【自分に向いている仕事の見つけ方】見極めポイントと自己理解の方法

向いている仕事とは?

282889b44a95437ff6b2bced90236b6a_s

「自分に向いている仕事に就きたい。合っている仕事をしたい」というのは、誰しもが求めることだと思います。

自分に向いている仕事の方が、ストレス無く働けて、成果も出せるのではないか?それだけで輝けるのではないか?という期待を抱いているのではないかと思います。

私は、過去10年に渡り、今現在も部下のマネジメントを通して、この課題を解決してメンバーにより良い環境を提供する事を考えてきました。

また、同時に自分自身が「向いている仕事」に着くために、4回の転職をして今に至ります。その経験を踏まえて、向いている仕事とは何か?また、向いている仕事をどう見つけ方について自分なりに学んだ事をご紹介します。

まずは、「向いている仕事」をして働く事のメリットをご紹介します。

ストレスが少ない

70b48ef14f776bb04700aa286eaf1f59_s

例えば、学生時代にすっと室内でゲームをしてきたような若者が営業職に配属された場合、かなりのストレスがあるのではないでしょうか。逆に、幼少期から大学までスポーツ漬けだった人に、ずっと机に座らせて、経理事務のような1円単位での細かいお金の管理をさせた場合、やはりストレスを感じることは多いようです。

上記は例えなので一概には言えませんが、ゲームなどデジタルに触れ合ってきた人であれば、エンジニアなどのやはりデジタルな業務を、体を動かして団体競技をやってきた人であれば営業職というように、”それまでの人生の文脈”に沿った仕事をすることで、ストレスは軽減できます。

集中力が続く

c139632ad01f39097bb28628befc5474_s

向いている仕事をしている時と、向いていない仕事をしている時では、集中力の持続が違います。これは、子供が好きなことで遊んでいる時に何時間も夢中になれるのと同じです。

人間が1日で集中できる時間は2時間~3時間などと言われていますが、自分にあった仕事の場合この時間が伸びることは多々あります。

Sponsored Links

個人的な意見になりますが、集中力とは「体力×精神力」で構成されていると思います。若い人の場合は体力には余裕があるのですが、精神力はまだ未熟なことが多く、特に向いていない仕事(つまり嫌なこと)をする場合には、極度に精神力が削られます。

その結果、体力のみでその仕事をすることになり、その限界値の平均が2~3時間なのだと思います。しかし、向いていることをしている時は精神力のすり減りが少なく、体力と精神力の掛け算できるので、集中できる時間は伸びることになるのです。

仕事の覚えが早い

9d9dc0da1305dcba64d9c52e7bcf3f84_s

吸収とは、仕事を覚える速さのことです。この吸収が、早いか遅いかは、その仕事への興味の強さによって、スピードが大きく変わることになります。

学生の頃に得意科目と苦手科目があったと思いますが、正に同じことだと思います。

私の場合、歴史がすきでした。その理由は、教科書を見ていてもノンフィクションの小説を読んでいるのと同じような楽しさがあったのです。過去に本当に起きた事が詳細に説明されており、とてもリアリティがあったので、「行きていく上で必要な知識」として、純粋に興味を持てたのです。

しかし、数学はまるでダメでした。足し算引き算、掛け算割り算さえできれば生きていくのにこまる事は無いのに、複雑な方程式や、記号の定義を覚えることに何の意味があるのか全く理解できなかったのです。

何に興味を持つのかや、その背景は人それぞれです。それらにあまり理屈は無く、好きなものは好きだし、嫌いなものは嫌いなのです。

仕事は当然覚えることが沢山ありますし、一定のレベルまでいくと、その先は答えの無い領域で自ら学んでいかなければなりません。そんな時に、嫌々やっている仕事よりも、興味を持てる仕事からのほうが、遥かに多くを吸収でき、長期的に学ぶことができます。

成果が出る

57a17287cb075ab8e46b8ed89c0f1d51_s

ここまでに説明したように、「ストレスが少なく、集中できて、多くの事を吸収できる」状態になると、必然的に成果がでるよになります。

仕事に対する目的は人それぞれあるとは思いますが、会社という組織で働く以上、求められる成果を出すことは必須です。その責任を全うできているという手応は、仕事を続ける上でとても重要です。

成果が出ないと、自信を失い、迷い、つまらなくなります。正に「この仕事は自分に向いていないのではないか」と考え始めるキッカケにもなり、悪循環となります。

どんな仕事が向いているのか分からない

9f329751a3025da3022cedfe4977c736_s

向いている仕事に就くメリットは分かったとして、多くの人の悩みは「自分にはどんな仕事が向いているのかが分からない」ということだと思います。

20代の場合

3f41e07d19f6aa03614819c3c471726e_s

20代の場合は、自分に向いている仕事を見つけている人の方が少ないと思います。就職活動では、会社を選ぶ際に「自分にはどんな仕事が向いているのか」を考えたと思いますが、実際に体験することなく、明確な答えを見つけることはかなり難しいと思います。

