒(新人)期

新卒で入社1年目の内に転職というのは、正直あまりオススメはできません。転職の理由にもよりますが、「今の会社が嫌になった」であれば、”ストレス耐性の弱い自分勝手なやつ”と思われかねないですし、「どうしても行きたい魅力的な会社があったから」であれば、「受けた恩や義理よりも自分興味を優先する浮気者」とおもわれて信用してもらえない可能性もあります。

つまり、どんな理由があったとしても、転職先企業からすると、あまり良い印象は持たれない可能性が高くなります(新卒で入社した会社が倒産したなどの場合は別ですが)。

おすすめとしては、あと数ヶ月我慢して、1年間は今の会社に勤務することをオススメします。何故1年なのかというと、入社1年目~3年目までの社会人は「第二新卒」と言われ、転職市場でも注目される可能性が高いのです。

社会的な認識としては、1年以内(数ヶ月)で辞めるのか、とりあえず1年は頑張ってから辞めるのかで、印象が変わってくるというのが現実のようです。

また、1年程度で転職する場合、ネガティブな印象を持たれないためには、就職した会社が自分に合わないと感じた場合であっても、”転職”という解決策を取る前に、自分が会社に合わせるためにどのよな努力を行ったのかなどは重要なポイントです。

企業としては、採用する以上はきちんと腰を据えて働いて欲しいと思うのですが、短い期間での転職する場合、自分勝手にまたすぐ他の会社に転職してしまうのでという不安を抱くものなので、「協調性があるのか」また「そのために努力できるのか」を感じてもらえるような努力した事実があると安心してもらえる可能性が高いのです。

中盤:1〜3年目(第二新卒)

3年目というのは、「石の上にも3年」と言われるぐらいで、それなりに社会人として認められ、その領域においてのプロとして一定のレベルに達している時期です。

この頃になると、転職を考える人は多いようです。就きたい仕事、行きたい会社で働いている人は別ですが、多くの人は「自分が何をしたいか」「どんな会社に行きたいのか」の明確な答えが無いままに就職を決め、多少の我慢や疑問を抱えながらも3年間頑張って来たのですが、20代も折り返し地点(20代の半ば)を迎えて「このままで良いのか?」と冷静に考えるタイミングなのです。

そして、転職市場的には3年間をやりきっての転職というのは、第二新卒という見方をされ、歓迎する企業は多いです。第二新卒とは、大学卒業後数年以内の転職者のことを言い、3年目というのは、若さ、社会人としての基礎、一定の専門領域を兼ね備えた、いいとこ取りの転職者となるためニーズは高いと言えます。

Sponsored Links

20代後半

PAK77_sumahodetel20140823111801_TP_V

20代後半というのは、企業からして最も獲得したい理想の年齢と言えます。まだ若さがあり、同時に経験もあるため、即戦力であり今後の伸びしろも高い人材ということになるのです。

また、5年前後の実務経験があることになるのですが、それだけの時間があると、どんな経験をしてどんな成果を出してきたのかによって、能力やスキルに大きな差が出ます。

では、20代後半の転職の場合に企業がどのような視点で転職者を見極めているのかをご紹介します。

マネジメントはできるのか?(経験はあるか?)

20代後半になると早い方であればマネジメントを経験している場合があります。マネジメントは職種や業界に関わらず、組織運営をする上で必要になる能力です。また教えてできるものでもなく、どれだけの場数を踏んでいるのかや、それだけの規模の組織をマネジメントしてたのかも重要になってきます。

そのため、20代で既にマネジメントの経験があり、組織として成果を出した実績がある場合は企業にとっては非常に魅力的な転職者であると言えます。

また、どんな対象をマネジメントしていたのかや、それらの部下をどのようにマネジメントしていたのかといったマネジメント手法も注目されるポイントです。

マネジメントの対象としては、以下のようなパターンがありえるかと思います。

  • 新卒などの新人育成
  • 中堅社員を束ねて成果の最大化を行う
  • ベテラン社員を束ねる
  • アルバイトや派遣社員などをマニュアルやオペレーションによって運用する

このように一言でマネジメントといっても、その対象や目的などによって必要となるマネジメントスキルは様々です。自分がどんな経験をしたのかを、きちんと説明することが必要です。

即戦力か?

即戦力か否かは、これまでに経験してきた領域(業界や職種)に転職するのか、異なる未経験の領域に転職するのかによって決まります。

当然経験してきた領域に転職する方が採用される可能性は高くなりますし、高い評価を得られる可能性も上がります。

しかし、もし新しい業界にチャレンジするのであれば、20代の内をおすすめします。30代になると未経験の領域は狭き門となりますし、20代で多くを経験することによって30代での選択肢を広げることができます。

希望年収は?

20代の場合、基本的には前職の給与と同等か、良くても少し上がる程度だと思っておいた方が良いでしょう。転職によって給与が飛躍的に上がることはあまり無いと思います。

相場としては400万程度の年収が提示されているのであれば悪い方ではないですし、500万台であればかなり高い年収が提示されていると思って良いのではないでしょうか。

もし、現状の給与でこれ以上(600万や700万円)をもらっている場合は、高い確率で年収は下がると思った方が良いです。その理由としては2つあります。

  1. 社内での給与のバランスが取れなくなってしまう
  2. 高い年収を出さなくても採用ができる

若い人材があまりにも高い年収をもらってしまうと、それを知った社内の同年代や少し上のミドル層の社員から不満の声が上がる場合が多いのです。「長くこの会社で頑張っている俺よりも、なんで最近入った若造の方が給与がいいんだ?」と不満の火種になる可能性があるのです。

また、20代の平均年収は250万円~350万円程度です。ということは、この程度の年収を出せば人材は確保できるということです。確かに、あなたにはもっと高い年収をもらうだけの価値があるかもしれないのですが、企業からすればあなたの成果が保証されている訳ではないですし、能力面などは実際に働いて見なければ分からないため、「成果を出した上で、自らの力で昇給を勝ち取って下さい」となるのです。

あまり高い条件を主張すると、そもそも内定が全く出ないということにもなり得るので注意しましょう。

Sponsored Links

転職理由は?

0f4bc1920de79d5a3f6e15e89d8ba1c3_s

20代の転職理由としてよくある事例と、その転職理由の伝え方についてご説明します。転職理由というのは、本音ではネガティブな理由(今の会社への不満など)の場合もあるのですが、企業に伝える場合にはポジティブな側面を見せることが大切です。

キャリアアップ

20代に最も多い転職理由がこのキャリアアップです。より専門性を高めたい、能力を高めたい、などの理由です。

私は今現在面接官をしており、年間でも50名以上の20代を面接するのですが、キャリアアップを理由に面接を受ける場合にチェックするポイントがあります。

  • なにをもってキャリアアップと考えているのか
  • 何故今の会社ではキャリアアップできずに、転職したらできると思っているのか
  • キャリアアップに必要な要素をきちんと認識しているか

以上の3点です。「御社であればキャリアアップできると思って志望しました」という候補者に、「あなたにとってのキャリアアップとは、具体的にどんな状態になったらそれが実現したといえますか?」という質問をすると、回答に困ってしまう人が以外に多いのです。

これではキャリアアップは面接上のタテマエであって、「本気でそう思っているの?」と疑われても仕方ありません。

また、転職によってキャリアアップを実現したいという場合、今の会社ではそれが叶わない理由と、転職によって何故それが解消されるのかをきちんと説明できなければいけません。

面接をしていてよくあるパターンが、「より規模の大きい企業やネームバリューのある会社に転職することでもっとキャリアアップができると思っている」などの理由なのですが、企業の規模やネームバリューは個人のキャリアアップとは直接的な関係はありません。

この場合、「有名な企業に転職したいミーハーな人」とみられても仕方ありません。

転職の方法は?

53756a534c29ca31c1419b6d3bdad741_s

転職の方法は様々ありますが、重要となる要素をご紹介します。

転職し易い時期(月)は?

まず転職では転職時期(タイミング)がとても重要になります。これを間違えると自分の求める会社に出会える可能性が下がってしまいますし、少ない求人を他の転職者と取り合うような厳しい状況で、転職活動をしなければならなくなります。

では、企業の求人数と転職希望者の数を踏まえて、何月が最もベストなのでしょうか?答えは、”求人の数が多く、ライバルとなる転職希望者数が少ない月”がそれにあたるのですが、ズバリ、2月~3月と、10月半ば~11月末になります。

この時期は、企業の求人が増える割には求職者の数が多くないため、転職希望者にとっては有利な時期だと言えます。

★おすすめ記事→転職時期は何月がベストタイミング?成功確率を左右する重要ポイント!

履歴書・職務経歴書

転職をする場合、重要なポイントとして面接をどう乗り切るかに目が行きがちですが、履歴書や職務経歴書は同じくらい重要になります。

転職というのは、面接の前に書類選考が行われ、書類選考を通過した人のみが面接にすすむのです。つまり、書類選考で自分をアピールできなければ面接のチャンスは巡ってこず、当然内定を得ることも出来ません。

本当に自分の力が及ばずに書類選考で落選するのであればまだ納得も行きますが、もしその”書き方”が悪かっただけで、きちんと魅力が伝わらずにそのチャンスを逃していたとしたらこれほど勿体ないことはありません。

そして、実際に書類選考を担当する立場からすると、あまりにも下手くそな職務経歴書が多いことも事実なのです

★おすすめ記事→<職務経歴書>選考担当者に「会いたい!」と思わせる書き方とは?