私自信、20代のころはどんな仕事が自分に合っているのか散々悩みました。20代で3回の転職をしているのですが、その度に悩み、実際に仕事を変えてきました。

Sponsored Links

その結果至った答えとしては、まず、「自分に向いている仕事が何なのかが分からない」ということを受け入れることが重要です。分からないことを受け入れれば、無理に答えを出そうせずに、いろんな事を試す期間時期であると割り切る事ができます。

例えば、3つの料理を食べて一番好きな一皿を選ぶのと、10の料理を食べて一番好きな一皿を選ぶのであれば、後者のほうが自分の嗜好にあった料理である可能性は高くなります。仕事も同じです。

向いている仕事が何なのかが分からずに困っている20代は、無理に答えを出そうとせずにとにかく多のことを体験することをおすすめします。そして、「自分に向いている仕事はこれだ!」と胸を張って言える答えを見つけて30代を迎えることができれば、良いキャリアが築けると思います。

30代の場合

a42c34c31fdf5617a3fe500a87bdf0da_s

30代にもなると、20代のときほどはチャレンジングなことはできません。安易に転職を繰り返すと、収入を下げることにもなりますし、家庭を持っている場合などは尚更です。

私自身も現在35歳ですが、自分に向いているベストな仕事は何かを聞かれたら、正直答えに迷ってしまいます。しかし、いままでの経験からベターな仕事を想像することはできます。

どうせ世の中の全ての仕事を経験することは無理なのです。そこで私個人としての結論は、ベストは追い求めず、ベターな仕事を選び、その仕事を極めていくことで、「その仕事に向いている自分を作っていく」ということです。

「好き」と「得意」は別

「好き=得意」という考え方もありますが、マネジメントをしていると、そうではない場合を良く目にします。必ずしも好きなことが得意であるわけではないし、得意だからといって好きだとは限らないのです。

「好き」な仕事が向いているとは限らない

0f4bc1920de79d5a3f6e15e89d8ba1c3_s

「好き」というのは、自分の中で完結する価値観です。しかし、「向いている」というのは、自分以外の誰かの評価や、数値的な優位性が伴う客観的な評価です。

「好き=得意」という考え方もあるのですが、そうではない場合もあります。野球好きの人が全員プロ野球選手になれないですよね。

向いている仕事を探す上で、自分の納得感もとても重要なのですが、同じくらい大切なこととして、他人の意見というのもとても重要です。そして、「向いている仕事」とは、自分にとって「成果が出しやすい仕事」であるということを理解する必要があります。

向いている仕事を探そうとして、好きなことだけを追求したとしても、そこで成果がだせなければその仕事を長く続けることは難しいからです。

向いている仕事を探す方法

では、具体的にどのように向いている仕事を探すのでしょか?見極めるためのポイントをご紹介していきます。

ワークスタイルで選ぶ

cc81fdb44afb5482dd6539e5a668d8ae_s

「ワークスタイル」というと様々な捉え方がありますが、ここでは働く時間や時間帯などの事を言っています。

例えば、フレックスタイム制や、裁量労働制といった比較的自由な働き方があるのに対して、始業そ就業がきちんと管理されている働き方があります。

また、土日が休みの仕事もあれば、平日が休みの仕事や、早朝の仕事、シフト制で早朝から深夜まで、様々な時間帯で働く仕事もあります。

フレックスタイム・裁量労働制の仕事

この働き方は、システムエンジニアやデザイナー、企画職などの職種に見られる働き方です。このような職種の場合、顧客と直接会うことも少なく、社内での連携も少ないため、どちらかと言うと1人で黙々と作業をこなすことが多くなります。

その為、決まった時間に会社にいる必要が少なく、決められた労働時間をこなせば、その時間帯は自由という場合も多いのです。

また、パソコン一台あれば、業務の場所も選ばないため、出社すら自由な場合があります。その代わり、業務についてきちんと連絡をしなければなりませんし、なによりも仕事の納期やその品質を強く問われることになります。

平日休み・シフト制の仕事

販売職、小売、飲食店、観光施設関連など。一般消費者を対象にした個人消費や娯楽などに関わる仕事は、一般の人の仕事終わりや休日が稼ぎ時となるため、土日や夜の時間帯の勤務が多くなります。