転職エージェント

転職エージェントは転職を成功させるためには必須で利用したい転職サービスです。転職に対するノウハウのレクチャー、転職理由や志望理由などの明確化、大量の募集情報から最適な求人の紹介など、初めての転職者であっても充実のサポートが受けられることが魅力です。

20代の未経験転職では、ポテンシャルと言われる”可能性”に着目して採用が行われることが多くなります。このポテンシャルというのは自分自身で見極めるのは難しく、多くの転職者を見てきたキャリアアドバイザーに「どんな可能性を持っているのか」を見極めてもらうのはおすすめです。

また、30代は「何ができるのか」が重要になってきますが、20代は「何がしたいのか」という自分のビジョンが重要になります。やりたいことや、ありたい姿に合った仕事を選ぶことが重要になるのです。

★おすすめサイト→転職エージェントは未経験の転職こそ使うべき!その理由とコツ教えます

現在では、転職活動を行う際には転職エージェントという仕事紹介の専門サービスを利用することが一般的となってきました。この人材サービスには各社の特色があるのですが、上手く利用することが転職成功の秘訣となります。

そして、上手な利用方法としては複数の転職エージェントを目的に合わせて利用することで、より自分に合った求人の紹介を獲得し、適切なアドバイスや様々なサポートを受けることが可能になります。

★おすすめサイト→転職エージェントは複数利用が鉄則!その理由と賢い利用方法を徹底解説

面接官がチェックするポイントは?

これは20代の面接に限ったことではないのですが、面接においては専門的な能力や経験とは別に面接官がチェックするポイントがあります。

特に20代の場合、仕事の基礎のなる以下の部分にまだ弱みを抱えてる場合もあるため、以下の項目でマイナス評価をされないように注意が必要です。

コミュニケーション

円滑に会話ができるかという部分です。コミニュケーションと言われると、仕事でもプライベートでも普段から会話をしているので、そんなことかと思われるかもしれませんが、面接という緊張感のある空間で、きちんと相手の質問に回答しながら同時に自分をアピールするのは、かなりの難易度です。

具体的にチェックするのは以下のようなポイントです。

  • 質問の意図をきちんと理解できているか
  • 質問に対して、結論ファーストで端的に回答できているか
  • 面接官が求めなくても、自分の回答に対して適切な補足説明ができているか
  • 説明の際に、適切な順序で話ができているか

質問に対して的外れな回答を繰り返したり、補足説明で必要ない無駄な説明で時間を消費するような場合には、コミニュケーション能力が低いと判断されてしまい、マイナス評価となります。

また端的な回答を意識するあまりに、自己アピールがきちんと出来ていないと意欲や自分の強みが伝わらずにやはりマイナス評価につながります。

ストレス耐性

仕事においてストレス耐性というのは重要です。近年ではうつなど、そのストレスに耐えることが出来ずに仕事ができない状態となる場合もあります。特に20代のような若い人材の場合には精神的にまだ弱い場合が多い傾向にあります。

企業としては、ストレス耐性が弱い人を採用したいとは思いません。これは退職理由から判断したり、過去の失敗事例などの質問からチェックすることが多いです。

  • 困難な状況でどのような志向や行動をとるのか
  • 職場選びにおいて、人間関係をどの程度重要視するか
  • 精神的に辛いとおもうのはどんな状況か
  • 精神的な辛さを解消するときにどんな行動をとるか

これらの質問ではストレス耐性を確認されていると思ってよいと思います。

将来の目標(ビジョン)

将来というとあまりに拾い質問になってしまいますが、これは人によって3年後であったり、10年後であったりと様々です。ここで自分のビジョンをきちんと説明できることは重要です。

面接官は、その転職者のビジョンは自社で採用することで実現する可能性がるのか、またそのビジョンの実現は会社にとってメリットがあるのか、といった部分を確認するのです。

会社と社員の目指す方向(理想や利害)が一致していることは、社員がモチベーションを高く維持し、高い成果を発揮する上で非常に重要なのです。

人間性

人間性とは、要はきちんと常識を持って、既存の社員達と協力して仕事をしていけるかという部分です。中には、組織の成果よりも自分の評価を優先したり、仕事を勧める上で自分の都合だけを主張したりなど、その人の性格からくる悪影響をチェックするのです。

これは面接で全てを確認できる部分ではないのですが、私が実際に面接で以下のような項目からその人の人間性をチェックしています。

  • 嘘をつかないか
  • 過剰に自分を良く見せようとしていないか
  • 起こった問題に対して、他人や会社の責任にしていないか

まずは嘘をつかないというのは何よりも重要です。面接では、わざと難しい質問をしたり、答えに困るようなことをあえて質問する場合もあるのですが、知ったかぶりをしたり、嘘をついたりすると面接官にはスグにわかります。分からないことは正直に「わかりません」と言えることで評価が上がる場合もあるのです。

また、自己アピールの中で過去の成果を説明する場合があると思うのですが、チームや組織といしての成果と、自分個人が出した成果を冷静に理解できているかは重要になります。

問題に対しての受け止め方も重要なポイントです。これは転職理由を説明する際に、今の会社の悪い部分を並べ立てて自分が被害者であるかのような説明をする人がいますが、これはあまり良い印象は持たないと思います。

仕事においては、問題は必ず起こりますし思い通りにいかないことの方が多いのですが、そんな時に犯人探しをしたり、自分だけを守ろうとする人がいると、それが原因で組織が崩壊していくことがあります。辛く、厳しい状況の時にこそ「今自分には何ができるか」または「この問題を未然に防ぐために自分には何ができたのか」という視点を持てることが重要です。

Sponsored Links