また、営業時間が朝から深夜と長時間になる場合は、シフトが組まれ、時間帯も「早朝から昼過ぎ」や「夕方から深夜」など様々です。

入院施設がある病院なども、24時間体制での営業となるため、シフト制での勤務となります。

土日休みの仕事

土日休みの仕事は、直接消費者と接することが少ない仕事に多い働き方です。例えば、IT企業や卸業、輸出入、金融関係の仕事の場合、”自社⇔消費者”ではなく、”自社⇔顧客企業”との取引が多くなります。

このような場合は、土日休みの場合が多くなります。

人との関わり方で選ぶ

bafa40a3649cfd00f84d808266219a96_s

仕事をする上では、顧客やパートナー企業、同僚など、多くの人と関わりながら仕事をすることになりますが、その関わり方は様々で、人によって向き不向きがあります。

例えば、そもそも人とあまり関わらずに、黙々と働きたい人もいれば、多くの人と関わり、コミニュケーションをとりながら働きたい人もいます。

また、顧客と直接接する仕事(例えば、販売や営業職)もあれば、そうでない仕事(研究職や、企画開発職)もあります。

それ自体がストレスになる場合もあれば、やりがいに繋がる場合もあるので、人とどのように関わるのが自分に向いているのかは、仕事の向き不向きを判断する上で重要になります。

業界で選ぶ

07c47fd8d6cc0a893a5082c477c785e8_s

業界選びは、自分の興味が一番反映し易い部分だと思います。ファッション、食、金融、IT、建築・不動産、エンターテイメント、流通など、様々な業界があります。

これは、冒頭でも説明しましたが、自分の興味がある業界を選ぶことで、情報の吸収が早く、専門的な能力を身に着けやすい傾向があります。

サービス・商品で選ぶ

0cf8062f8f804f0a14817dda8677ff1c_s

例えば、食べるのが好き、アニメが好き、スポーツが好き、困っている人の役に立ちたい、テクノロジーが好きなど、普段自分が利用したり、趣味にしていることがあれば、そこで利用しているサービスや商品に携わる仕事を選ぶこともおすすめです。

実際に自分が利用者だったり、その商品の魅力を理解しているというのは、ユーザー視点を持っているため、利用者の立場に立つことができます。どんな仕事でも、お金を払ってくれる顧客の立場を理解できるというのは、強みになります。

企業規模(企業ステージ)で選ぶ

e3d88bd1adf100284bd28c064b80c534_s

企業規模は様々です。社員数が数万人の大企業もあれば、半年前に立ち上げたばかりの数人の会社もあります。そして、それぞれに特徴があります。

大企業の場合

俗に言う「大手企業」と言われる会社では、業務が細かく分解されており、狭い業務範囲でその仕事を深く追求していきたい人には向いていると思います。また、各種制度やルールが整っているため、安定志向の人には向いていると思います。

しかし、社員一人ひとりの影響度は低く、融通がきかない、スピードが遅い、派閥争いや社内政治などが面倒くさいといったデメリットもあります。

ベンチャー企業・スタートアップの場合

規模の小さい会社の場合は、社員の数が少ない分、いろんな業務を幅広く出来なければなりません。また、ルールや制度などの社内体制も整っていないため、その都度「どうするべきなのか」を自分で判断して行動しなければなりません。

ただ、それらも見方を変えれば、会社の課題に対しての提案機会や、若くして責任ある仕事がまかされるチャンスが多いということです。

また、小規模だからこそ社内の一体感がありますし、会社の成長を肌で感じる達成感があります。現在「大手」と言われる企業も、最初は小さい企業だったわけですから、正に「会社を創っていく」とういう醍醐味を味わえるのです。

どちらが自分に向いているのかは、好みの問題もありますが、自分が今どんなビジネスステージに立っているのかや、どんなキャリアを築きたいのかによっても異なります。

企業文化・企業体質で選ぶ

607f34f304b7f0131178b373f8aeb6d4_s

企業文化とは、「社内の雰囲気」や「そこで働く社員の傾向」などを見るとよくわかります。また、体質というのは、社長の意見が絶大な権力を持つ「トップダウン」と言われる会社や、逆に社員が役職関係なく思った事を発言し、会社にも意見を言う「ボトムアップ」の会社もあります。

ここで、以下に企業文化の例を上げます。(※ネーミングは私のオリジナルですが、なんとなく雰囲気は分かってもらえると思います。)

  • 熱血体育会系
  • ロジカル、インテリ系
  • 感性・アート系
  • 個性重視系
  • 若さが武器のサークル系
  • 自分は自分、他人は他人のサバサバ系

どの企業文化も一長一短ありますが、自分がどのような雰囲気が働きやすいかを考えることで、社風の向き不向きを判断できると思います。

そして、これらの情報は、実際に働いた人でないと分からない部分も多いのですが、現在では「企業口コミサイト」が幾つかありますので、それらのサービスを使うことで情報を得ることができます。

参考サイト:【転職会議】企業の評判から求人までわかる転職クチコミサイト

参考サイト:Vorkers 「社員による会社評価」 就職・転職クチコミ

向いてる仕事を見つけるカギは過去の人生にあり

cc81fdb44afb5482dd6539e5a668d8ae_s

どんな仕事が向いているのか、または向いていないのかを判断するには、職種や会社の情報をインプットして判断するのですが、忘れてはならないのは、自己理解です。

「自分のことは自分がよく知っている」つもりになっていても、改めて問われると「自分はどうしたいんだっけ??」とわからなくなってしまう事も多いと思います。

そこで、向いている仕事を探す時には、まず一度立ち止まり、改めて自分自身を理解スルことも大切です。ではその方法をご紹介します。

子供時代の「好き」は100%本音

6f4c5819fa71e096299b7212ed371ce8_s

あなたは、「純粋に好きな事は何ですか?どんな事に楽しさを感じますか?」という質問をされた時に即答できるでしょうか?

大人になればなるほど、シンプルな質問に答えられなくなるものです。それは、日々無意識に自分の感情を抑えたり、相手に合わせたりを繰り返すことで、自分の本音が自分自身でもわからなくなるのです。

しかし、「自分にどんな仕事が向いているのか」の答えを出す上で、「何が好きか?」という本音の回答はとても重要になります。

もしその答えに迷う場合におすすめの方法として、自分が子供の頃(物心ついた頃から小学生くらいまで)にどんなことに夢中になったかを考えると、以外に参考になります。

子供の頃の「好き」に嘘偽りはありません。また、子供が大人になっても本質は変わらないことが多いので、日頃のしがらみの中で自分の本音がわからなくなってしまった場合は、子供のころの事を思い出したり、親に自分がどんな子供だったかを聞いてみると、自分の本音が見えてくることもあります。

学生時代の「得意」は社会に出たら「強み」

5e50864750fcbb9566216176aac79d0b_s

一時は「ゆとり教育」という非競争を理想としする時代もありましたが、今も昔も学生時代には様々な競争があると思います。

テストの点数、部活でのレギュラー争いや勝ち負け、サークルでの役割、友達の多さなど、学生生活を構成するいろんな要素があり、誰にでも一つや2つの「得意なこと」はあったと思います。

社会に出ると、「学生と社会人は別」という考え方で、自分の「得意」に蓋をしてしまう人もいるのですが、学生の世界も、社会人の世界も、同じく人と競い合っている以上は、学生時代の「得意」に磨きをかけることで、ビジネス世界でも十分「強み」として通用することは多いのです。

自分に向いている仕事が、自分の強みを生かせる仕事だとするのであれば、一度蓋をしてしまった得意な事に着目して、それを生かせる環境を探してみるのもおすすめです。

普段の生活を人と比べると、個性が分かる

e99eacb026f2ff3beebe916faf737bdb_s

向き不向きを考える上で、「自分の個性」は非常に重要です。しかし、「自分の個性は何か?」と考えても、答えに迷う場合があります。

そんな時は、普段の生活の中で、「他人と自分がどう違うか」を比べると答えがみつかる場合があります。

例えば、人と比べて

几帳面、気遣い、よく喋る、マイペース、世話好き、流行りに敏感、人付き合いがいい、物事にハマりやすい、ゲームが好き、体力がある、などなんでもいいので、他人との比較をします。

注意点は、その人との違いに対して「良い・悪い」という判断をせずに、ありのまま「違い」をあげます。一つや二つではなく、見つけられるえだけ見つけます。それらを並べながら、眺めてみると、ぼんやりと自分の個性がみえてきます。

このようにして、自分の個性を理解することで、「個性を活かす仕事=自分に向いている仕事」が見えてくる可能性があります。

まとめ

cd11ebbe57104ae7ee3cc14e5cc2c7ba_s

自分に向いている仕事を探す時に、多くの人が「仕事の情報」を集めがちなのです。しかし、その前に「自分の事を明確にする」ことが重要です。

例えば、自分自身の事を”鍵穴”だとした時に、向いている仕事は”鍵”になります。どんなに多くの鍵を集めてみても、肝心の鍵穴がなければ、どの鍵が正解なのかを判断することはできません。

何が正解なのか(向いているのか)は、自分の中にしか答えが無いので、まずはきちんと鍵穴を用意した上で鍵を集めて、どれが合うのかを確かめることで、答えが見つかるのだと思います。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする